影 牢 ダーク サイド プリンセス。 『影牢 ~ダークサイド プリンセス~』の販売価格&豪華版『プレミアムBOX』の発売が決定! 初回特典は黄金のデルタホース

『影牢 ~ダークサイド プリンセス~』悪の限りを尽くして人々を“罠”にハメる伝説のアクションゲームが再臨

・そのため別の系統でも、ARK倍率の高いトラップならコンボの前半、中盤に組み込みましょう。 当たれば必ず状態異常になり、こちらの動きが著しく制限される。 「人間は愚かで冷酷な生き物であること」 「その人間から百個の魂を奪えば刻人になれること」 「人間を倒すため、城のトラップを使いこなすこと」 世界の調和を守るために刻人たちが人間たちの数を減らす「人間狩り」の時期がやってきた。 敵キャラが個性的。 ヴェルギリエとは何らかの関係がある。 概要 1996年発売の『刻命館』から始まり、その続編『 以下影牢 』のシステムを受け継ぐ、影牢(刻命館)シリーズの最新作。

>

「影牢 ~もう1人のプリンセス~」セクシーなトラップ発動!

そのうち第二作目の正式名称「」の通り、の続編であるが、色々と荒削りな点のあった前作からはるかに洗練されたゲームとなった。 当然、最後のスカジーニ遺跡をプレイ出来るのは2チャプターのみとなる。 また、痛々しい表現が強いので、かなり人を選ぶ作りです。 主人公が影牢伝統の罠を駆使して戦い、相手に直接傷を負わせる攻撃手段は一切持っていないのも伝統である。 物腰は柔らかであるが、暗殺技術は一流の腕。 違う時系列の存在として出演する。 もちろん敵へのトドメでHP0にするのはOKです。

>

影牢~ダークサイドプリンセス~

次元の狭間から聖者の末裔と、自身の封印を解くカギである聖言を探し続けた魔神はついに行方を突き止めた。 、ではは事情により仕方なく戦っていたが、本作はのとしてなくを殺しにかかる初心に帰った設定である。 クロスセーブ機能を使えばデータ引き継ぎ可能。 割と普通に見えるキャラもいるにはいるが、仕えている相手(こちらも末裔)がやはりクズというパターンだったりする。 ビクトル・ロゴス 声: 強者と戦うことを望む武神。

>

影牢 〜ダークサイド プリンセス〜

影牢~刻命館真章~ 人間と人間に良く似た「 刻人 トキビト)」と呼ばれる種族が存在する世界。 1コンボのトラップで、2体以上の敵に当てても発動しますし、多段ヒットするトラップでも達成できます。 甲冑キャラの場合、弱点属性やアーマーブレイク後の姿も確認できる。 概要 発売日 2014年2月27日 発売元 コーエーテクモゲームス 開発元 コーエーテクモゲームス ハード プレイステーション3、PS VITA ジャンル トラップ悪ション CERO D(17才以上対象) 公式サイト 画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの ゲーム内容 主人公は、封印された魔神の娘・レグリナ。 一応、 マルチエンディング ではあるが、その差も大したもんじゃない。 また、戦いの最中なのに装備をじっくり整えられるという事で難易度が低下した様に感じられる。 EDロール• トラップを使用する事でトラップの系統に応じた系統値が蓄積され、各系統の系統地が一定以上溜まると、その系統に属する新たなトラップが解放される。

>

『影牢 ~もう1人のプリンセス~』に過去作のヒロインたちが登場! 復刻トラップも紹介

悲鳴が聞けそうな局面ではハイテンションだが、 そうでないときはけだるげで鷹揚。 ヨカルが教え、話してくれたことが彼女にとっての全てであり、時折ヨカルが訪れる城の中が、彼女の世界であった。 分岐が発生しても、分岐以外のストーリーは変わらずに淡々と進行する事が殆どである。 前方にいる敵に向かって目からレーザーを放出する。 クリアに必須の条件ではないが、縛りプレイや系統値稼ぎには有効。 が、『DP』ではそれが無い。 そして本作のヒロインであるレグリナの髪の色は白である。

>

『影牢 ~ダークサイド プリンセス~』の販売価格&豪華版『プレミアムBOX』の発売が決定! 初回特典は黄金のデルタホース

中でも『オートディフェンス』は、使用制限無し、チャージ時間1秒、敵の攻撃が当たりそうになると自動的にローリングで回避という、実質的なEASYモードが存在するので、初心者からでもプレイしやすい。 プロフィールや体力などのステータス以外にも、耐性トラップと無効トラップもちゃんと表示されるのは非常にありがたい。 有効なコンボを見つけたらパターン化しがち 有効なコンボを見つけたら、そればかり使って敵を倒してしまいます。 カエリア 声: 華麗の精神から生み出されたメディウム。 トラップを操る力を伝授されるが、そのため人を殺さなければならない呪いにかけられることになる。 また、コスチューム自体の出来は良いのだが、前作とは違い髪型・髪色はコスチュームに合わせて変化しない。

>