寝台 特急 あさかぜ。 寝台特急あさかぜ(20系時代)

寝台特急あさかぜ(20系時代)

なお、その前の1990年(平成2年)10月1日から上り列車の翌朝の食堂車営業開始時間が6時から7時に短縮。 代わって「みずほ」がで分割併合を行い、東京駅 - 熊本駅・長崎駅発着となる。 ということで今回は1985年のについて書きます。 このときの編成はを参照のこと。 2011年4月27日閲覧。

>

寝台特急「あさかぜ」:特急券・B寝台券: マル鉄コレクション館

とを結ぶ「」「」が発(始発駅基準)の運行をもって廃止されたため、翌日の3月15日以降廃止まで併結する「」とあわせて・・京阪神から九州へ直通する最後の定期夜行優等列車であった。 なお、に運行を開始した寝台電車であるでは、二等車は昼は座席で夜は寝台での使用を目的とした構造を用いており、登場当初こそ暫定的な運用もあり一等車は座席・寝台ともに製造されなかった。 1993年3月18日• このほか、下り列車は・・・・・・に、上り列車は湯江駅・・・・岡山駅・米原駅にしていた。 編成図はを参照されたい。 「」および「」も参照 「あさかぜ」の設定 [ ]• 歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。

>

「あさかぜ」

「あさかぜ」といえば、最初に20系寝台客車が導入された列車であり、同時に最後まで20系客車が使用された列車でした。 (2年)3月10日:2・3号に、1人用個室A寝台車とミニロビーとシャワー室を備えた車両の連結を開始。 「富士」・「はやぶさ」の24系編成には引き続き・「」が連結されたが、「ソロ」については前述の通り改造の上で14系編成に移された。 なお、この急行7・8列車のダイヤは、戦後「」の元となる東京駅 - 鹿児島駅間直通急行列車の元ともなっている。 それでも利用者減に歯止めはかからず、編成を短くしたりしましたが、 2009年3月14日に廃止されました。 同時刻表は1963年7月号まで「寝台専用列車」の表記を用い、8月号から「寝台列車」に変更されている。 「さくら」が - 博多駅間を朝のラッシュ時間帯に通過することを回避するため、「さくら」と「」のダイヤを入れ替え、下り「さくら」を東京発16時台から18時台へ変更。

>

1985年の寝台特急【さくら】【はやぶさ】【みずほ】【富士】【出雲】【あさかぜ】【瀬戸】(東京から西へ向かう列車)

駒田(小澤孝三)という乗客の死体が発見されたのだ。 13両編成中旅客車は座席車が3両のみで、他はすべて寝台車だった。 15- 9レ・12レ 11レ・10レ 13レ・14レ 9レ・12レ 13レ・14レ 列車名 下り1号 上り3号 下り2号 上り2号 下り3号 上り1号 下り1号 上り3号 下り3号 上り1号 牽引機 EF65P EF30 ED76 ED72 EF65P EF30 ED73 EF65P EF30 S48- EF81-300 ED73 電源車 カニ21 カニ21 カニ21 カニ21 1号車 ナロネ20 スハネフ14 ナロネ20 ナロネ20 ナロネ21 2号車 ナロネ22-100 オロネ14 ナハネ20 ナロネ22-100 ナハネ20 3号車 ナロネ21 オハネ14 ナハネ20 ナロネ22-100 ナハネ20 4号車 ナロネ21 オハネ14 ナハネ20 ナロネ22-100 ナハネ20 5号車 ナロネ21 オハネ14 ナハネ20 ナロネ21 ナハネ20 6号車 ナハネ20 オハネ14 ナハネ20 ナハネ20 ナハネ20 7号車 ナロ20 オハネ14 ナハネフ23 ナロ20 ナハネフ23 8号車 ナシ20 スハネフ14 ナロネ21 ナシ20 ナハネ20 9号車 ナハネ20 スハネフ14 ナハネ20 ナハネ20 ナハネ20 10号車 ナハネ20 オハネ14 ナロネ21 ナハネ20 ナロネ21 11号車 ナハネ20 オハネ14 ナハネ20 ナハネ20 ナハネ20 12号車 ナハネ20 オハネ14 ナハネ20 ナハネ20 ナハネ20 13号車 ナハネ20 オハネ14 ナハネ20 ナハネ20 ナハネ20 14号車 ナハネフ22 スハネフ14 ナハネフ22 ナハネフ22 ナハネフ22 昭和50年3月10日のでは3往復から2往復に減便となり、14系で運行されていた「あさかぜ下り2号・上り2号」は臨時列車(8011レ・8012レ)となります。 鹿児島 - 東京間の「はやぶさ」としてさせた。 2・3号は全車両が下関駅直通運転となる。 そのため、単一運賃制度を採用した1969年以降の・との混用を避けるため、1960年6月30日までの二等寝台車については「二等寝台車 A 」、1969年5月9日までは「一等寝台車 A 」のように表記する。 ナロネ20の場合、正確には2人用区分室は1人用個室「ルーメット」2人分での販売ではなく、開放式寝台と同等の料金となった。

>

「あさかぜ」の編成

また、同年12月以降「さくら」の編成中のオハネ14形が、オハネ25形100番台を改造したオハネ15形1100番台に順次置き換えられ、1997年(平成9年)度末をもってオハネ14形の置き換えを完了する。 なお、「あさかぜ」の一等車の後身となる連結は全通となる3月に終了した。 「かもめ」の設定時にすでに検討されたとされる山陽特急の東京駅乗り入れ不可の代替。 も参照。 この列車は、列車番号が戦前の「」と謳われた17・18列車と同じで、二等寝台車の割合が他の列車に比べて高かったことから「名士列車の再来」と言われた。 こちらは国鉄の協力を得られず、14系客車はすべてセットである。 また、に一時廃止されていた三等寝台車がに復活。

>

「あさかぜ」の編成

なお、座席車は特別急行列車であったため全車座席指定席であった。 そのため、事故車の復旧が完了するまでの暫定処置として、10系客車やそれ以前に製造された旧形客車(など)を付属編成の代替として20系編成に併結し、「さくら」の運行に当てることとした。 それ以来しばらく熊本までの運転でしたが、 1975年に、 が長崎乗り入れを止めた代わりに みずほの一部が長崎まで行くようになりました。 これは不景気により利用客が減少していた鉄道に活況をもたらそうと、鉄道省は当時で広まっていた列車愛称を日本の列車にもつけて親しみを持ってもらおうと公募を行った。 ビジネス客中心に好評だったが、昭和60年に14系、昭和61年に24系25形に代わり、 平成20年3月改正で惜しまれながら引退した。 「はやぶさ」の列車番号を「下り3列車・上り4列車」に、「みずほ」を「下り5列車・上り6列車」に変更。 運行区間:東京駅 - 長崎駅間• しかしそのために、ダイヤ設定上の折衝では、非有効時間帯に「あさかぜ」が通過する場所の国鉄が大反対したという逸話が残っている。

>

寝台特急「あさかぜ」:特急券・B寝台券: マル鉄コレクション館

6月20日:「さくら」長崎編成中に連結していたナロ20形をナハネ20形に変更。 14両編成(うち1両は)中、座席車は最後尾の三等座席指定車1両のみで、残り12両はなど二等寝台車となどの三等寝台車が半数ずつだった。 (昭和59年)• 「」は、基本編成が東京駅 - 間、付属編成が東京駅 - 間で運転。 同列車廃止後「さくら」の愛称は一旦途絶えたが、2011年3月にが全線開業することを機に、(JR九州)と(JR西日本)は九州新幹線とを直通運転する列車名の公募を行い、公募の結果に基づき「さくら」の愛称を復活させることがに発表された。 従来から運行していた臨時列車「桜島」はこの変更に際して上り・下りとも「」と改称。 このダイヤ改正で「さくら」が廃止され、1,315kmの運行距離を有する「はやぶさ」が定期列車の日本一の長距離列車の座に2度目の返り咲きを果たした。 (昭和63年):に伴い、「さくら」編成の一部変更を行う。

>

KATO鉄道模型ホームページ

誤 13号車:ナハネ20 68• 長崎発着だった「はやぶさ」付属編成を熊本駅まで併結に変更。 実際には宮島口駅で特急券を回収されてしまうことを嫌い、広島駅で下車し、横川で可部線の73型国電を撮影後、改めて宮島へと渡っています。 東京~九州間のブルトレは、すでに2段寝台化されており、3段寝台で52cm幅の20系は、 やや時代遅れの感じがした。 6kmとされている資料もあるが、実際の運行距離は山陽本線経由の1,515. 旧様式時代のD券で、表示類が細かく、私的にはこの時代の硬券に高級感を感じます。 は、東京駅 - 下関駅間を、下関駅 - 門司駅間を、門司駅 - 長崎駅間をが牽引していた。 1人用個室「オロネ25形車両」も同時に連結。

>