高崎 市立 中央 図書館。 【高崎市の勉強できる場所総まとめ!】図書館、自習室、カフェの情報

高崎市立図書館

榛名図書館 [ ] 1966年(昭和41年)4月11日に落成式を迎えた榛名町中央公民館内に図書室はあったが 、町立図書館を切望する町民からの声に応え、1979年(昭和54年)4月10日に榛名町図書館が開館した。 1930年(昭和5年)4月1日、「高崎図書館々外図書帯出規程」が定められ、一般利用者への貸出が開始された 貸出冊数は1人1回2冊以内、貸出期間は10日間で最大20日間まで延長可能であった。 新築総経費は27,172円、他に敷地買入費として9,060円を要した。 高崎市市史編さん委員会『新編高崎市史 通史編4』高崎市、2004年3月、184-185頁。 旧館の老朽化に伴い、計画された高崎市立中央図書館の移転リニューアル。 2020年 高崎市立中央図書館 - 行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー DIV. リニューアル開館後、利用者は約1. 統計 [ ] 資料所蔵点数 2019年(平成31年)3月31日現在 図書資料 視聴覚資料 合計 中央図書館(本館) 566,314 87,109 653,423 中央図書館(公民館) 59,589 4 59,593 中央図書館(駅サービスセンター) 23,926 0 23,926 箕郷図書館 46,327 3,852 50,179 群馬図書館 143,141 7,543 150,684 新町図書館 95,686 6,804 102,490 榛名図書館 62,657 3,189 65,846 山種記念吉井図書館 54,579 2,887 57,466 合計 1,052,219 111,388 1,163,607 来館者数 2018(平成30)年度 中央図書館 箕郷図書館 群馬図書館 新町図書館 榛名図書館 山種記念吉井図書館 合計 632,518 37,402 101,513 57,472 41,500 42,818 913,223 特別文庫 [ ] 小谷文庫 歴史・社会が専門の教諭として、群馬県内の中学・高校に勤めた小谷栄一氏(1914-1988)が収集した近現代史に関する資料。 important; padding-right: 10px! 太平洋戦争が激化すると中央省庁の疎開が行われることとなり、東京鉱山監督局の高崎への疎開が決定した。

>

高崎市立図書館 中央図書館

また、全国的にも珍しいのが、予約本受け取りの自動化。 新町町誌編纂委員会『新町町誌』新町教育委員会、1989年、726頁。 1923年(大正12年)8月12日、高崎商業会議所の東宮殿下御成婚記念事業に関する委員会が、図書館の移転改築・公会堂の拡張などを記念事業とし市当局と連携して実現を期することを決定した。 旧館からこの場所に移ったことで、駅にも近くなり利用者も増加しました。 貸出中の資料一覧• 高崎市立図書館『高崎市立図書館報 第7号』高崎市立図書館、1950年、1頁。 1980年(昭和55年)に高崎市は市制80周年を迎えたが、この記念事業の一環として、末広町の群馬県立高崎女子高校跡地を利用して、文化会館・少年科学館・中央公民館・市立図書館からなる総合文化センターの建設が計画された。 群馬県図書館協会創立50周年記念誌編集委員会『歩み続ける群馬の図書館』群馬県図書館協会第88回全国図書館大会実行委員会、2002年10月、49頁。

>

【高崎市の勉強できる場所総まとめ!】図書館、自習室、カフェの情報

閲覧は学術機関に所属する研究者にのみ許可されている。 パソコン・電卓等の持ち込みは不可。 125㎡で、総工費は60,000,000円を要した。 1931年(昭和6年)11月24日、高崎市会で高崎図書館改築案が提案された。 新しく開館した図書館は、敷地257坪、建物は木造の近代洋風建築2階建て、書庫のみ鉄筋コンクリート3階建てとなり、建築坪数は243. 建物は地下1階・地上6階、鉄骨造(免震構造)で、このうち中央図書館は5,6階及び1,2階の一部5,983. 予約資料案内機と自動貸出機を併用することにより、利用者は予約をした本を職員の手を介すことなく受け取ることができます。 1989年(平成元年)に小谷栄一氏夫人の小谷わか氏より寄贈された。

>

トップページ

『広報よしい昭和55年7月号』高崎市。 1950年(昭和25年)11月時点で図書約1,905冊、雑誌3,198冊を備えており、毎月東京本館から新刊図書、雑誌が届けられていた。 群馬県内で初めて図書館資料にICタグを貼付し、自動貸出機や予約棚と連動させることで利用者の利便性向上が図られた。 群馬県図書館協会創立50周年記念誌編集委員会『歩み続ける群馬の図書館』群馬県図書館協会第88回全国図書館大会実行委員会、2002年10月、45頁。 1917年5月1日• 俳山亭文庫 郷土史家、篠木弘明氏(1918-2001)が収集した古書群。 図書(本・雑誌・絵本・紙芝居)は10点まで、視聴覚資料(CD・DVD・ビデオ)は5点まで、2週間の貸出が受けられる。

>

トップページ

2006年(平成18年)1月23日、高崎市と新町の合併により、高崎市立新町図書館となった。 06㎡であった。 これにより、利用者自身による貸出など以下のような新たなサービスの提供を行っている。 important; font-weight: normal! 貸出期間を延長したいときは、対象の資料の貸出延長欄にチェックを入れて「貸出延長」ボタンを押してください。 群馬町中央公民館『群馬町公民館だより 第3号』群馬町中央公民館。 利用券は市内の図書館共通で利用できる。

>

高崎市立図書館 中央図書館

高崎市議会事務局『市勢概要 昭和43年度版』高崎市議会事務局、1968年8月、153頁。 important; padding-left: 13px! important; display: inline-block! 1084』高崎市広報広聴課、2002年6月15日、2-3頁。 図書館開館には、概算で修繕費1,373円35銭・器具費505円68銭・図書費742円63銭5厘の経費を要した。 2em 18px 21px; background: url. 続けて10月1日に高崎市と榛名町が合併し榛名図書館を設置した。 視聴覚資料 所蔵点数と貸出点数は全国でも有数。 important; padding-bottom: 10px! 延長期間は受付日より2週間となる。

>