モーツァルト 交響曲 第 40 番。 交響曲第40番、第41番 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン : モーツァルト(1756

楽天ブックス: モーツァルト:交響曲第39番 第40番&第41番「ジュピター」

が、モーツァルトより半年から1年ほど早く()完成させた4楽章の交響曲ホ短調A42は、同じ調性かつ編成もほぼ同じ(弦5部のほかフルート1、オーボエ2、ファゴット1、ホルン2:変ロ管とト管)で、曲全体が醸し出す雰囲気にも少なからぬ近似性(特に第1楽章とメヌエットの楽章、終楽章)がみられる。 ブリリアント・レーベル2001年の録音は残響がほどよくあります。 ピリオド奏法(弾むような演奏法)のおもしろさが存分に楽しめる楽章になっています。 ノリが良く、リズミカルにどんどん流れて行きま す。 壮年期のベームの不滅の業績。 モーツァルトの魅力って、素直に考えると、ワタシ的には、ふわっとした空気感とチャーミングなところだと思う。 音の響きも、70年代中期とは思えないほどに良い響きがあって、超良い録音である。

>

交響曲第40番、第41番 クーベリック&バイエルン放送響 : モーツァルト(1756

う~ん、やっぱり巧いと思います。 1996年録音。 12-14 Musikverein アイネ・クライネ 第1番 1978. CDM5 67333 2・・・・「ハフナー」 1960 、「リンツ」 1956 、「プラハ」 1962 、「魔笛」 1964• そんな、感想が持てる、第40番の交響曲です。 えっ クラの入っていないのが、初版だったのか。 の楽譜 -。

>

ブルーノ・ワルター/モーツァルト:交響曲第39番 第40番&第41番「ジュピター」<期間生産限定盤>

弾む時の響きは、もう絶品っ。 ワルターの40番を引き合いに出す時は必ずこのルフトパウゼが素晴らしいと言っています。 たしかに、 クラリネットの少しさみしげな音色が加わることで、なんとも切々(せつせつ)とした「悲しさの訴え」に磨きがかかったという感想をもちます…。 そして、その媒体は「カセットテープ」でした。 もちろんこの戦略に乗っても損はないような演奏である。 録音が素晴らしいのがこの演奏での大きな強みです。 アクのない、一糸乱れないフレージングの妙というか、難癖つけられない美音に彩られて、力強さもある。

>

モーツァルト:交響曲第40番【クラリネットの謎】名盤8枚の解説「憂える女神の横顔と癒やし」

info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 で、意外と、なんていうのか~ そつがなさ過ぎて、ちょっと面白くない演奏だな~って思っていると、その内に、熱くなっていくのである。 時代の流れによって楽しまれる音楽も変わってくるということでしょうか。 ホルンの響きも、「ら どぉ~み れし しれ~ふぁ みど しっしらしど ふぁ」 ど素人のワタシだと、 どこかに、アクセントを置きたいフレーズなのだが、変なアクセントはつけておらず、するっと聴けてしまう。 当時モーツァルトが借財を無心する手紙を多数残しているのは有名な話ですが、他方モーツァルトには十分な収入があったとする説もあります。 1991年11月20-21日、仙台市青年文化センター・コンサートホールでのライヴ録音。

>

【中古:盤質B】 交響曲第40番、第41番『ジュピター』 アバド&ロンドン交響楽団 : モーツァルト(1756

って言いたくなる雰囲気がする。 この後、91年にベルリン・フィルと録音したSONY盤を聴いたことがある(持ってはいない)が、それと同じくらい遅いテンポ。 第2楽章 アンダンテ どこまでも穏やかなテーマが、最初は、そして第2ヴァイオリン、第3ヴァイオリンと1小節ずつずれてカノンのように奏でられます。 いい音だ。 あまり情感は込めてないような気がするが、いやいや~なかなか。 もう1曲は若い頃の作品、第25番で、こちらは第40番と区別するため、〝小シンフォニー〟と呼ばれています。

>

楽天ブックス: モーツァルト:交響曲第39番 第40番&第41番「ジュピター」

ホント、流麗という言葉が、そのまま、ぴたっとマッチした演奏だ。 ここでも「ため息」の半音の動きが出てきており,次第に翳りが出てきます。 551207「MEISTERSINFONIEN」 ---- 第25番、第33番、第39番(順に2001年、02年、00年録音) あとは「40,41」の録音を待つだけである。 3楽章 メヌエットの楽章で、ここは、う~ん 聴きどころ。 疑作説が有力 81 73l 交響曲 第44番 ニ長調 1770 84 73q 1770 偽作説あり 95 73n 交響曲 第45番 ニ長調 1770 偽作説が有力 96 111b 交響曲 第46番 ハ長調 1771 97 73m 交響曲 第47番 ニ長調 1770 疑作説あり 98 Anh. 後半のも収録した2枚組。

>