す が た を かえる 大豆 指導 案。 岩手県立総合教育センター 学習指導案データベース 小学校 国語科学習指導案 一覧表

3年実践例「すがたをかえる大豆」

筆者がどのように〈内容・題材〉を選び、それにふさわしい〈形式・構成〉を用いたかを考えさせていくのです。 こうした工夫を意識して、〈筆者〉として「すがたをかえる魚」を書いています。 「筆者」という概念を取り入れ、内容• 関心を忘れてはならない。 【C読むこと 1 イ】 エ 言語についての知識・ 理解・技能 1 句読点を適切に打ち、また、段落の始めの部分は行を改めて書くことができている。 3 単元の評価規準 観点 評価規準 ア 国語への 関心・意欲・態度 1 食べ物のすがたのかえ方に興味をもち、図書資料を中心に意欲的に調べ本にまとめよう とする。 これまで説明文を指導する度に「はじめ」「なか」「おわり」に分ける作業をしてきたと思います。

>

3年生「すがたをかえる大豆 」指導①

2 単元の目標 1 身近な食べ物のすがたのかえ方に興味を示し、他の食べ物について意欲的に調べることができるようにする。 また、子供たちはこれまでの学習で接続詞や問いの文について学習しています。 【伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項 1 イ エ 】 2 指示語や接続語が文と文とのつながりに果たす役割を理解し、使うことができている。 【授業者の願い】 調べたい食べ物について調べたことを本にまとめる活動を通して、目的意識や相手意識をもたせながら、説明的な文章の構成を読み取る力と読み取ったことを基に説明文を書く力を付けたい。 構成も読んでいかなければならない。

>

小3国語「すがたをかえる大豆」指導アイデア|みんなの教育技術

以上までが、めあてに入るまでの本文の読み取りです。 話し合うために、まずこの説明文がどのような構成になっているのか読み取っていきます。 効果抜群! 堀江式 大ワザ&小ワザ ワザ1 子どもたち自身が〈筆者〉になったつもりで読む この問題を解決するために、〈筆者〉という概念を導入して説明文を読んでいこうというのが、今の説明文の学習指導の基本となっています。 ちなみに「なか」で感想を述べるのは、説明文的にNGです。 二段目に注目しましょう。

>

説明文教材の基本的な扱い方をマスターしよう ―「筆者」という概念を活用する―

説明文は、内容だけでなく、形式• 題材」、「形式• まずは、筆者を外から見て考える。 めあてが「せつめいのくふうについて話し合おう」です。 ワークシート例(豊岡市立高橋小学校の西垣惠子学級において生み出されたもの)をご覧下さい。 「はじめ」・・・あらまし これから説明するものの簡単な説明 「なか」・・・具体的な例 「おわり」・・・まとめ 筆者の感想 2「はじめ」はそれぞれの段落で何を伝えているのか、簡単に要約する 「〜な大豆」という形で要約させます。 〈筆者〉になって読み、〈筆者〉になって書くということの一例です。 構成」がいいあんばいでの説明文の授業になるよう努めたいと思います。 。

>

説明文教材の基本的な扱い方をマスターしよう ―「筆者」という概念を活用する―

このような学習を行うことで、楽しく中心となる言葉や文を捉え、段落相互の関係を考えながら文章を読む力も育てることができます。 2 中心となる語や文をとらえて段落相互の関係や事実と意見との関係を考えて読むことができるようにする。 【B書くこと 1 イ】 3 書いた本を読み合い、文章の構成や表現の仕方等について意見を述べようとしている。 そして、内に入る作業、つまり、筆者になる。 ただし、学習指導が〈内容・題材〉だけにかたよった場合、理科や社会科の授業になってしまうでしょう。 イ 書く能力 1 自分が選んだ食べ物について書くことを決め、相手や目的に応じて、必要な事柄を調べ ることができている。 さらに、子ども興味• この流れも自然で、児童の意欲も増すのではないでしょうか。

>

3年生「すがたをかえる大豆 」指導①

これからは、「内容• ココがポイント! 〈内容・題材〉か〈形式・構成〉かという問題 説明文の学習指導には、〈内容・題材〉か〈形式・構成〉かという問題が常につきまといます。 作者の感想・・・昔の人々のちえにおどろかされる。 【伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項 1 イ ク 】 4 単元の計画(全15時間). それが書かれているところに線を引かせます。 4「おわり」に何が書かれているのか詳しく見る。 ただし〈形式・構成〉だけの学習指導にかたよった場合、段落分けや要約などの形式的操作に終始してしまい、子どもたちの興味や関心を無視したものになってしまいます。 国語科の学習指導であるからには、〈形式・構成〉の指導が不可欠です。 それぞれの役割は何なのかを問いながら、わけ進めていければと思います。

>

岩手県立総合教育センター 学習指導案データベース 小学校 国語科学習指導案 一覧表

まとめ・・・大豆はいろいろなすがたで食べられている。 音読を十分した後、 1 「はじめ」「なか」「おわり」にわける。 このことに気づかせます。 答えの例として「いったいどんなくふうがあるのでしょうか」でいいと思います。 】というめあてが示されています。

>

3年実践例「すがたをかえる大豆」

次回に続く!. 今回はその答えを教えてもらったような気がします。 それでは、説明文ではどのような指導をすればいいのか。 そのように、堀江先生が言われていて最もだと思いました。 【B書くこと 1 ア】 2 「はじめ」、「中」、「終わり」の三部構成で説明的な文章を書こうとしている。 「問い」については、「こまを楽しむ」でふれています。 昔、「ありの行列」や「すがたをかえる大豆」という単元で、あり博士、大豆博士を作ってはいないかと言われたことも思い出しました。 題材、形式• 「おわり」には、まとめと作者の感想が書かれてあります。

>