コロナ 国内 感染。 コロナ国内感染10万人超す 2カ月半で倍増、東京3割―1日800人超、8月以来:時事ドットコム

新型コロナウイルス感染者数の推移:朝日新聞デジタル

死者は大阪府で8人、北海道で4人など計14人増えた。 各地の自衛隊病院でコロナ患者を受け入れている実態もあり、「無尽蔵…• 北海道では252人の感染が判明。 重症化リスクの高い65歳以上は88人。 300人を下回るのは、11月24日(186人)以来となる。 また、中立的な視点でデータを見てほしいという観点から、このページではあえて解釈をつけていない。 死者は累計1761人。 各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は、累計で次のとおりです。

>

国内、新たに2434人感染 死者32人、重症は減―新型コロナ:時事ドットコム

特設ページはも公開している。 ワクチンへの不信感を無くし、接種を促すためだという。 30代(48人)、40代(41人)と続き、比較的若い世代で6割超を占めた。 累計感染者が5万人を超えるまで7カ月近くかかったが、その後の約2カ月半で倍増した。 また、データおよびソースコードはで公開している。 大阪…. そこでこのページでは、錯綜する情報を整理し、データソースを厚生労働省や都道府県の公式発表に絞り、確度の高い情報を提供することに注力した。

>

国内、新たに2434人感染 死者32人、重症は減―新型コロナ:時事ドットコム

国内の新型コロナウイルス感染者が29日、累計10万人を超えた。 国内で初めて感染者が確認されたのは1月16日。 では厚生労働省や都道府県の公式発表を基に、様々な角度から新型コロナの現状が把握できる• 重症者は29人で、前日より1人減った。 東洋経済オンラインではを2月より公開し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するデータの整理と可視化を行っている。 都によると、20代が58人で最多。

>

【国内感染】コロナ 最多45人死亡 2442人感染(午後9時20分)

医師ひとりでな…• もし修正履歴などを確認したい場合はこちらも参照してほしい。 デザイン面ではダークモードを基調に危険色を使わないフラットな配色で制作し、「不安を煽らないこと」を最優先とした。 群馬県は44人で過去最多を更新した。 都によると、新規感染者の年齢層は20代が132人で最も多く、30代(102人)、40代(90人)、50代(83人)と続いた。 80人を超えたのは8月21日以来となる。 愛知県では87人の陽性が判明。

>

データ:「新型コロナウイルス国内感染の状況」

このうち、東京都での確認が3割の3万人超を占め、続いて大阪(1万2000人超)、神奈川(8000人超)、愛知(6000人超)の順に多い。 新型コロナに対応する医療提供体制の…• その後も感染者が相次…• 前日より11人増え、4日連続で500人を超えている。 200人を超えるのは3日連続で、半数超の156人は札幌市で確認された。 都によると、市場関係者で初めて感染者が出たのは8月15日。 大阪府も過去2番目に多く、6日ぶりに400人を超える463人が陽性となった。

>

国内、新たに2434人感染 死者32人、重症は減―新型コロナ:時事ドットコム

愛知県では2日連続の200人超となる217人が陽性となった。 都の基準による重症者は前日から6人増え、67人になった。 政府は、4月と5月にもそれぞれ事業規模100兆円超の対策を打ち…• データに関する疑問などがある場合には、より受け付けている。 医療スタッフがとるべき判断の手続きを、日本集中治療医学会などのグループが提言にまとめた。 厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、4日時点で505人(+8)となっています。 特に地図に関しては「この地域で感染者が急増している」といった情報は差別や風評被害につながりかねないため、冷静に事実を把握できるように注意を払った。 このページでは厚生労働省や都道府県の公式発表を基に、検査陽性者数、重症者数、死亡者数、PCR検査人数・件数、実効再生産数や年齢別の陽性者数など、様々な角度から新型コロナの現状が把握できるようになっている。

>

国内、新たに2434人感染 死者32人、重症は減―新型コロナ:時事ドットコム

データについては様々な解釈があるだろうが、まずは議論の土台となるデータをしっかりと把握していただきたい。 なおデータの仕様や定義に関してはグラフ下の注記や「よくあるご質問」の欄も参考にしてほしい。 国内では2日、新たに2434人の新型コロナウイルス感染が確認され、1日当たりの新規感染者が2日続けて2000人を超えた。 厚生労働省の専門家組織は28日、現在の感染状況を「10月以降、微増傾向が続いている」と分析している。 。

>