クラウン suv。 セダンのSUV化がクラウン報道で過熱 「スカイライン」や「アコード」もSUV化するのか

トヨタ検討…クラウンセダン終了へ70年の歴史に幕 SUVやミニバンの人気拡大で/芸能/デイリースポーツ online

今回、クラウンの報道がどの程度の信憑性があるかは定かではありませんが、ほぼ日本専用モデルといえるクラウンは、日本市場の動向を見ても、いつかはグローバル化する方向に舵を切るしかなかったように思えます。 トヨタの象徴車種クラウンがセダンの生産終了を検討しているようです。 「ミニバン」という2017年の提案 「SUVに似た=SUVではない」という意味で考えられるのがミニバンの可能性だ。 ちなみに報道では「スポーツタイプ多目的車(SUV)に似た車形の新型車」だという。 売れ筋を狙うのであれば、当然、SUV路線が最初に検討されることだろう。

>

トヨタ検討…クラウンセダン終了へ70年の歴史に幕 SUVやミニバンの人気拡大で/芸能/デイリースポーツ online

2022年頃に投入し、まず国内で販売を始め、その後に世界で販売していく計画とみられる。 2代目をいまも所有して普段乗りする根強いユーザーも見かけますし、現行海外ハイランダーも「日本で発売は?」と期待されるほど人気です。 そのジュークを日本に導入するかどうかについて検討はしておりましたが、ジュークはデザインは優れているものの、後席や荷室の狭さが日本のユーザーには適していないのではないかと考えました。 クラウンはトヨタの看板車種だが、ここ数年はセダンの人気が低迷。 2018年11月にはトヨタ店やカローラ店など4系列あったトヨタブランドの販売会社が全ての車種を扱う「全店全車種販売」を決定、本年5月に実施に踏み切りました。

>

SUVの「クラウン」はアリなのか? 絶滅危惧車の運命について考える

しかし、これは別の見方をすれば「何が何でもクラウンを存続させる」という意思のもと、「セダンがダメであれば、車形を変えることを検討する」という話でもある。 クラウンは基本的に国内向けの製品だから、今後は成立すること自体、困難になりそうだ。 アウディ「Q3 スポーツバック」のエクステリア 情報によると、国内の高速道路で米国仕様の「ハイランダー」を仮ナンバーでテストしている様子が目撃されているそうなので、新型SUVに関連する評価がすでに始まっているのかもしれません。 ランドクルーザーは、オフロードの王者とも呼ばれ、フレーム構造の強靭なボディ骨格を持つ。 FRレイアウトは廃止? トヨタはSUV人気を重視しつつ、クラウンのブランドイメージは維持するとのこと。 平成に入ってから現在まで、クラウンの販売は何度かの挽回はあったものの基本的に右肩下がり。 そのもっとも インパクトのある動きがこのクラウンの方向転換に現れているといえるでしょう。

>

クラウン後継SUV新型モデル情報2022年春に期待|象徴車種も統合の部類として100年に一度の大変革実施

クラウンの販売台数は?売れてる?売れてない? クラウン販売終了と噂される大きな理由に 「売れ行きが悪いから」が挙げられています。 ここでポイントとなるのは車体構造だ。 クラウンには「日本車のセダン」という重要なブランドがあるわけで、SUV化することによって、この重要なブランドを失う可能性があるわけです。 セダンは販売が低調で、クラウンの売れ行きも下がった。 電動化・自動化・コネクティッド・シェアリングなどの技術革新にともない、生き残りをかけて自動車をつくる会社から、モビリティ全般で社会に影響を与えていくと宣言しました。

>

「クラウンSUV」は成功しない!? 需要低迷も高級セダンに求められる使命とは

しかし、セダンのクラウン好きとしては、セダンプラス含め「クラウンのSUV化」は短期的な利益にしか貢献しなさそうだなと思ってます。 クラウンが生産終了になる理由としては、 トヨタが開発車種の絞り込みを進めていることが挙げられます。 あくまでも、ミニバンをプレミアムに仕立てるというアイデアに注目したい。 覆面パトカーの見分け方についてはで解説しています。 ハイランダーは日本ではクルーガーとして2000年から2007年まで生産され、終了後海外専用モデルになっています。 平成に入ってから現在まで、クラウンの販売は何度かの挽回はあったものの基本的に右肩下がり。 そうなると2列シートの車種でも、天井が高く、スライドドアを備えた軽自動車やコンパクトカーが馴染みやすいでしょう。

>

【クラウン・セダン終焉】SUVになったなら、どんなクルマに? ハリアーやアルファード/レクサス各車との関係は(AUTOCAR JAPAN)

売れ筋を推していく戦略が過ぎると、 ユーザーの多様なニーズに応えることができなくなるので、トヨタとしても迷いどころでしょう。 6万台、本年は10月までで2万台弱の販売に留まっており、何らかの対応が必要な状況となっています。 しかし、ここ数年はSUVやミニバンなど車内空間が広い車種の人気が高まり、セダン型であるクラウンの販売は低迷。 ただ、スカイアクティブディーゼルエンジン搭載の可能性はあるでしょう。 今後、クラウンはプラットフォームにハイランダーと同じものを採用してSUVモデルとなります。 クラウンは国内向けに販売されており、トヨタを代表する車が世界展開することになる。 その大半を占めているのが、北米市場(25万8999台)と中国市場(21万7899台)です。

>

さらばトヨタクラウン!?現行型で生産終了&クラウンSUVが2022年に登場か

その理由として、開発責任者の宮原哲也氏は「各地域のほかのモデル導入を含めたうえでのタイミング」と語ります。 2018年6月に発売された15代目では、60代以上が中心だった購入層の引き下げを目的に外観などを大幅に刷新したことで、当初は5万台を売り上げましたが、昨年の販売台数は3. クラウンの現行モデル クラウンは、トヨタ初の本格的な量産乗用車として1955年に発売。 近年クラウン以外のパトカーも増えましたが、ライバル不在状態で引き続きクラウンが覆面パトカーに採用される可能性はあるでしょう。 しかし、軽自動車も含めればさらに順位は下がってしまうでしょうから、「売れている車」とは言い難いでしょう。 国内専売モデルとして1955年1月に発売され、「いつかはクラウン」のキャッチコピーで長年に渡って憧れの存在だった同車が車種整理の対象になるのは大変驚きですが、世界の主流がSUVに移行するなか、国内市場のみでセダンの販売を継続することが難しくなっている以上、止むを得ない判断だったのかもしれません。 実際に、この夏にはコンパクトカーである「ヤリス」のSUV版である新型「ヤリス・クロス」が発売され、販売は絶好調である。

>

「クラウンSUV」は成功しない!? 需要低迷も高級セダンに求められる使命とは

またクラウンは高級車の代表であり、優れた走行安定性と乗り心地が不可欠だ。 セダン以外のボディタイプでは、クラウンの車名とイメージが合わないでしょう。 そのため、マツダの魂動デザインを導入するような変化はないでしょう。 「中高年齢層のお客さまの間では、いまでもセダンの人気が根強いです。 また、2020年2月にはコンパクトカー『フィット』で異なる5つのタイプを設定しましたが、その際に『クロスター』というSUVテイストを盛り込みつつ、車高をほかのタイプより挙げているものを展開しています。 このような事情によって、クラウンをクロスオーバー車に変更するわけです。 は現在アメリカで販売されているSUV「ハイランダー」と同じものを使用し、現行クラウンよりも車高は高めに設計されると報じられています。

>