カタルーニャ 独立。 なぜカタルーニャは独立を望む?カタルーニャ人記者が胸中を吐露

カタルーニャ独立がサッカーに与える影響 バルセロナの立場、その後の道のりは?

ラホイ政権による再中央集権化は、二重行政解消の名目でカタルーニャ自治政府の多くの機関やテレビ局を削減の対象にしたり、「カタルーニャの子供たちをスペイン化する」との目的で、カタルーニャの言語・文化や教育制度(カタルーニャ語を教育言語とすることで、カタルーニャ語とカスティーリャ語=スペイン語のバイリンガルを育成する制度)に圧力をかけたり、財政的締め付けを強めたりするなど、多岐にわたる。 経済拠点としてのバルセロナの影響圏はカタルーニャ州内に留まらない。 これに対し、同日午後、独立運動を主導してきたカタルーニャ国民会議(ANC)と文化オムニウムという二つの市民団体の呼びかけで、大規模な抗議集会が行われた。 その頃から自分たちはスペインではないと思う人が常にいましたが、1939年から1975年になると、当時権力を握っていたスペインの独裁者フランコから激しい弾圧を受け、カタルーニャ語の使用は禁止され、その恨みは根強く残っているとされています。 私はバルセロナには行ったことはありませんが、新婚旅行で行った友人が3人もいて、とても素晴らしい所だったと言っていました。 19世紀半ばにはとカタルーニャ文化の復興運動である(ルネサンス)運動が興り 、19世紀末にはという建築や美術中心の文芸運動が興った。 カタルーニャ州は観光客が非常に多いです。

>

なぜカタルーニャは独立を望む?カタルーニャ人記者が胸中を吐露

2012年カタルーニャ独立デモ [ ] 2012年カタルーニャ独立デモで振られる独立旗 カタルーニャ州において「9月11日」は(カタルーニャ国民の日)と呼ばれる祝日である。 [奥野良知] 2018年9月19日 独立派の州議会選挙再勝利と独立問題の国際化 中央政府は、カタルーニャ州を直轄下においた状態で、12月21日に自治州議会選挙を実施した。 独立派と中央政府との対立は1975年のスペイン民主化以来、最大の騒乱となっており 、独立に反対する過激派右翼や「」を名乗る独立反対勢力によってカタルーニャや同じカタルーニャ語圏であるバレンシアやバレアレス諸島の民家や店舗が襲撃されるなどの事件も起きており、大きな社会問題となっている。 結果はブルボン家が勝利しました。 711年にイベリア半島に侵入したはわずか数年間でカタルーニャを征服した。

>

解説:カタルーニャ独立運動の背景にある歴史

そして10月10日、プチデモン・カタルーニャ自治州首相は、州議会で演説し、「住民投票の結果、我々は独立した国家になるように託され、スペイン中央政府と対話するために、独立宣言する効力を一時停止することを提案する。 根本の問題はスペインの成立にある。 この出来事が、19世紀に入って始まる激しい分離独立運動へとつながる。 投票に敗れた方に敗北感を味わわせるべきではない。 2013年1月23日、カタルーニャ州議会は賛成85票、反対41票、棄権2票で ()を承認した。 フランス領カタルーニャに山頂がある 2,785m は、18世紀までカタルーニャ最高峰とされていた。 『私たちが独立主義者なのは、カタルーニャは多くの富を生み出し多くの税金を払っているにもかかわらず、ほんの少ししか受け取っていないからだ』と。

>

「カタルーニャ独立問題 背景と展望」(視点・論点)

また、バスクやナバーラだけは、特別対応の税徴収のされ方をして、どうもカタルーニャは損をしている状態になっているのです。 私たちに置き換えてみると、授業が全て英語で行われて、選択科目として国語を時々勉強するというイメージです。 カタルーニャ問題よりは、米国の利上げ観測の高まりによるドル高圧力が、ユーロドル相場の主たる変動要因と考えられる。 カタルーニャの象徴であるでたき火を行い、その火をカタルーニャの全自治体の祭礼会場に届けることでカタルーニャ地方の一体感を再確認する日でもある。 言語 [ ] カタルーニャ語最古の文書(1080年-1095年) カタルーニャの固有言語はであり、カタルーニャ語はよりもやに近い言語である。 選挙管理委員会や中立の立場の選挙監視団もいない状態で、州政府が集計したため選挙結果に対しての正統性に疑念を示す声が多く聞かれています。 独立賛成は9割だったけれど、独立反対派は投票にいっていなかった。

>

カタルーニャ州

987年にはが生まれており、カタルーニャが主権への道を歩み出したのはこの1000年頃であるとされる。 スペインメディアでは語ることすらタブー視されるデリケートな話題に、日本のメディアだからこそ答えてくれた貴重な現地の声。 ベルギーにいるプッチダモン元州首相は、今後スペイン当局へ引き渡されるのか。 2019年10月18日、独立を求める約50万人のデモ行進が行われたほか 、には9人が禁固刑を受けたことに抗議するデモが行われ、バルセロナの海岸地区からに向けて約35万人によるが行われた。 バルセロナ以外ではフィゲーラス、タラゴナ、ジローナ、ウロット、サン・ファリウ・ダ・ギショルス、リュレット、ビックなどに闘牛場があり、一方でカタルーニャ地方南部では闘牛ではなく ()()が人気だった。 1960年代から1970年代には、とという2人のカタルーニャ人芸術家が名声を高めた。

>

カタルーニャ州で「独立反対」の理由を簡単に!宣言は強行されるのか|アトランダム

Daniel BOSQUE 2013年9月14日. バルセロナ市長はこの人数が「前例のないことである」と述べ 、バルセロナに拠点を置く『』紙は「カタルーニャで行われた抗議行進としては最大クラスであることは疑いの余地がなく、史上最大であるかもしれない」とした。 ユーロ圏にも加入し、長期の好景気に恵まれました。 そのため、なんで他の地域の人たちを養わなければならないのか!?という気持ちが多くあるのは当然だと思います。 1930年代にはの教育政策や言語政策にも助けられ、カタルーニャ文学は特に詩などの分野で活況を呈した。 これは10月1日に行われた住民投票の結果を受けての事です。

>

カタルーニャ独立問題の歴史と現状

気候 [ ] 地中海に面したリゾート地である。 2017年10月21日:スペイン政府は、カタルーニャ州の自治権を停止すると述べた。 日本は、日本の憲法の範囲の中で、各自治体が条例を作って行政を行っているのですが、連邦制というのは発想が逆です。 なぜなら、彼らの言葉はスペイン語ではないのだから』という感じだ。 2013年12月23日閲覧。 有権者数の42%が投票し、その90%が独立を支持しました。

>