長谷川 ヘッド スライディング。 工藤監督「あの1打席の悔しがり方は若い子に刺激」ヘッスラ長谷川を絶賛|【西日本スポーツ】

長谷川勇也のヘッスラに見たホークスと巨人、勝者のメンタリティの違い (2020年11月29日)

長谷川は全力疾走の勢いのまま頭から突っ込んだ。 私はファンになったきっかけがで長谷川がから放った起死回生のターだから、もし長谷川がを離れるとしたら感慨深いものがある。 長谷川も懸命のヘッドスライディングを見せたが、間一髪アウトになった。 で一番印象に残るプレーは長谷川のヘッドスライディングだった。 わずかの差で送球のほうが早かった。 また「マッチ(松田宣)のプレー(三塁でウィーラーの三遊間へのゴロを好捕)なんかも今年一だと言ってましたんで」と工藤監督。

>

ソフトバンク長谷川ヘッスラ及ばず悔しさあらわ…巨人吉川尚の美技に適時打を阻まれる(西日本スポーツ)

内川クラスでさえ1軍に呼ばれない。 シーズン終盤に調子を上げてきた左打者だが、監督は動いた。 eyJpYXQiOjE2MDY5Nzc4NjAsImV4cCI6MTYwNjk3OTY2MCwianRpIjoiTW96aWxsYS80LjAgKGNvbXBhdGlibGU7IE1TSUUgNi4wOyBXaW5kb3dzIE5UIDUuMTsgU1YxKSJ9. しかし、現役を続けてもらうことの方が大事だから、必要とされる限りその卓越した打撃センスとストイックさをいかんなく発揮してもらいたいと思う。 続けて「あの1打席の悔しがり方。 強烈な打球が一、二塁間へ飛ぶと、二塁手の吉川がダイビングキャッチ。 一方で長谷川は鬼の形相で一塁めがけて走った。 000Z","updateDate":"2020-11-24T11:45:27. ああいうところが、いかに集中して打席に入っているかというところ。

>

長谷川勇也のヘッスラに見たホークスと巨人、勝者のメンタリティの違い(webスポルティーバ)

決着は初球だった。 このプレーについて「すごい刺激になっていると思う、若い子たちにとって」と工藤監督は絶賛。 「打撃一閃」 オリジナルの演出がPayPayドームの巨大なビジョンに映し出される。 2021年、が第2の内川になる可能性は、この4連勝を見れば十分あり得るとだれもが思うだろう。 打順は7番の牧原。 ただひ�. 「日本シリーズで見た本物の勝負師の姿」と書き出すと「ベテラン長谷川が一塁にヘッドスライディングした後グランドを叩いて悔しがる姿…日本の野球用語には『一死、本塁死、盗塁死…』アウト一つに『死』が入ってくる…『必死』にプレーする長谷川の姿こそファンの皆さん、チームメート、我々の心に響く…感動した…」とつづった。

>

長谷川勇也のヘッスラに見たホークスと巨人、勝者のメンタリティの違い (2020年11月29日)

。 ","textSub":"システムエラーのため、情報を取得できませんでした。 とっておきの代打、長谷川勇也の登場だ。 しばらくしてから再度お試しください。 来季は一人でもいいからワンプレーに長谷川のように気持ちを賭けられる選手が出てくることに期待はしたいけど、今の体制、ぬるま湯の環境が続く限り多分難しいだろう。 鋭い打球を一、二塁間に飛ばしながら二塁手吉川尚にダイビング好捕されると、懸命に走って最後は一塁へ必死のヘッドスライディングを見せた。

>

工藤監督「あの1打席の悔しがり方は若い子に刺激」ヘッスラ長谷川を絶賛|【西日本スポーツ】

24日の第3戦で代打長谷川がヘッドスライディングを見せた場面に言及した。 普段通り、いつも通り、シーズン通り」と口にした。 巨人OBでもある元楽天監督で野球解説者のデーブ大久保氏(53)が25日、自身のツイッターを更新。 いい手本を見せてもらっているし、いい動きもしてくれている」とたたえた。 試合に出られない恐怖、寂しさ。 巨人とので3連勝を収め、パ・リーグ勢では史上初の4年連続日本一へ王手をかけているソフトバンクの監督(57)が、第4戦の試合前に報道陣の取材に対応。 ただ、まだ球場中の視線が集まっていた一塁ベースの少し先で、長谷川はしゃがみ込んだまま体を震わせて悔しがっていた。

>

ソフトバンク長谷川ヘッスラ及ばず悔しさあらわ…巨人吉川尚の美技に適時打を阻まれる(西日本スポーツ)

もちろん、にはここ一番の必要な戦力だから、最大限の引き留めはしてもらいたい。 長谷川は一塁ベースにヘッドスライディングするも及ばずアウトとなり、ソフトバンクはこの回無得点に終わった。 一方で長谷川自身、まだまだやれる手応えがあるからこそのFA宣言だろう まだしてないが。 長谷川は2013年シーズンに198安打で最多安打、打率. 長谷川にしてみたら、のこともFAの判断に影響したのではないか。 これは日ハムの首脳陣がホイホイ1軍の舞台に若手を出してしまうことが、ワンプレーに対する気持ちの大事さを奪ってしまっている。 若い人たちにとってもあれくらい集中してやらないといけないんだと思うでしょうから。

>

ソフトバンク長谷川ヘッスラ及ばず悔しさあらわ…巨人吉川尚の美技に適時打を阻まれる(西日本スポーツ)

1軍で試合に出てプレーすることはいかに特別なことかということか若手がわからない限り来季も覇気のないプロとはとてもいえないようなプレーが毎試合のように出てしまうと思う。 2年連続4連勝での日本一となれば史上初。 「そうやって集中していることがいいプレーにつながると、若い子たちにとって勉強にもなっていると思う」とうなずく。 その翌年の終盤戦で本塁突入の際に右足首を痛めて以来、成績こそ落ちたものの、ひと振りにかける集中力は健在のまさに"打撃職人"である。 日ハムの若手であれくらいワンプレーに全てを賭けて試合に出ている人は皆無だろう。 それでも「普段通りです」と言い切り「しっかり切り替えて、昨日勝ったことよりも今日に集中するのが大事。 アウトがコールされると、長谷川は右手でグラウンドを思い切り叩いて悔しさを爆発させたが、大久保氏はこの姿にいたく感動。

>