大村 大次郎。 【お勧め】大村大次郎先生! 税金対策術おすすめ本ピックアップ!【書籍】

楽天ブックス: 経済戦争としての本能寺の変

『元国税調査官が暴くパナマ文書の正体』ビジネス社 2016• 税が格差社会を作った』 2007 『悪税が日本を滅ぼす 元国税調査官が暴露する不公平税のからくり』• ベストセラーとなった『あらゆる領収書は経費で落とせる』(中公新書ラクレ)をはじめ、税金・会計関連の著書多数。 『・謎と陰謀 元国税調査官が暴く国策捜査の内幕』あっぷる出版社(2006年)• つまり、「労働者の生活が守られないと景気はよくならない」という意識が、国全体に浸透しているのです。 『役人に学ぶ「闇給与」のススメ』 2013• 家康は、その大量の金をできるだけ、自家にため込んだ。 『老後破産は必ず防げる 年金と老後資金を増やす裏ワザ! 一度読み終えて何か引っかかる箇所が有り何度か読み返しても、個人的に思う事が疑問符だらけでした。 アメリカ 176 イギリス 187 フランス 166 ドイツ 155 日本 91 このように日本の賃金状況は、先進国の中では異常ともいえるような状態なのです。 前述したように信長の場合は「直轄領」と「家臣領」の明確な線引きがなかった。

>

大村大次郎 新刊情報 (279作品)

『・謎と陰謀 元国税調査官が暴く国策捜査の内幕』あっぷる出版社(2006年)• それを考慮して家康の資産額を現代価値に換算すると、想像もつかないような金額になるはずだ。 ・経済学者としてのポンコツさ この竹中平蔵氏の労働分配率だけを抽出して日本経済を分析するやり方は、明らかに雑なものの見方だったのです。 『会社の仕打ちに泣き寝入りしない100の方法』データハウス(2001年)• ワーキングプアという言葉が使われだしたのも、小泉内閣以降なのです。 裁量労働制の拡充でサービス残業が蔓延し、労働者派遣法の緩和で派遣労働者が爆発的に増えたのです。 『脱税調査マニュアル』()• window. 5倍以上になっています。 『脱税ハンドブック』データハウス( ISBN 4-88718-857-9)• 『マイナンバーで損する人、得する人 元国税調査官がズバリ教える』ビジネス社 2015• 国税調査官の簿記の知識は高くない 大村大二郎氏は、国税調査官の会計知識は、それほど高度ではないと解説します。

>

大村大次郎とは

竹中平蔵氏の政策の最大の罪は、日本の雇用環境を滅茶苦茶にしてしまったことです。 しかし竹中氏にはまだまだ様々な疑惑、不祥事があります。 『一瞬で決算書を読む方法 税務署員だけのヒミツの速解術』 2014• 日本は労働分配率が高い。 会社が社員に高い給料を払っているので、日本の経済が駄目になったというのです。 『よく分かるサラリーマンスーパー節税術』監修、(2004年)『図解給与所得者のための10万円得する超節税術』祥伝社黄金文庫• あまりに露骨すぎて笑い話にもならない、ただただ唖然とするだけです。

>

大村大次郎に学ぶ 国税調査官の考え方

その点をごまかしながら、実務をしているのが現状ではないでしょうか。 』INTELLIGENCE 2014• 『お坊さんはなぜ領収書を出さないのか』 2012• 『リストラ父さん定年父さん』データハウス()• を超える日本経済最大のタブー』ビジネス社 2016• 『給料、役員報酬は払い方を変えるだけで5割アップできる! 『あらゆる領収書は経費で落とせる』 2011• 元国税調査官。 労働分配率を下げれば、家計は苦しくなる。 信長も秀吉も、日本の主要鉱山のかなりの部分を押さえていたが、家康ほど包括的に押さえていたわけではない。 『節税ウラワザ集』データハウス()• 家康は、まだ一地方の領主にすぎなかったからだ。 『「金持ち社長」に学ぶ禁断の蓄財術 あらゆる領収書を経費で落とす! 0人が参考になったと回答. 著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) タイトルと帯封が気になって購入です。 お金持ちだけが知っている税金の裏ワザ』日本文芸社 2009• アナログ夢親父 評価 1. で本名は不詳。

>

大村大次郎とは

「2020年 『会計の日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。 『お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」 こんな見方があった! 『図解脱税のススメ 驚くほど手口がよくわかる』彩図社 2007• 政府が賃下げを推奨しているのであれば、企業としては万々歳です。 このように先進国の政府というのは「賃上げを後押しする」ことを基本姿勢にしているのです。 『の秘密』データハウス(2002年)• 『退職後、すぐやる税金還付術 お父さん、その税金払いすぎ! 今から400年前の戦国時代に42トンの金を保有していたというのは、相当の財力だったといえるだろう。 しかも投資家の税金は本来の半分の10%に免除されました。 これは、決して国税庁が認めることはないが、税務調査での追徴税というのは、勤務評定に確実に影響している。 そして竹中平蔵氏は日本の経済をその持論どおりに誘導していきました。

>

大村大次郎 おすすめランキング (279作品)

あの自由の国のアメリカでさえ、日本の中央銀行にあたるFRBに「雇用を守る義務」を課しているほどなのです。 日本企業は、それまで欧米よりも安い商品を大量につくることで貿易黒字を稼いでいました。 それは、当然です。 これまでに「お金の流れ〜」のシリーズを3作ほど読んできましたが、この 【戦国時代編】もめちゃくちゃ面白かったです! 前回の【現代権力史編】と合わせて読むと、権力を持つ人とお金の流れの相関が感じられて学びが深くなるのかなと! 学校で習う歴史って「史実の暗記」や「どんな人物だったか」みたいな部分がメインでぶっちゃけ面白くなかったんですよね・・・。 』 2011• マンガ「死ぬまで愉快なの裏ワザ」(2004年 ISBN 4-57529-690-2)• 実際に、高度な会計知識は持っていないのである。

>

大村大次郎

元国税調査官である著者は今まで数千・数万のビジネスモデルを見てきた。 この 存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。 『元国税調査官が明かす金を取る技術』光文社新書 2015• 近代国家としては、当然行われるべき「賃上げ」がされていないのです。 『お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない』KADOKAWA 2016• 信長や秀吉は、勢力圏内の主な金山、銀山を直轄地にしていたため、金、銀を大量に入手したことが知られている。 マンガ「死ぬまで愉快なの裏ワザ」(2004年 )• もちろん、ある程度は、会計知識を持っているが、よくて簿記2級程度である。 しかし、竹中氏の場合は、それもなかったのです。 しかし、この四百万石は家臣たちの所領も含めたところである。

>

quant-econ.net

先行き不安な世の中を渡っていくために、大切なお金の守り方を知りましょう。 退職後、ビジネス関連を中心としたフリーライターとなる。 竹中平蔵氏の政策の最大の罪は、日本の雇用環境を滅茶苦茶にしてしまったことです。 ほかの先進国はほとんどが50%以上、中には100%近く賃金が上がった国もありますが、日本だけは賃金が下がっているのです。 金の大判一枚の金の含有量はだいたい165gなので、純金にして約42トンということになる。 『元国税調査官が明かす税務署の秘密 納税者必読! 信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。 ベストセラーとなった『あらゆる領収書は経費で落とせる』(中公新書ラクレ)をはじめ、税金・会計関連の著書多数。

>