ランダ。 シスプラチン(ランダ)の効果と副作用について

ランダバウト テーブル (LANDABOUT Table)

本剤単剤では、G法を選択する。 聴力低下・難聴 1. ランダの語義 [ ] ランダは、本来は「」を意味する。 ともに聴覚障害を有する。 より多くの方々に読んでいただけるように、協会ホームページ上で公開する形をとりました。 これを1クールとし、投与を繰り返す。 横紋筋融解症 0. 重篤な腎障害のある患者[腎障害を増悪させることがあり、また、腎からの排泄が遅れ、重篤な副作用が発現することがある]。

>

医療用医薬品 : ランダ (ランダ注10mg/20mL 他)

本剤投与前、腎毒性を軽減するために、1000~2000mLの適当な輸液を4時間以上かけて投与する。 服用(使用)している医療用医薬品について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。 たとえ倒されても必ず生まれ変わり、バロンと終わりの無い戦いを続けるとされている。 なお、前記の処置よりも少量かつ短時間の補液法 ショートハイドレーション法 については、最新の「がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン」等を参考にし、ショートハイドレーション法が適用可能と考えられる患者にのみ実施する。 脳梗塞 0. 澤田益臣他, 癌と化学療法, 9, 55, 1982. 本剤は、細胞毒性を有するため、調製時には手袋を着用することが望ましい。 アレンジ [ ]• 腫瘍別 奏効率 * 睾丸腫瘍 68. 急性腎不全等の腎障害、骨髄抑制等の重篤な副作用が起こることがあるので、頻回に臨床検査 腎機能検査、血液検査、肝機能検査等 を行うなど、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には減量、休薬、中止等の適切な処置を行う。

>

医療用医薬品 : ランダ (ランダ注10mg/20mL 他)

なお、H法の投与量は症状により適宜減量する。 小児悪性固形腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法においては、関連文献 「抗がん剤報告書:シスプラチン 小児悪性固形腫瘍 」等 及び併用薬剤の添付文書を熟読する。 骨肉腫には、G法を選択する。 本書が放射線の影響について、みなさまの理解をさらに深めていただくことにお役に立てれば幸いです。 次の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法の場合:• 高橋克俊他, 癌と化学療法, 9, 624, 1982. これを1クールとし、投与を繰り返す。

>

ランダ (魔女)

胚細胞腫瘍に対する確立された標準的な他の抗悪性腫瘍剤との併用療法 BEP療法 ブレオマイシン塩酸塩、エトポシド、シスプラチン併用療法 においては、併用薬剤の添付文書を熟読する。 高血糖 0. 重大な副作用• 胚細胞腫瘍には、確立された標準的な他の抗悪性腫瘍剤との併用療法として、F法を選択する。 胚細胞腫瘍に対する確立された標準的な他の抗悪性腫瘍剤との併用療法(BEP療法(ブレオマイシン塩酸塩、エトポシド、シスプラチン併用療法))においては、併用薬剤の添付文書を熟読すること。 相互作用 併用注意:• これを1コースとし、4週毎に繰り返す。 神経芽細胞腫、胃癌、小細胞肺癌には、E法を選択する。 睾丸腫瘍、膀胱癌、腎盂・尿管腫瘍、前立腺癌には、A法を標準的用法・用量とし、患者の状態によりC法を選択する。

>

医療関係者のご確認/日本化薬医療関係者向け情報サイト メディカルinfoナビ

長谷川嘉成他, 癌と化学療法, 7, 621, 1980. 加藤俊他, 癌と化学療法, 9, 694, 1982. 静脈内投与に際し、薬液が血管外に漏れると、注射部位に硬結・壊死等を起こすことがあるので、薬液が血管外に漏れないように慎重に投与する。 劇症肝炎 0. その他、血尿、尿蛋白、乏尿、無尿が現れることがある。 医療関係者のご確認/日本化薬医療関係者向け情報サイト メディカルinfoナビ このウェブサイトは 医療関係者の方を対象としています。 日本腎臓学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、日本腎臓病薬物療法学会:がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン. これを1クールとし、投与を繰り返す。 パクリタキセル:• 頭蓋内放射線照射 聴器障害が増強することがあるので、併用療法を行う場合は慎重に投与すること。 これに伴い、2021年1月振替分より通帳印字が下記の通り変更となります。 注2)このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

>

医療用医薬品 : ランダ (ランダ注10mg/20mL 他)

なお、I法の投与量は患者の状態により適宜減量する。 本剤を点滴静注する際、クロルイオン濃度が低い輸液を用いる場合には、活性が低下するので必ず生理食塩液と混和する。 。 ランダとバロン [ ] ランダはバリ・ヒンドゥーの悪の側面を象徴しており、反対に善を象徴する神獣と対を成す。 溶血性尿毒症症候群 0. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。

>

シスプラチン(ランダ)の効果と副作用について

小児に投与する場合には、副作用の発現に特に注意し、慎重に投与すること。 機序は不明であるが、動物試験(マウス)で本剤による放射線感受性増加が認められている。 概要 総症例8,787例 承認時1,339例、市販後調査7,448例 における副作用及び臨床検査値異常の発現率は85. フェニトイン[フェニトインの血漿中濃度が低下したとの報告があるので、併用療法を行う場合は慎重に投与する 機序は不明 ]。 これを1クールとし、投与を繰り返す。 本剤と他の抗悪性腫瘍剤との併用により、急性白血病 前白血病相を伴う場合もある 、骨髄異形成症候群 MDS が発生したとの報告がある。 静脈血栓塞栓症 頻度不明 :肺塞栓症、深部静脈血栓症等の静脈血栓塞栓症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

>

長瀬ランダウア株式会社

ヒンドゥーのと呼ばれる慣習では、夫に先立たれた妻は、夫に従って死ぬのが理想とされる。 頭蓋内放射線照射[聴器障害が増強することがあるので、併用療法を行う場合は慎重に投与する 機序は不明 ]。 舌を出し、浮き上がったあばら骨に萎びて垂れた乳房を持つ老婆である。 悪性胸膜中皮腫には、ペメトレキセドとの併用療法として、H法を選択する。 また、血球貪食症候群、好酸球増多、心嚢液貯留、ファンコニー症候群、小脳出血、脳浮腫、てんかん、骨肉腫、非ホジキンリンパ腫、無月経、呼吸窮迫症候群等が発現したとの報告があるので、発現に十分注意し、慎重に投与すること。 なお、A~G法の投与量は疾患、症状により適宜増減する。 パクリタキセル 併用により末梢神経障害が増強するおそれがある。

>