メタニウム。 [20メタニウム使用感インプレ]初搭載機構ナシで感動無し!シマノ全部載せ小型軽量ベイトの逸品

[20メタニウム使用感インプレ]初搭載機構ナシで感動無し!シマノ全部載せ小型軽量ベイトの逸品

シマノ製ベイトリールの 外部ダイヤルの特徴は、微調整できることです。 【16メタニウム】実 釣インプレ ブレーキの設定方法を覚えたら釣行に向かいましょう。 遠投性能はもちろん、従来を遥かに上回る軽やかな立ち上がりと、どこまでも伸びる爽快なキャストフィール、そしてトラブルレス性能の大幅な向上を実現しています。 ですので、その「メタニウム」が最先端の機能を備えてモデルチェンジをしたとなれば、気になるハズですよね。 16メタニウムMGLの使い方は? さてさて、16メタニウムMGLは飛距離も伸びて最高に気持ちの良いベイトリール、重要なのは、「じゃあ、その使い道は?」ですよね? ベイトリールに合わない使い方をしても、せっかくの性能を活かす事は出来ません。

>

16メタニウムMGLインプレ【いま買う意味はあるか?】

巻き始めの重さとか感じないくらい。 20メタニウムのスペックと特徴 早速ですが、ごちゃごちゃした前置きは少なめにしまして、 20メタニウム、個人的には完全に「買い」だなと判断しています。 2016年にモデルチェンジをし、MGLスプールが搭載されたメタニウムMGL。 16メタニウムMGL インプレ【まとめ】弱点とは? 今回シマノのフラッグシップベイトリールとも言える16メタニウムMGLのインプレッションをまとめてみましたが、やはり言えるのは飛距離が出るという事も含めた 「最高に気持ちの良いキャストフィーリング」を味わう事が出来るベイトリールと言えるでしょう。 5でもいいかな・・・。 剛性感を持ちながらとても繊細なつくりになっています。 メインフィールドは関東の有名メジャーレイクでレンタルボート&オカッパリ。

>

シマノ20メタニウムを買うと決めた理由!【いいとこ全部盛り!】

PEラインについては純正スプールはPEライン用の設計になっていないためフルキャストはかなり難しいと思います。 ボディのコンパクト化 さらに、ボディ形状がコアソリッドボディ(マグネシウム素材)と呼ばれる一体成形型になっているのが特徴的です。 赤メタは、村田基さんがセミナーで使っていたモデルです。 メタニウム20では、各素材の軽量化を図ることで自重の軽量化に努めています。 ですが、例えばブレーキシュー4つともオンの状態で外部ダイヤル1の状態と、ブレーキシューを1つオフにし外部ダイヤルを3~4くらいにするのとでは、例え同じブレーキ力だとしても キャストフィールがまた違ってくると思います。 その差は、実際のフィールドでもはっきりと体感していただけるはずです。 軽さは釣果に直結するので、この軽量化の技術は凄いと思います。

>

シマノ20メタニウムを買うと決めた理由!【いいとこ全部盛り!】

巻物で使うようなリールは酷使して使ったり、根掛かりしたときに引っ張るとギアが痛みやすく、メタニウムとアンタレスとで剛性面の差が生まれていました。 つまり、ベイトフィネスなら当然専用機の方が快適に扱えますし、重要級ルアーの超遠投ならアンタレスの様な特化リールの方が強いですし、巻き心地で言ったらカルカッタコンクエストの方がいいと言えるでしょう。 ですが、最新のスプールでは強度を保ったまま、更なる改良が施されています。 メタニウムMGLでビッグベイトをする場合、自重が175gと軽いので手元がブレやすくなることはあっても重たいルアーを固めのロッドで何度もランガン繰り返すビッグベイトゲームではメタニウムMGLの組み合わせだと疲労軽減にもつながると思われます。 スプール幅が20メタニウムは3mm狭くなったが、ボディの製法・サイズがコンパクトになったので、結果としてクラッチ付近にゆとりが出る仕様になっているようだ。 一般社団法人 ケアフィット推進機構認定『 生活習慣病予防プランナー』有資格者。

>

16メタニウムMGL インプレ【まとめ】弱点はコレだね

19アンタレスは220gなので45gも軽い! なのにアンタレスより強いボディを持っているということが驚きです。 ポップなのにスパルタン、釣りうま感出るこのノブ。 もし機会があれば釣具屋さんなどで触ってみてはいかがでしょうか。 はじめのエントリー機として導入を検討してみるのも良いでしょう。 それでも自重はライン巻いた状態で217gまで増えました。 ラインを太くしていく程、スティーズSVTWより20メタニウムの方がその良さが顕著にあらわれると感じました。

>

シマノ20メタニウムを買うと決めた理由!【いいとこ全部盛り!】

旧13メタニウムMGLと比べると実に約10mの飛距離の差が記録されれています。 重さは据置きのままコアソリッドボディーとブラスギアで強さと安定感が増し、軽い力で伸びのある飛距離を出せるマグナムライトスプールIII搭載。 リール自体の個体差説や、コアソリッドボディ気密性高すぎ説、MMギア弱すぎ説など色々あってどれが正解かはわかりませんが、20メタニウムがどのレベルの巻き心地で、経時劣化がどのレベルで進んでいくのか?ということが一番気になっている部分ではあります。 いろいろな細かな部品を解体してからの塗装となり、ちょっとかじったくらいの素人じゃ手におえない。 細かな設定は 外部ダイヤルで行います。 ストレートワームノーシンカー 比較的ロングなワームではありますが、ネイルシンカーなしで投げるのはきついでしょうと予想しながらキャストしてみました。 水面を這うがごとく、意のままに狙い撃つ。

>

メタニウムMGL[Metanium MGL]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ

ドライブギア素材をジュラルミンから真鍮(ブラス)製へ• バス釣りの場合、ベイトリールは70m巻ければ十分です。 カタログスペック上では20lbも巻けるように記載がありますが、それくらいの太いラインを巻く釣りなら、丸形リールなどパワーのある物を選択した方がいいと思います。 自重175g 自重は前モデルの16メタニウムMGLと同じ175gです。 アンタレスの持つ巻き心地はあくまでも趣味の世界。 まず思うのが、「バネで抑えてしまって、スプールの回転の妨げになるんじゃないか」と思う人もいるかと思いますが、とりあえずまずそんなことはあり得ません。

>

20メタニウム インプレ。軽い。飛ぶ。巻き心地良し。万能の極みか。-TsuriLuck

もしあなたがベイトリールの扱いに慣れていないアングラーでしたら、もしかしたらセッティングを出すのに少し手こずるかも知れません。 完全に乾いたら、スプールをもとの戻す前にベアリングにグリスをシュッと少量振りかけてセットすればOK。 その他の部分についても、同じコアソリッドボディ採用の18バンタムMGLがかなり良いカスタムベースだっただけに、20メタニウムのカスタマイズ性もかなり高いのではと考えています。 16メタニウムも巻物・打ち物ともに優秀なリールで、どんな釣りにでも使いまわせる器用さがあるが、剛性感・巻き心地に関しては20メタニウムの方が優れているだろう。 それが20メタニウムに採用されるんだからたまりません! もちろんコアソリッドボディ採用になった事で16メタニウムよりもコンパクトになっています。 メタニウムのアイデンティティでもある「軽さがもたらす操作性の高さ」はそのままに、よりパワフルかつテクニカルな釣りへの対応力をアップ。 バーサタイルで丁度いいラインキャパシティ 20メタニウムのスペック表です。

>