Bcp 策定。 ITシステムのBCP対策とは?IT

BCP(事業継続計画)とは?初めてでもわかる、策定の手順と注意点|BCP対策強化

業務停止を招いた場合には、どのように早期復旧するのかといった点を重視しています。 デメリット ・費用がかかる。 BCP発動時の連絡体制を整える 災害時には電話やメールといった普段使っている連絡ツールが利用できなくなるおそれがあるため、どのような手段で連絡を取り合うのか決めておきましょう。 もっと詳しくBCPの策定の手順について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 トラブルが発生したとき、速やかに対応にあたるためには、指揮系統が明確化されていることが重要です。 25 Geo-Design ジオデザイン 一級建築士事務所株式会社 サービス業 他に分類されないもの 滋賀県大津市神領3丁目10番10号 2013. BCP策定の手順7:発動基準の決定 BCP策定の手順の7つ目は、発動基準の決定です。

>

1.1 BCP(事業継続計画)とは

29 東洋建設株式会社 建設業 大阪市東淀川区豊里2-24-9 2013. しかし、自然災害などの緊急事態に対する準備不足は、人的被害やインフラ機能の停止による事業の中断を招きかねません。 そのため策定する企業が増えています。 BCPとの整合性を保つことが必要 IT-BCPに求められるのは、BCPとの整合性を維持することです。 14 フセハツ工業株式会社 製造業 大阪府東大阪市西堤本通西1-3-43 2018. その取引先とビジネスを続けたいのであれば、BCP策定は避けられません。 外部から安全にアクセスできるリモートワークの環境が整っていれば、従業員が出社しなくても安全な場所から業務を継続することが可能になります。 そのような大切なデータについてしっかりと守る体制を整えていることは、取引先からの信頼を得ることにもつながります。 24 株式会社青木科学研究所 製造業 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー18階 2015. また、より本格的な訓練として次の2つの方法があります。

>

ITシステムのBCP対策とは?IT

延滞を認めてもらうなど、取引の存続を左右する対応を行います。 続いて紹介するのは、熊本市の工務店B社です。 中小企業庁のテンプレートでは、これを「ボトルネック資源」と呼んでいます。 BCP策定の手順4:優先すべき業務の決定 BCP策定の手順の4つ目は、優先すべき業務の決定です。 これを「 ビジネスインパクト分析(BIA:Business Impact Analysis)」といいます。

>

BCP策定

クラウドストレージは事業会社によってサービスや保証範囲も異なるため、内容をよく確認してから利用することをおすすめします。 大きく分けて次の2種類の文書が完成します。 その中で、BCPの見直しが必要になることも考えられます。 事前に教育・訓練を実施する BCPの運用体制を整えるために、従業員に対して研修や避難訓練を実施することも大切です。 また、安否確認システムはスマートフォンのGPSと連動して従業員に避難指示を出す、支援が必要な拠点へ誘導するなど緊急時の連絡ツールとしても有効です。 27 株式会社クローバー総合保険コンサルティング 金融・保険業 宮崎県宮崎市旭1丁目7番地12 エスポワール県庁通302号 - 2020. 26 株式会社ウエダ・テクニカルエントリー 専門商社 京都府城陽市枇杷庄鹿背田104番地7 2019. 御社に合った方式で一緒に を策定してくれるコンサルタントを見つけていくと良いでしょう。

>

BCPとは-事業継続計画の基礎と7つのポイント|備える.jp

この章では、BCM全体ではなく、BCPのみに焦点を合わせ、BCP策定までの手順をご紹介します。 顧客とあらかじめ「緊急事態発生からどの程度の時間で、通常の何割程度まで事業を復旧すればよいか」を協議して、目標設定をおこなっておきます。 中小企業の場合は、中核事業の特定は難しくないでしょう。 リスクを分析したら、次はどのように目標復旧時間を達成するか戦略を立てます。 また、直接的な被害に遭っていなくても、仕入れ先が被災していたり世間の自粛ムードの煽りなどを受けて事業継続が困難になることもあります。 不正アクセスなどによるシステム障害やサーバー攻撃が企業の脅威となっている今、こうしたネットワーク障害などにも備えて、日頃から対策しておく必要があるのです。

>

1.1 BCP(事業継続計画)とは

有事があった場合の影響は計り知れないため 地震や水害などの自然災害が起こった際、サーバーダウンによってサービスが停止したり、インフラの物理的な破壊などによって企業活動が行えなくなる可能性があります。 企業や団体にとって「起きたら困ること」「リスク」が何であるのかを明確に言語化しておかないと、具体的な対策や対処法を導き出すことはできません。 現在、策定中の企業と策定を検討している企業を合わせても45. 事業継続に関わるすべてのBCP対策を行うことが理想ですが、緊急時にすべてを対応することは難しいため現実的ではありません。 17 ハマニ化成株式会社 製造業 静岡県浜松市西区大久保町1347-3 2016. 他にも、予備の設備を保持しておいたり、代替できる設備をリストアップしておいたりということがあげられます。 解説の分かりやすさなどで考えると、経済産業省のガイドラインよりも この中小企業庁のガイドラインを参照にした方が分かりやすく、策定もスムーズかと思います。

>

中小企業庁:BCP策定企業の紹介

一つの目安として、平常時の3割程度のリソースしか得られない場合を想定して、それでも続けるべき事業は何かを考えてみましょう。 人手不足 災害によりスタッフを招集できないだけでなく、普段よりも傷病者が増加することで人手不足に陥ります。 物流業の例 物流業におけるBCPは、立地や事業規模、取引先によって大きく左右されます。 19 栗建機工株式会社 建設業 北海道帯広市西23条北1丁目4番地30 2020. 「机上訓練」では、BCP(事業継続計画)で検証したい、あるテーマをもとに災害発生のシナリオを作成。 現実と目標とのギャップを認識した上で、あらためて実際に実現可能な目標を設定することが必要です。 予備設備の保持など、企業が単独で取り組むにはコスト面で難しい対策もあります。 BCP対策とは BCPは「Business continuity plan」の略で、日本語では「事業継続計画」と呼ばれ、地震などの災害発生時にビジネスを継続できるよう、あらかじめ計画を立てておくことです。

>

【はじめてのBCP】チェックリスト付き!BCPの基礎知識と策定の手順・方法を紹介

そのためにも、身近な道具を用いて手軽に実施できる「机上訓練」の機会を設けましょう。 インターネット環境さえ確保できれば、クラウドPBXを使用してオフィス外からでも電話が利用できるので、電話不通による業務遅延を防ぐことができます。 そのため現在では、BCP対策を行うことが取引先の信用を勝ち取る手段として重要視されています。 最もわかりやすいのが地震や台風といった自然災害。 具体的なアクションを先延ばしにすることなく、今日明日にでもBCP(事業継続計画)の策定を始めてください。 中核事業の選定には、会社において重要と思われる事業をいくつかあげて、その中から優先順位をつけていきます。 実際には災害発生から平常時に戻るまでのタイムスパンを大きく3段階に分け、「人的リソース」「施設・設備」「資金調達」「体制・指示系統」「情報」の5つの視点で細かい内容を決めていきます。

>