バクラト スイマー。 10年選手バクラトスイマー

Go for It!でしょ:バクラトスイマーってどうよ!?

初めてプロトタイプが実戦投入されて以来、僅か半年の間に数百尾を超える50cmアップのバスを、国内外を問わず、そしてシーズンを問わず、驚異的確率で仕留め続けてきました。 奥の手の一つ、バクラトスイマーをチョイス。 P) オフセットアイは水中で水平姿勢を キープしやくす、スイミングでより多くのバイトを誘います またレンジキープ力にも優れています。 REAL COLOR(リアルカラー) 特殊な光沢を持つ塗料でリアルなベイトフィッシュカラーを再現。 また、琵琶湖などの広大なウィードフラットでも非常に有効です。

>

Go for It!でしょ:バクラトスイマーの使い方!?

ビッグレイクから野池までくまなくカバーするシリーズだ。 今回のフィールドは古くからチャプターも開催されている四国の 老舗リザーバー。 またしても 「ハドル神話」降臨、バクラトスイマーやジャバロンも均等に試してみたが、そのエリアでは 圧倒的にハドルストン系がぶっちぎりに強く、正直悲しいくらいに差がついてしまった。 そんなこんなで明日から三週間ほど浜松を離れます。 サイズが絶妙 小さいバクスイできました バクラトスイマー100 ストレートアイ Size:10. またディープではロッドストロークによるゆっくりとしたジャーク、ボトムのズル引き、リフト&フォールも非常に効果的です。 で、使い方と言う所では、 イマカツHPとかでも書いてありますが、 スピナベのスローロールやジグの様に使えるのが バクスイの良い所らしいです。 また、流れの中では自然に頭を上流に向けて立つ為、まるでコケを食んでいるアユのように見せる事が出来ます。

>

Go for It!でしょ:バクラトスイマーの使い方!?

ちなみに、僕はまだ2本しか釣ってないですが、 ただ巻きでも、ズル引きでもバイトがあったのは いづれもボトムに絡んだパターンでした。 同時にバイブレーションのように水をかくので、気持ちいい巻き心地が得られます。 今度はハドルストンが手も足も出ない中、前半の結果すらひっくり返す、バクラトスイマーの強烈な新パターンに遭遇してしまうことになる。 フラットボトムデザイン バクラトスイマー独特の底面フラット設計。 リザーバーでは超快適。

>

10年選手バクラトスイマー

その後、同じくバクスイでチェックするも 見事に殉職・・・ 付属のジグヘットが2つしか付いていないので、 これ以上無理できないやんけ〜〜 ここでロストもいやだったので、 ついにジャバロン投入。 そして、バスの目の前で岩などのストラクチャーに隠すようにステイ。 フットボールアクション フットボールジグのようなアクション、リフト&フォールやボトムパンピングなども有効です。 うーん。 根掛かりを気にせずに攻められるディープのフラッシングベイトとして、またシャローで食わせのリアクションベイトとして、 よりナチュラルに、よりアピーリーに進化しました。 流派、波動の違うスイムベイトをローテーションさせることは重要だ。 ハドルストン系の動きとバクラトスイマー系の動きは、あらゆる面で対極に存在する。

>

BACURATO SWIMMER 100 バクラトスイマー100 | IMAKATSU |

バクラトスイマー100の基本操作 1 まずはボトムまで沈める。 バクラトスイマーはボトムで寝てしまうことなく、無警戒に苔を食むアユのようなポーズで静止します。 もっとスローにアピール力があるルアーとなると バクラトスイマー。 ちなみにネタバレするのでまだ公開できないが、 「たたみ一畳の奇跡」に共通するキーワードは湧き水とも言う 「伏流水」である。 。 ジンクリアなバックウォーターで爆発的破壊力を見せつけ取材をあっという間に終わらせたハドルストン8インチTSRIIIチューンモデル。

>

Go for It!でしょ:バクラトスイマーってどうよ!?

4 後はフックポイントを皮一枚にセットし完了です。 フットボールアクション フットボールジグのようなアクション、リフト&フォールやボトムパンピングなども有効です。 スナッグレスなので何かに接触し、そこを抜けた瞬間にバイトが多発するのもよく似ているため、ストーロクでスイミングさせるのも非常に効果が高い。 丁寧にボトムを探っていると・・・・ コンッ! きた!? テールが食いちぎられました。 1 底部のスリットからジグヘッドを下向きに挿入します。 トレーラーをセットしてみましたが・・・ 思っている以上に フックが小さい。 このフラットな底面が あるので着底時に倒れずに立つ為、根掛かりが少ない要因の一つです。

>

BACURATO SWIMMER バクラトスイマー | IMAKATSU |

更にネタバレ覚悟で超キモを書くと、 バクラトをリザーバーでも野池でも、川でもドブでも何処でもいいので「硬い」をキーワードとする場所で、「フットボールジグと思って使ってみる」事だ。 バクラトスイマーの柔らかく大きな波動があらゆるレンジでアピールします。 このリザーバー取材でほぼ自分の中でハッキリ整理出来た事がある。 湖の性格によっては敵なしの強さをもつハドルストン。 そして、 ブレードとヘッドが分離していないので、 良く飛び、 スキッピングもさせやすい。 個人的にはもう少し間引きして使いたいですね。

>

バクラトスイマー

気難しいレイクで、余り人気のない準メジャーレイク。 例えば、見えバスに対し上流にキャストし、流れに乗せてバスに送ります。 ある意味、バクスイのキモはここにあるんじゃないかと 思ったりもしてるので、これから色々試してみます。 これにより、リトリーブ中にタッチしたストラクチャーなどで随時フットボールジグのスイミング&リアクション効果を織り交ぜることも可能です。 特にノーシンカーやネイルリグで流れに乗せて転がしていく通称「ジャバコロ」は現在でも非常に高い効果を維持しているテクニックだ。 主役達は今月末のTSRをお楽しみに! 少し前になるが先日、恒例のTSRロケで四国に出向いた。

>