瓔珞 あらすじ。 中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~」第61

『瓔珞』まとめ(第一話~第七話)

日が暮れた頃、明玉がやってきて瓔珞は 寿康 じゅこう宮で皇太后と歓談中だという。 嘉嬪 かひんは「ひさしの作るための作業の声がうるさく昼寝の邪魔をされた」と、瓔珞に跪いて詫びるように言う。 父に言われた言葉を胸に、何事にも誠実に取り組むも、ある事件をきっかけに抑えていた人に対する妬み、恨みが爆発してしまい、悲劇の皇后となってしまう。 」 瓔珞は唇に手を当て「先に口に出したら、負けなのです。 嫉妬の苦しさに涙を流す傅恒を青蓮は見守っていた。 琥珀の態度は不遜で、宮は雑草がそこら中に生え東殿は廃屋も同然、届く食事は冷たく、手当は催促しなければもらえない。

>

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~」第61

乾隆帝が泰山に旅行したときには令皇貴妃も同行しています。 現段階では 富察皇后>>>高貴妃>嫻妃・純妃>怡嬪・嘉嬪>愉貴人・舒貴人>慶常在 宮・儲秀宮 宮は皇后、儲秀宮は高貴妃が住む宮殿。 そこでは乾隆帝とも顔を合わせるが、瓔珞の方には見向きもしない。 魏瓔珞と魏瓔寧の父。 キャストも総まとめ! Dramas Note. しかし、なぜかそんな瓔珞が気になって仕方のない乾隆帝。

>

金枝玉葉 ~新たな王妃となりし者~(瓔珞<エイラク>番外編の感想

栄華を得るため傅恆を欺いていたのだと。 瓔珞は「今日は君に会いに来た。 いつまでも待つ。 嫻妃は皇后代理となって後宮を取り仕切る。 しかしそれをなし崩しにしたのが袁春望でした。

>

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~」第61

す り替えられた虫は、 埋葬虫 しでんむしと言い、それは死体を喰らい血や肉を見ると猛毒を発する。 瓔珞が毎日運ぶ食事に張総事が薬を入れ、意識が遠のいた袁を襲ったため、瓔珞が助ける。 」と忠告する。 瓔珞は疥癬にかかった乾隆帝の体に盧薈の汁を塗って肌の乾燥を防ぐ。 第二話『膏の秘密』 瓔珞から瓔寧のことを尋ねられた張女官は、話をはぐらかすために繍坊の外へ連れ出した。 — きえ KieOneday 爾晴は、展開が進むにつれ悪党ぶりが披露されていきましたね。

>

🔥瓔珞(エイラク)|61話・62話・63話あらすじ・ネタバレ感想|

小全子は一つだけ盗んだ 簪 かんざしを渡し、蘭児から報酬をもらった。 実は爾晴、息子を火事で亡くした富察皇后を見舞った時に、乾隆帝と寝て子供が出来たという話をしていたのです。 観ていく中ちょっと新キャスト数人のルックスレベルが本編のレベルよりは低いかな??と思ってしまいました。 瓔珞は連行され、珍珠も連れて行かれる。 だが今だに、令嬪と傅恒は深い関係にある」瓔珞はそれを聞き、散歩をしながら今後の対処を明玉と話す。

>

瓔珞(エイラク)キャスト相関図を徹底解説!これを見れば主要キャストが分かる!

1757年(乾隆22年)。 どうして富察皇后の義妹爾晴を寵愛したのかと責め、大晦日の夜に幼い子を失った上恥辱まで受けた皇后を憐れむ。 解毒薬はない。 純貴妃は愉妃と碁を打ちながら、瓔珞の話をしている。 後ろを向いた 舒嬪 じょひんのことを瓔珞だと思った乾隆帝は「風邪は治ったか」と声をかける。

>