株式 会社 ゼンリン データ コム。 会社概要

大日本印刷、博報堂からゼンリンデータコムの株式取得 ゼンリン グループ間の連結強化

(Bangalore)を非関連会社化 (株)アクトキューブの全株式を取得、子会社化 (株)コミュニケーション・プロジェクトの全株式を取得、子会社化 2020年9月 本社移転(現在の所在地). booost technologiesは、電力事業の立上げから、業務運用までをクラウドでワンストップサポートする「ENERGY X」プラットフォームを提供し、電力の需給調整、電力データ解析、ディマンドレスポンス等電力事業に必要な機能をワンストップで提供しています。 2018年2月15日閲覧。 5 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」:基本、営業メインの会社と思って頂いた方がいいです。 株の取得によりグループ間で連携を強化し、スピード感を持った事業展開を進める。 この項目は、に関連した です。 今回の業務提携で、booost technologiesが保有する電力データ解析の機械学習システムと、ゼンリンデータコムが提供する地図ソリューションを提供し連携することにより、事業領域の拡大、及び拡充を目指します。

>

ゼンリンデータコムとbooost technologiesが業務提携 ~両社..(株式会社 ゼンリンデータコム プレスリリース)

10月 歩行ナビゲーションサービス」を開始• 7月 InfoTrack Telematics Pte. 地図ログ ブログ内の記事から、地図のスポットを探し出し、地図上に表示する無償サイト。 また顧客最優先の意識が強いため残業時間も多く、ある程度の役職からは残業時間が多くても上司からのサポートはなく、年に一回の健康診断、ストレスチェックで形だけの注意がされるに止まります。 また、本サービスは、Googleの公式サポートも受けられる。 1月 品川インターシティに本社移転• 10月 無料地図サイト、PC地図ソフトサービスを its-mo にブランド変更• AreaCutter 地図の特定箇所を切り出し、限定された地域のみを地図として利用するサービス。 4月 株 ボーフォードジャパンを吸収分割、 株 ゼンリンプロモに商号変更し、関連会社化• 4月(株)イーマップ設立• また、Googleとの提携では、 [ ]日本で唯一、「(企業向け)」の代理店販売をしている。 <ST>• Bangalore を子会社から関連会社へ変更 2017年4月 アヤリーシステム(株)より、車両運行管理に関わる事業を譲受 2018年12月 (株)Will Smartを子会社から関連会社へ変更 2019年7月 (株)リースシステム企画の全株式を取得、子会社化 2020年4月 InfoTrack Telematics Pte. TOKAIホールディングスは12日、同社子会社でグループの情報通信事業を担うTOKAIコミュニケーションズとゼンリンの連結子会社であるゼンリンデータコムが、MaaS Mobility as a Service 領域を中心とした事業展開に係る戦略的業務提携を締結したと発表した。 [株式会社ゼンリンデータコム] 株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区芝浦、代表取締役社長:清水 辰彦、以下:ゼンリンデータコム)と、booost technologies株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:青井 宏憲、以下:booost technologies)は、両社が持つ資産・リソースを活用し、事業領域の拡大、拡充及び新たなビジネスの構築を目的とした業務提携をいたしましたのでお知らせいたします。

>

ゼンリンデータコムとbooost technologiesが業務提携 ~両社..(株式会社 ゼンリンデータコム プレスリリース)

beautymap 日本全国の美容室、ネイルサロン、まつげサロン、エステサロン、リラクゼーションサロンのサロン情報を掲載する国内最大級のサロン情報サイト。 尚、地図の種類としては日本語の他、外国人向けのローマ字地図などがある。 3月 第三者割当増資(資本金451,000千円)• また、近年受託開発が圧倒的に多く、社内での開発はほとんど外注しており、ベンダコントロールがメインの業務となります。 string 15 "エネルギー" string 0 "" string 12 "サービス" string 0 "" string 9 "不動産" string 0 "" string 15 "医療・福祉" string 0 "" string 6 "卸売" string 0 "" string 6 "小売" string 0 "" string 6 "建設" string 0 "" string 12 "情報通信" string 0 "" string 6 "教育" string 0 "" string 6 "林業" string 0 "" string 6 "物流" string 0 "" string 6 "製造" string 0 "" string 6 "運輸" string 0 "" string 6 "金融" string 0 "" string 18 "金融・不動産" string 0 "" string 15 "金融・保険" string 0 "" 地図情報の株式会社ゼンリン(北九州市戸畑区中原新町、高山善司社長)は12月11日、大日本印刷株式会社(東京都)と株式会社博報堂(同)が所有する連結子会社株式会社ゼンリンデータコム(同、清水辰彦)の普通株式の全株式を取得した。 - 親会社。

>

ゼンリンデータコムとbooost technologiesが業務提携~両社が持つリソースを活用し、事業領域を拡大~:時事ドットコム

booost technologiesは、電力事業の立上げから、業務運用までをクラウドでワンストップサポートする「ENERGY X」プラットフォームを提供し、電力の需給調整、電力データ解析、ディマンドレスポンス等電力事業に必要な機能をワンストップで提供しています。 今回の業務提携で、booost technologiesが保有する電力データ解析の機械学習システムと、ゼンリンデータコムが提供する地図ソリューションを提供し連携することにより、事業領域の拡大、及び拡充を目指します。 InfoTrack Telematics Pvt. 9月 現在地に本社移転 子会社 [ ]• 株式会社リクルート(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉、以下「リクルート」)は、株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:林 秀美、以下「ゼンリンデータコム」)と業務・資本提携をすることについて合意いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。 沿革 [ ]• booost technologiesは、電力事業の立上げから、業務運用までをクラウドでワンストップサポートする「ENERGY X」プラットフォームを提供し、電力の需給調整、電力データ解析、ディマンドレスポンス等電力事業に必要な機能をワンストップで提供しています。 2.業務提携の内容 (1)リクルートのインターネットビジネスにおけるサービスレベルの向上のために、両社が連携して質の高い地図情報の実現に取り組む。 1.業務・資本提携の理由 リクルートは現在、求人・住宅・旅行・グルメクーポンなど、インターネットにおける複数の情報サービスの中で、ユーザーに地図情報を提供しております。 5月 InfoTrack Telematics Pte. 今回の業務提携で、booost technologiesが保有する電力データ解析の機械学習システムと、ゼンリンデータコムが提供する地図ソリューションを提供し連携することにより、事業領域の拡大、及び拡充を目指します。

>

TOKAIホールディングス

3.資本提携の内容 (1)ゼンリンデータコムが実施する第三者割当増資の引き受け (2)取得株数 1,750株(ゼンリンデータコム発行済株式総数の11. また、法人業務向けに業務改善につながるサービスやソリューションを提供しています。 1999年7月 イーマップサービス開始• 2月「Drivers station」サービスを開始• インターネットを活用した個人や法人向けの地図情報などを提供するゼンリンデータコムはゼンリンや大日本印刷、博報堂、株式会社NTTドコモ、アイシン・エイ・ダブリュ株式会社、アルパイン株式会社、ソフトバンク株式会社など複数社からの出資を受け設立したが、事業が成長し、設立当初の出資目的を達成した。 78%) (3)払込期日 平成18年3月16日 4.業務・資本提携の日程 2006年2月13日 2006年3月1日 2006年3月16日 業務提携契約書及び投資契約書締結 株式会社ゼンリンデータコム臨時株主総会 株式会社ゼンリンデータコム第三者割当増資実施 5.各社の概要 (1)ゼンリン (1)商号 株式会社ゼンリン (2)代表者 代表取締役社長 原田康 (3)所在地 福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1 (4)設立 1961年(昭和36年)4月 (5)主な事業の内容 住宅地図情報を基盤とした各種地図の企画、出版及び各種電子地図データベースの企画・製作及びこれに付帯または関連するソフトウェア開発・情報サービス (6)決算期 3月 (7)従業員数 1,951名(2005年3月31日現在) (8)資本金 65億5,764万円(2005年3月31日現在) (9)最近事業年度における業績の動向 平成16年3月期(連結) 平成17年3月期(連結) 売上高 45,295百万円 46,051百万円 (2)ゼンリンデータコム (1)商号 株式会社ゼンリンデータコム (2)代表者 代表取締役社長 林秀美 (3)所在地 東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル8F (4)設立 2000年(平成12年)4月13日 (5)主な事業の内容 地図及び位置情報付きの各種コンテンツをベースにネットワークを通じた付加価値サービスの提供 (6)決算期 3月 (7)従業員数 64名(2005年9月30日現在) (8)資本金 5億9,650万円(2005年9月30日現在) (9)最近事業年度における業績の動向 平成16年3月期(単体) 平成17年3月期(単体) 売上高 1,471百万円 2,268百万円 (3)リクルート (1)商号 株式会社リクルート (2)代表者 代表取締役社長 兼 CEO 柏木 斉 (3)所在地 東京都中央区銀座八丁目4番17号 (4)設立 1963年(昭和38年)8月26日 (5)主な事業の内容 人材総合サービス、および情報誌・インターネット・携帯端末を活用した商品とユーザーとのマッチングサービス (6)決算期 3月 (7)従業員数 5,359名(2005年10月1日現在) (8)資本金 30億264万円 (9)最近事業年度における業績の動向 平成16年3月期(単体) 平成17年3月期(単体) 売上高 362,285百万円 407,890百万円 本件の詳細はこちらよりご覧ください• (3)地域情報サービスにおける新たな企画を両社で検討する。 2012年12月 株式会社Will Smartを設立• 主要サービス [ ] 個人向けに「いつもNAVI」、「beautymap」、「tabico」などのサービスを展開。 脚注 [ ]• 2000年6月 携帯地図サービスを開始• 2010年6月 法人向けサービス「e-map」を「いつもNAVI」ブランドに統合• ゼンリンデータコムは2000年4月設立、資本金22億8300万円、従業員268人。 )は、住宅メーカー最大手の子会社。

>

ゼンリンデータコム

これにより、ゼンリンのゼンリンデータコムの持ち株比率は約70%から約80%となった。 いつもNAVI(店舗案内パッケージサービス) 法人向けサービスで、企業のHPにリンクを貼ることで、地図表示・検索・ルート探索ができるASP。 ゼンリンデータコム・FIG 2018年8月10日 外部リンク [ ]• Google Maps API Premier 法人向けのGoogleマップであり、これまでの機能(ストリートビューなど)と「いつもNAVI」サービスとの組み合わせ、新しいGoogleマップの開発も可能になった。 株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区芝浦、代表取締役社長:清水 辰彦、以下:ゼンリンデータコム)と、booost technologies株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:青井 宏憲、以下:booost technologies)は、両社が持つ資産・リソースを活用し、事業領域の拡大、拡充及び新たなビジネスの構築を目的とした業務提携をいたしましたのでお知らせいたします。 Singapore)• Singapore と同子会社であるInfoTrack Telematics Pvt. CMタレントは。

>

TOKAIホールディングス

2000年12月(株)イーマップとの合併により本社移転(所在地:渋谷区恵比寿)• 株式会社Will Smart• (Bangalore)を子会社化 2014年3月 第三者割当増資(現在の資本金) 2014年4月 子会社である(株)ゼンリンプロモを吸収合併 2015年1月 本社移転(所在地:港区港南) 2016年5月 InfoTrack Telematics Pte. 家屋まで詳細にわかるのはさすがゼンリンである。 ) 2009年7月より「いつもNAVI」の新シリーズCMを展開中。 事業展望: Googleマップが使うのをやめた報道があった通り、成長性は低いです。 種類 ビジネスカテゴリ キーワード• 営業として入社した人はわりとすぐポジションが上がりますが、エンジニアは評価されず、給料が上がりにくくなっています。 ゼンリンは1961年4月設立、資本金65億5764万円、売上高522億8600万円、従業員2005人。 TOKAIグループ300万件の顧客のデータマネジメントプラットフォームと連携することで位置情報や行動情報を蓄積し、AIを活用した分析の仕組みを構築し、移動全般に関するマーケティングデータを作成するねらい。 提供・配信する地図(ゼンリン住宅地図を含む)は、ゼンリンの詳細な地図を電子化したものになっている。

>

ゼンリンデータコムとbooost technologiesが業務提携~両社が持つリソースを活用し、事業領域を拡大~:時事ドットコム

booost technologiesは、電力事業の立上げから、業務運用までをクラウドでワンストップサポートする「ENERGY X」プラットフォームを提供し、電力の需給調整、電力データ解析、ディマンドレスポンス等電力事業に必要な機能をワンストップで提供しています。 11月 株 ノッキングオンより、アフィリエイト広告事業、ソリューション事業、転職・求人サイト運営事業を譲受• また、法人業務向けに業務改善につながるサービスやソリューションを提供しています。 強みはゼンリンの地図データですが、マンパワーで集めているようなものなので、ユーザーの投稿やプローブで集めるような技術がないので将来的にはかなり厳しいと思います。 ゼンリンデータコムとbooost technologiesが業務提携~両社が持つリソースを活用し、事業領域を拡大~• 今回のリクルートとの業務・資本提携により、今後の新規事業展開において、事業領域の拡大、サービスの充実を図り、そのために必要となる地図やコンテンツの安定供給を可能にしてまいります。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. booost technologiesは、電力事業の立上げから、業務運用までをクラウドでワンストップサポートする「ENERGY X」プラットフォームを提供し、電力の需給調整、電力データ解析、ディマンドレスポンス等電力事業に必要な機能をワンストップで提供しています。 大日本印刷が保有する1560株(持株比率5・96%)、博報堂が保有する800株(同3・05%)の株式を取得するために、ゼンリンは取得対価として、第三者割当により大日本印刷に自己株式19万900株(総額約4億3678万円)、博報堂に自己株式9万7900株(約2億2400万円)を割り当て、単元未満については金銭2万5600円を支払った。 5 強み: ゼンリンの地図データ 弱み: カーナビにしても、歩行者用のナビや地点検索にしても他社の方が圧倒的に優れています。

>