新 鍋 理沙 引退。 バレー女子・ロンドン五輪銅の新鍋理沙が現役引退 久光製薬が発表、29日に会見― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

【バレー】新鍋理沙引退記者会見(全文)「これからはバレーボールの素晴らしさを伝えていきたい」(バレーボールマガジン)

潔く第一線から身を引く決断をいたしました。 テニス [12月7日 12:30]• 世界選手権では新鍋理沙選手の 攻守にわたる活躍に期待しましょう。 えーーー!新鍋理沙が引退?!まだ全然トップレベルなのに。 (久光製薬スプリングスの公式サイトより) この度、現役選手としての活動を引退することを決めました。 もう少し強いチームでバレーをしたいという思いもあったものの、小学校高学年で移ったチームは、以前とは比較にならないほど厳しい練習だったそうです。 そのすべての皆様に心より感謝申し上げます。 小学校1年生から始めたバレーボールは、 私にとって生活の全てでした。

>

【女子バレー】新鍋理沙の出身高校はどこ?転校した理由は?

だから、たとえ、本当に不仲問題があったとしても、 それは、言葉では表せないほど複雑なものが きっとあったはずだ。 入社した頃は、まさか自分が(Vリーグで)試合に出られる日がくるとは全然思っていなくて、3年ぐらい頑張って、試合に出られなかったらもうやめようかなって思っていたんです。 応援してくださり本当にありがとうございました。 怪我に関しては、明確な情報が発表されてはおりませんが、以前に股関節を負傷しているので、何かしらあったのかもしれません。 2019年• 世界中でも新型コロナウィルス感染拡大の影響で東京オリンピックが延期になりました、そのことが一番大きかったようです。

>

新鍋理沙が結婚した相手は高校からの彼氏?文春が原因で代表辞退ってマジ?

バレーボールを始めたのは新鍋選手が最初に通った 牧之原小学校1年生の頃。 小学校2年生のときの文集には「バレーボールでオリンピックに出たい」と書いていたとのこと。 MVP• 陸上 [12月7日 8:00]• 新鍋理沙さんも年齢が29歳ということですから、バレーボールのピークの近い年齢にいました。 久光製薬スプリングスに入団して11年間、 苦しいときも楽しいときもありましたが、大好きなバレーボールを続けることができました。 新鍋選手の今後の活躍に期待し、長い間第一線で活躍してくれたことに対してお疲れさまと言いたいです。 具体的な理由については、近いうちに本人からは再度コメントがあるかもしれませんね。 しかし去年のリオオリンピックは代表を辞退しているんですね。

>

【バレー】新鍋理沙引退記者会見(全文)「これからはバレーボールの素晴らしさを伝えていきたい」(バレーボールマガジン)

新鍋:オリンピックという大会が、すごく大きいものだということはもちろんわかっていたんですけど、そういうことを考えると、絶対、私ダメだなと思ったので、なるべく「オリンピックだー」と思わないようにしよう、余計なことを考えないようにしようとは思っていました。 小学校1年生から始めたバレーボールは、 私にとって生活の全てでした。 そのバレーボールの現役を引退することに、まだ実感が湧きません。 現役引退については、本人もまだ実感が湧かないとのこと。 学生時代にバレーボールを指導していただいた恩師、 いつも練習に付き合ってくれたチームスタッフ、ボールを繋いでくれた仲間、 何より全国の会場で声援を送っていただいたファンの皆様、 本当に沢山の方々のご指導とご声援に支えられバレーボールを続けてくることが出来ました。 2015年9月21日時点の [ ]よりアーカイブ。

>

バレー・新鍋理沙が引退!笑顔のかわいい日本代表の中心選手

私は久光を3年ぐらいでやめようと思っていたので(笑)。 新鍋は2012年ロンドン五輪に22歳で出場し、28年ぶりとなった日本の銅メダル獲得に貢献した。 」の言葉には 色々な葛藤が隠れているように思われます。 このツラい時期をどのように 乗り越えたのかについては、もう少しあとで お伝えするとして その前に、新鍋理沙選手の性格について、 お伝えしておいたほうがわかりやすいと思いますので 次は新鍋選手の性格について・・・。 そして、医療関係、行政機関等で従事されている方々には、そのお仕事に深く感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。

>

新鍋理沙(バレー)引退会見で語られた引退理由は、引退後は?

1年延期となったことに「絶望。 水泳 [12月9日 10:00]• 新鍋選手は2006年高校1年生の時にレギュラーで試合に出場し、インターハイで優勝。 しかし、新型コロナウィルスの影響で東京オリンピックが2021年に延期となり、関係者によれば、 モチベーションの維持が難しくなったとも言われていました。 大きな声を出すことも得意ではないんですが、声を掛け合うことで解決できることはたくさんあるので、 自分の思っていることを積極的に伝えるよう意識しています」 と語っています。 鹿児島県霧島市出身の新鍋は、宮崎・延岡学園高卒業後、久光製薬に加入。

>