土地 改良 法 施行 令。 土地法

土地改良法

改正: 昭和39年3月31日号外 法務省令第48号〔不動産登記法施行細則等の一部を改正する省令七条による改正〕• (国営土地改良事業として申請すべき事業の要件の特例)第二条 現に耕作の目的に供されておらず、かつ、引き続き耕作の目的に供されないと見込まれる農地又は当該農地となるおそれがある農地が相当程度存在する地域におけるこれらの農地の農業上の利用の増進及び農地の収益性の向上に寄与することが明らかなものとして農林水産大臣が定める基準に該当する次に掲げる土地改良事業であつて、おおむね四百ヘクタール以上の地積にわたる土地を受益地とするものについては、平成三十四年三月三十一日までの間は、第四十九条第一項の規定にかかわらず、法第八十五条第一項又は第八十五条の二第一項の規定により国が行うべき土地改良事業として申請することができる。 外國人依前條第一項第八款規定取得土地,應依核定期限及用途使用,因 故未能依核定期限使用者,應敘明原因向中央目的事業主管機關申請展期 ;其未依核定期限及用途使用者,由直轄市或縣(市)政府通知土地所有 權人於通知送達後三年內出售。 )の区域内において行う場合にあつては百分の五十五)」とする。 改正:• 以下 「特定用途用地」という。 )に供するため所有権の移転等をした場合又は当該土地を自ら目的外用途に供した場合 (当該土地を目的外用途に供するため所有権の移転等を受けて、目的外用途に供した場合を除く。

>

土地法

)を合計して得た額に相当する額の金銭をその土地改良区に支払い、又はこれらの者から徴収すべき全ての仮清算金等の額を合計して得た額に相当する額の金銭をその土地改良区から徴収することができる。 7 法附則第八項の政令で定める場合は、前項の規定により償還期限を繰り上げて償還を行つた場合とする。 改正:• 別画面で表示されます。 それぞれの法令の詳細情報にリンクしています。 )で土地改良法第八十八条の二の規定によりその工事に係る事業費の一部につき借入金をもつてその財源とするものにつき同法第九十条第一項の規定により都道府県に負担させる負担金の額は、土地改良法施行令第五十二条第四項及び土地改良法施行令の一部を改正する政令附則第三項の規定にかかわらず、当該事業に要する費用(当該事業により造成される土地改良法施行令第五十二条第四項に規定する配分造成地の造成の事業に要する費用で農林大臣が大蔵大臣と協議して定めるものに限る。 公布年月日:昭和24年8月4日• 前項標售之處理程序、價款計算、異議處理及其他應遵行事項之辦法,由 中央地政機關定之。

>

土地法施行法

以下同じ。 )とに区分し、旧率事業費額につきその百分の二十に相当する額を、新率事業費額につきその百分の二十五に相当する額をとり、これにそれぞれその額に対応する当該事業に係る同法第八十八条の二の規定による借入金についての当該事業の施行期間中に係る利息の額を加え、その加えて得た額を相互に合計して得た額とする。 その他農用地の改良又は保全のため必要な事業 土地改良法手続 [ ] 法手続は、事業主体ごとに規定されている。 2 この政令の施行の際現に施行している国営土地改良事業につき、法第九十条第二項の規定により徴収する負担金の元利均等年賦支払の支払期間を起算する年を改正後の第五十三条第二項但書の規定により指定しようとするときは、都道府県知事は、その負担金の徴収を受けるべき者の三分の二以上の同意を得なければならない。 )に要する費用に対する国の補助に係る金額の算定については、当該土地改良事業に要する費用に係る国の補助の割合であつて次の表の上欄に掲げるものは、それぞれ同表の下欄に掲げる割合とする。 目前使用人次:2,298人• 明治16年7月から昭和27年4月までの『官報』画像にリンクします。

>

土地法

)に係る土地改良事業の計画を定めようとする場合においては、次の各号の区分により、それぞれ各号に掲げる同意をもつて前項の三分の二以上の同意に代えることができる。 (国の補助の特例)第六条 平成二十六年度から平成三十二年度までの各年度においては、避難解除等区域(福島復興再生特別措置法第四条第五号に規定する避難解除等区域をいう。 土地改良事業とは、土地改良法により行なう次に掲げる事業をいう。 附 則 (昭和三七年六月二九日政令第二七二号) この政令は、農業協同組合法の一部を改正する法律の施行の日(昭和三十七年七月一日)から施行する。 2 改正後の土地改良法施行令(以下「新令」という。

>

土地改良登記令施行細則 昭和26年5月9日法務府令第79号

明治16年7月から昭和27年4月までの『官報』画像にリンクします。 また、土地改良事業を廃止しようとする場合における廃止処理計画についての妥当性等を調査するため、土地改良専門技術者への委嘱が必要とされている。 4 第一項第二号に規定する土地改良事業であつて、特別豪雪地帯(豪雪地帯対策特別措置法第二条第二項の規定に基づき指定された地帯をいう。 。 )の承認又は同意に係る土地 (承認に係る土地にあつては、農用地及び第50条第1項の道路等の用に供されている土地並びにこれらの土地以外の土地で、その承認に際し、その承認をした行政庁又は地方公共団体が農用地として利用する旨を農業委員会に申し出たものを除き、同意に係る土地にあつては、その同意に際し、その同意をした第1項第3号又は第4号に該当する者が、 (当該土地につき第5条第7項に掲げる権利を有する者が他に存するときは、その者の同意を得て、)農用地として利用する旨を農業委員会に申し出た土地を除く。 )であつて、農林水産大臣が受益地の地積に占める当該地目変換に係る土地の地積の割合等を勘案して定める基準に該当するものについての第一項の規定の適用については、同項第一号中「別表第一に掲げる事業費の区分に応じ同表の補助の割合の欄に掲げる割合」とあるのは、「百分の五十(奄美群島の区域内において行う場合にあつては三分の二、北海道の区域内において行う場合にあつては百分の五十五)」とする。 )がある場合にはその土地改良施設の管理者及び管理方法に関する基本的事項 (以下 「予定管理方法等」という。

>

日記: (5) 土地改良法施行令

)並びに第五十三条第二項(新令第五十三条の四第二項において準用する場合を含む。 改正:• 改正:• 2 この政令の施行の際現に北海道の区域内において行なわれている国営土地改良事業についての土地改良法施行令第五十二条第一項の規定の適用については、改正後の同令附則第三項の規定にかかわらず、なお従前の例による。 自登記完畢 之日起十年內,原權利人得檢附證明文件按其法定應繼分,向國有財產局 申請就第四項專戶提撥發給價金;經審查無誤,公告九十日期滿無人異議 時,按該土地或建築改良物第五次標售底價分算發給之。 )第十三条の二第三項 第九十九条第三項から第五項まで及び第十一項から第十三項まで 第一項 農振法第十三条の二第三項 第九十九条第六項、第百一条第二項、第百二条、第百三条第一項から第三項まで、第百四条第一項、第百七条及び第百九条 農用地 土地 第百五条 第百二条第一項 第百二条第一項又は農振法第十三条の三第一項前段若しくは第十三条の四第一項 第百六条第二項 消滅する 消滅し、農振法第十三条の三第一項の規定により所有者が取得すべき土地を定めないでその所有者が失うべき土地を定めた場合には、その失うべき土地について存する同項又は同条第三項に規定する権利は、前項の規定によりその失うべき土地の所有権が移転した時において消滅する 含む。 以下この条並びに 第17条の3第1号及び第2号において同じ。

>