前年 同月 比。 音楽ストリーミング売上額が前年同期比122%。RIAJ '20年第3四半期実績

小売販売10月は前年比6.4%増、増税の反動で8カ月ぶりプラス=経産省

圏域別では、首都圏の市場規模で前年比が74. アルゼンチン国家統計センサス局(INDEC)は11月24日、9月の産業活動指数が前年同月比で6. デリバリーサービスを選ぶ際に重視する点を複数回答で聞くと、「手軽に注文できる・注文しやすい」が62. 7%と、いずれも1年1か月ぶりにプラスに転じました。 その後はN字型での上昇を見せ、9月23日に年初来高値2,585円に到達し、いったん下落した後、11月に入り再度上昇して11月17日に再び年初来高値を更新し2,860円となりました。 既存店売上高は7月(対前年同月比102. 0%減だった。 同省は「重く受け止めている」としており、コロナ禍の影響が出ている可能性があるとみて原因分析を進める。 エアコンや冷蔵庫、家庭用(内食)食品、マスク・除菌製品などが好調だった。

>

11月の自殺者1798人 前年同月比5カ月連続増、コロナ禍の経済悪化影響か

業態別ではスーパー(前年比5.8%増)や家電量販店(同29.0%増)、ドラッグストア(同7.3%増)、ホームセンター(同9.5%増)が増加し、百貨店(同2.5%減)やコンビニエンスストア(同3.3%減)などが減少した。 12月4日、JAIA(日本自動車輸入組合)は、2020年11月期の外国メーカー車(乗用車)新規登録台数を発表した。 ただし、Go Toキャンペーンは事業者が予約サイトに支払う登録料や手数料などが必要で、それらが判明するまでは飲食店のキャッシュフローが好転したか否かの判断はできないと同協会は指摘している。 3%減とほぼ前年並みとなった。 月別の半導体市場規模推移 1996年1月~2020年10月 出所:WSTS集計データをもとにSIA作成 SIAの社長兼最高経営責任者 CEO であるJohn Neuffer氏は、「10月の半導体市場は、3月以来最大となる成長率を示し、新型コロナのパンデミックをはじめとする世界を覆った逆風の中でも強い回復力を依然として示している。 職種別で最も多かったのは「販売(販売)」14万4898件(前年同月比52. 女性の自殺者の増加が顕著な傾向が続く。

>

牛丼「すき家」のゼンショーHD、2カ月連続で対前年同月比プラス成長に(2020年11月) 注目小売店月次実績シリーズ

感染抑制ももちろん重要だが、経済で命が失われる事態も阻止すべきだ。 その他のデジタル音楽コンテンツの売上は、前年同期比157%の8,700万円。 現在は若干下落した2,600〜2,700円台で取引されています。 2 8月の輸入量は、冷蔵品は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止対策の影響で北米工場の従業員の作業効率が低下していたことに加え、豪州産は干ばつ後の牛群再構築による生産量減少に伴い現地価格が高騰していたことなどから、1万9341トン(同25. 同社の2019年以降の株価は、2,500円台で天井を付ける傾向にありました。 予めご了承ください。 デリバリーを利用する理由を2つまで複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「料理するのが面倒な時」の52. 前年比は80. 今期の既存店売上高の振り返り では、同社のここまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は3月決算)。 業態別では8か月連続で主要16業態で市場規模の前年比がマイナスだが、「スナック、ナイトクラブ、キャバレー」(前年比97. (西澤裕介). 最も新規登録台数の多かったブランドはメルセデス・ベンツで、前年同月を6. 「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年12月8日. 9%減だった。

>

小売販売10月は前年比6.4%増、増税の反動で8カ月ぶりプラス=経産省

8%増となった。 2%減)となった。 調査期間は11月22日から23日。 総務省は「10月はGo Toキャンペーンなどで社会経済活動のレベルが引き上げられ支出が増えたが、その後、感染が再拡大し状況が変化しているので、今後の動向を注視したい」としています。 3%) 雇用形態別にみると、全体で67万356件(前年同月比51. 0%) 4位 サービス(医療・福祉サービス) 5万7185件(同32. しかし現在、感染は拡大傾向にあり、今後の推移も楽観視できない厳しい状況が続きそうだ。 前年同月比は613億円減で3月以降での減少幅は最小だった。

>

日本マクドナルドHD、売上高の対前年同月比プラス成長が連続4カ月に(2020年10月) 注目小売店月次実績シリーズ

6%減)だった。 自殺者数は2010年から19年まで10年連続で減少。 【地域別 求人広告掲載件数】 北海道・東北 4万2319件(前年同月比49. 芸能人の自殺報道の影響を指摘するのは、自殺について調査・分析する「いのち支える自殺対策推進センター」(東京)の清水康之代表理事。 3%が続いた。 しかし反発後の上昇が続き、6月15日には高値6,270円に到達。 スーパーは内食関連が好調を維持、コンビニはオフィスで食べる需要が減ったために弁当類の不振が続いている。 【関連記事】 ・ ・ ・. ロイターの事前予測調査でも6.4%増が予想されていた。

>

11月の自殺者1798人、前年比11%増…女性は19%増 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

総務省の家計調査によりますと、ことし10月に2人以上の世帯が消費に使った金額は、1世帯当たり28万3508円でした。 下期はこのままプラス成長を維持できるのかが注目されます。 6%増と、すべての地域でプラス成長となった。 8%減だった。 9%と相対的に高く、特に東海圏の回復が目立った。 男女別でみると、男性が1169人(昨年同月比83人増)、女性が629人(同99人増)だった。

>

日本マクドナルドHD、売上高の対前年同月比プラス成長が連続4カ月に(2020年10月) 注目小売店月次実績シリーズ

このうち、食肉の取り扱いが多いとされる業態では、ハンバーガー店を含むファーストフード洋風は同8. 前年同月比では3月以降2桁台のマイナス成長が続いていたが、7カ月ぶりに1桁台にとどまった。 一方で、冷凍品のうち豪州産は冷蔵品と同様の影響があったものの、冷蔵品の輸入量の減少分を米国産の冷凍品で補う動きがあったことから、2万7841トン(同1. 地域別にみると、全体で66万4222件(前年同月比51. 外食単価が前年実績を上回ったことと、外食実施率・頻度のマイナス幅が縮小したことで市場規模の改善につながった。 前年同月を6. その中で、テイクアウトとデリバリー需要が堅調な業態・業種が全体をけん引したようだ。 中華はテイクアウト・デリバリー需要が引き続き堅調で、店内飲食の回復も加わって、同0. 8%増だった。 外食産業全体の売上高は、COVID-19の影響により3月以降、前年同月を下回って推移する中、緊急事態宣言の解除や県外移動自粛の解除に伴い店内飲食の客足が戻り始め、郊外の店舗を中心に回復傾向にあった。

>