オルファ 替 刃。 オルファ折る刃式カッターナイフ替刃のおすすめ~種類が多すぎてどれを選んでいいかわからない~

よくある質問|オルファ株式会社 【公式サイト】

仕事などで数をこなす場合はコスパの良いロングタイプを使用する。 M厚型刃は中途半端で使いどころが難しい。 アートナイフで連続して段ボールを切断するような使い方はしないはず。 黒刃の上を行く最高の切れ味。 刃厚も小型刃とほとんど同じ。

>

オルファ替刃の切れ味と耐久性を検証~スピードブレード、特専黒刃、ステンレスなどを比較~

初回のカットは黒刃ほどではないがかなり良かった。 オルファのアートナイフ替刃と初回の切れ味は変わらない。 定番で選ぶなら「オルファカッター替刃(大)」か「オルファカッター替刃(小)」の二択で問題ない。 薄い紙などはストレスなくスパスパカットすることができる。 オルファでは、この黄色をコーポレートカラーにしています。

>

よくある質問|オルファ株式会社 【公式サイト】

(各店舗によりお取り扱いの商品が異なる為、お手数ですが、一度お電話等で、各店舗にお問い合わせ下さい。 耐久性 初回の切れ味が良すぎたのか段ボール5カットから切れ味が悪くなる。 スピードブレード(大) 切れ味重視の黒刃にフッ素加工を施したスピードブレード。 オルファ製品はどこで購入できますか? お近くの大型ホームセンター様(工具売場)や文具店様等に販売しているかをお問い合わせ下さい。 ダイソー カッターナイフ 今回の検証用に購入したダイソーのカッターナイフ。 Q :通常のカッターナイフ替刃(通常刃)と特専黒刃(黒刃)の違い A:材質は、通常刃、黒刃とも同じ合金工具鋼を使用しておりますが黒刃は通常刃と比較して鋭角に研磨しております。

>

オルファ替刃の切れ味と耐久性を検証~スピードブレード、特専黒刃、ステンレスなどを比較~

耐久性 段ボール10カットくらいから切れ味が落ちるが十分に使える。 小型刃文房具として工作や模型作成など幅広く使用。 プラケース包装の5枚入り。 特専黒刃の研磨面にフッ素加工を施し、カット時の抵抗を軽減することで、驚きの軽い切れ味を実現した「スピードブレード」(大型カッターナイフ用)です。 実売価格 ネットでの販売価格を確認した。

>

オルファ替刃の切れ味と耐久性を検証~スピードブレード、特専黒刃、ステンレスなどを比較~

黒刃と違い刃にSPEED BLADEの刻印がある。 製品概要 ダイソーで売っていたアートナイフに付属していた刃。 最高の切れ味はあまり持続しないが価格以上の価値があると思う。 切れ味 小型刃にくらべ刃が0. ただ硬いものなど刃が消耗するようなものをカットした場合は早めに刃を交換した方がよさそうだ。 ご質問一覧 なぜオルファは黄色の商品が多いのですか? カッターナイフは刃物であるため、不意に怪我などをしないよう、道具箱の中でも目立つ黄色にしています。 問題はパッケージの違いで価格が異なること。

>

よくある質問|オルファ株式会社 【公式サイト】

ある意味安定感があっていいかもしれない。 初回の切れ味は悪いが劣化後はそれほど悪くない。 切れ味よりも見た目がカッコイイので無条件でコイツを選びたい。 切れ味と耐久性の評価 黒刃とスピードブレードの切れ味にかなり驚いた。 何となくではなく紙のカットでも違いがはっきりとわかるレベル。 内装プロ用は刃が薄く専用のボディーが必要。 本体は「ハイパーL型」を使用。

>

よくある質問|オルファ株式会社 【公式サイト】

普通に使う分にはまったく問題ない。 切断面がきれいでなくなってきたと感じたら、刃を交換してください。 細工刃はペンタイプナイフと比べると使い勝手が悪く感じる。 フタ部分の刃を折る穴周辺は補強されている。 包装されている商品には違いがありませんので、同じようにご使用いただけます。

>

オルファ折る刃式カッターナイフ替刃のおすすめ~種類が多すぎてどれを選んでいいかわからない~

本体のチープさはあるが実用的に十分使えるレベルにあるりコスパ最強と言える。 しかし、アートナイフの利用シーンは細かい作業なのでそこまで刃の消耗を気にする必要はないだろう。 一家に一台あってもいいだろう。 刃の厚さ 基本的に幅に合わせて刃の厚さも変わる。 また、以下のようなサイトからのリンクは固くお断りいたします。 38mm 74mm 特大H型刃 折る刃式で一番ゴツイタイプ。 段ボール10カット目くらいから切れ味が落ちてくるのがわかった。

>