ワゴン r スティングレー 買取 価格 相場。 ワゴンRスティングレーの買取相場

ワゴンRスティングレー (スズキ) の中古車買取査定・価格相場なら【車選びドットコム】

ニュージーランド• ここに記載したワゴンRの査定額は、あくまでもおおまかな目安とお考えください。 4万円 10位 2008年式 2009年10月 X アイドリングストップ 20. 一方で『スティングレーX』『FZ』『FX』など ノンターボ車(とくに4WD)は 高価買取されています。 そのためフルモデルチェンジを予想して、その前に車を売るのがベストなタイミングと言えるでしょう。 とくに現行モデル、ハイブリッド、ノンターボ、4WDは、海外市場からの需要で査定額が大幅にアップする要素です。 少し補足することがあるとすれば、3落ちの相場下落が大きいことぐらいでしょうか。 下表はグレード、走行距離ごとにまとめた買取額になります。

>

ワゴンRの買取価格と査定額を調査~5年落ちと10年落ちの場合~下取り相場との比較

バリエーションはワゴンRとワゴンRスティングレーの2本立てとなった。 ワゴンRスティングレーの買取相場データ ワゴンRスティングレーの買取・下取データを買取相場表にして一挙公開! このページではデータ精査を終えた過去1,000件分の取引データから、直近20件分を抜粋表示しています。 2003年に発売された3代目から、ワゴンRスティングレーが登場しました。 スズキ ワゴンRスティングレーの買取相場 中古車サイトの車売買データをもとに算出したワゴンRスティングレーの買取相場です。 フランス• 5 万円 3 T 4WD ホワイトパール系 2013年式 7〜8万km 2020年02月 北海道 52. (中には高価買取のヒントになる口コミもあります!車買取の交渉材料としてお役立てください。 年式 グレード 走行距離 色 買取価格 平成28年 スティングレーX 4WD 2. 公式ホームページでは、スズキワゴンRスティングレーのイメージアニマルとして雄牛が使われています。 少しでも高い値段で車を売却したいなら車買取業者による買取を選びましょう。

>

ワゴンRスティングレー買取価格・下取り査定額の相場表

楽天カーサービス• バッテリーとモーターを強化することでエンジン負荷の少ない領域においてモーター走行を可能とした。 さまざまな条件によっては、思った以上の高額で売却できることもあります。 2代目ワゴンRは、1998年に発売され、キープコンセプトながら質感を更に向上。 パワーユニットは軽では初となる直噴ターボを「RR-DI」に搭載。 両社共にこちらの都合に合わせて買い取るということだったので、その場で競り合ってもらい、後者に売却することになった。 グレード:T 走行距離 買取価格(平均) 0~2万km未満 74万円 2~4万km未満 59万円 4~6万km未満 53万円 6~8万km未満 43万円 8~10万km未満 36万円 10~12万km未満 35万円 12万km以上 -万円 グレード:X 走行距離 買取価格(平均) 0~2万km未満 67万円 2~4万km未満 54万円 4~6万km未満 45万円 6~8万km未満 42万円 8~10万km未満 33万円 10~12万km未満 -万円 12万km以上 35万円 平成26年式/2014年式の買取相場表 平成26年式(2014年式)ワゴンRスティングレーですが調査したデータからみてみると、平均買取価格は71万円、平均走行距離は22100kmほどでした。 ・安かった事例~FX-Sリミテッドが3社比較で3万円 こちらは、2008年式ワゴンRのFX-Sリミテッドを、10年落ちで売却したときの事例です。

>

ワゴンRスティングレー の買取価格・下取りの相場とは

2020年10月時点 スズキ:ワゴンRスティングレーの買取価格表 車の買い替えで下取りに出す場合やワゴンRスティングレーを売却する際の参考にして下さい。 燃料消費率はリッターあたり33. 5代目は2012年9月に登場。 一方で 10年落ちでも10万円以上で買い取られているケースもあります。 グレード:FX 走行距離 買取価格(平均) 0~2万km未満 48万円 2~4万km未満 37万円 4~6万km未満 30万円 6~8万km未満 25万円 8~10万km未満 18万円 10~12万km未満 18万円 12万km以上 18万円 グレード:FXリミテッド 走行距離 買取価格(平均) 0~2万km未満 56万円 2~4万km未満 44万円 4~6万km未満 36万円 6~8万km未満 33万円 8~10万km未満 23万円 10~12万km未満 17万円 12万km以上 14万円 グレード:リミテッドII 走行距離 買取価格(平均) 0~2万km未満 53万円 2~4万km未満 44万円 4~6万km未満 40万円 6~8万km未満 34万円 8~10万km未満 30万円 10~12万km未満 17万円 12万km以上 -万円 平成25年式/2013年式の買取相場表 平成25年式(2013年式)ワゴンRですが調査したデータからみてみると、平均買取価格は49万円、平均走行距離は30700kmほどでした。 ワゴンRは人気車種で求めている業者は多くあります。

>

【毎日更新】ワゴンRスティングレー(スズキ)の査定相場・買取価格なら【買取カービュー】

No グレード ボディーカラー 年式 走行距離 査定時期 都道府県 買取価格 1 T レーダーブレーキサポート装着車 ブラック系 2014年式 4〜5万km 2020年04月 大阪府 56. ワゴンRの特徴となっているトール&アップライトのパッケージングをいち早く採用し、それまでの軽乗用車では得られなかった広々とした室内空間を手に入れた。 こちらの10年落ちベーシックグレードのワゴンRを3社で査定した結果、 11万円、8万円、7万円という見積額になりました。 5kgmのスペックはS(ハイパワー)ターボと変わらないが、燃費はM(ロープレッシャー)ターボを上まわる10・15モード19. ・5万3千kmと標準的な走行距離のFXの評価が48万円 こちらは、走行距離が 5万3千kmと、5年落ちとしてはほぼ標準的なワゴンRの売却事例となります。 6 万円 11 X ホワイトパール系 2014年式 4〜5万km 2019年12月 高知県 45. 」というキャッチコピーの通り、横長のシースルーフロントグリルにディスチャージヘッドランプ、ボンネットは先端が高く、クリアなリアランプが採用されるなど、洗練されたイメージが特徴です。 しかし、買取り専門店への売却であれば、まだまだ十分な査定額を提示してもらえる可能性が高いですので、 1店舗だけの査定であきらめずに複数の業者に査定をしてもらうようにするといいでしょう。 3-3 5年落ちワゴンRの買取り価格をグレードで比較 同じ5年落ちのワゴンRであっても、グレードが異なればもともとの価格に差があるために、買取り価格にも差が生じることになります。 ハイトワゴンでトップレベルの燃費「FX」 ワゴンRの売れ筋となっているグレードで、ベースのFAに対してFXはマイルドハイブリッド仕様となる。

>

ワゴンRの買取相場

4代目ワゴンRスティングレーの買取相場は、30万円~80万円です。 2018年10月現在 ワゴンRスティングレーの人気グレード「ハイブリッドT」 ワゴンRスティングレーのハイブリッド車である「ハイブリッドT」は、JC08モードでリッター28. 車一括査定 比較 一括査定サービスは沢山あります。 リヤコンビランプも専用のクリアタイプとし、DIとTにはLEDターンランプ付きドアミラーカバーを採用。 人気のセーフティパッケージ装着車には誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ハイビームアシスト、ヘッドアップディスプレイなどの先進安全装備をはじめ、オートライト、キーレスプッシュスタートシステムが標準となる。 走行距離は15万3千kmと、5年落ちのクルマとしてはかなりの過走行車となります。 フルモデルチェンジ後は買取相場の下落が大きくなるので、売却を検討中の方は早めの売却をおすすめします。

>

ワゴンRの買取相場

「ストロング」をテーマとするスティングレーには専用のフロントマスクが与えられ、標準車のワゴンRとは差別化された凄みのあるデザインが印象的だ。 過去 現在 未来 2020年6月 6ヶ月前 2020年8月 4ヶ月前 2020年10月 2ヶ月前 2020年12月 2021年2月 2ヶ月後 2021年4月 4ヶ月後 2021年6月 6ヶ月後 買取相場 前月比 45. 4代目ワゴンRスティングレーの買取相場は、80万円~120万円です。 ワゴンRスティングレーの買取や下取り相場を調べるなら一括査定が便利です。 全データ掲載ページでは「グレード」「査定額」「走行距離」「年式」など、各項目の並び替えができるので、あなたの愛車に近い具体的な価格を簡単に調べることができます。 2012年は、 ちょうど5代目ワゴンRが登場した年になります。 1月から3月は基本的に流通量が増えるので、ワゴンRスティングレー7年落ちにとって2019年は厳しい相場になりそうです。

>

スティングレーT(19年式ワゴンR)の買取相場

軽でも高く売れる?スズキワゴンRスティングレーの査定について 売却査定は、やはり定価価格も大きく影響します。 ブランドイメージを確立したワゴンRの3代目は2003年9月に登場。 3 万円 スティングレー T 2012年 (平成24年) 2. インテリアの質感も向上しており、TSにはフロントドアトリム、フロントドアスピーカーにブルーイルミネーション、メーターにも自発光の3連タイプを装着する。 オーストリア• (2019年1月データに基づく) ワゴンRスティングレー7年落ち:流通量がわかるグラフ 流通量は2019年1月に多くなっていることが確認できます。 外観デザインは3代目モデルと同様に横長タイプのディスチャージヘッドランプや半透明のフロントグリルなどを採用した。

>