総務 省 電波 利用。 日本経団連:総務省 電波有効利用政策研究会 最終報告書(案) 「電波利用料制度の見直しのための基本的な考え方」に関する意見 (2004

総務省、電波割当制度を見直し 携帯競争促進へ議論開始

5.納付義務者の範囲(第6章) 1 免許不要局の扱い(第6章第1節) 現在、電波利用料の徴収対象外となっている免許不要局は、基本的に低出力のものに限定されているため、電波秩序に混乱をもたらす恐れが小さく、また、周波数帯の品質が保証されず、周波数帯に対する排他的権利も有していない等、免許局とは全く異なる性質を有している。 短波に比べて多くの情報を伝えることが出来るため、FMラジオ放送用や多種多様な業務用移動通信に幅広く利用されています。 2 国、地方公共団体の扱いについて(第6章第2節) 国、地方公共団体が開設する無線局については、電波利用料の徴収免除等の特例措置が設けられているが、他の無線局免許人と同様に電波利用料を徴収すべきである。 「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」の推奨環境。 来年夏をめどに報告書を取りまとめる。 記 ~総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite利用規約~ 1. 本システムの利用において、ログインの状態または申請フォームでの入力等を行った状態で一定時間アクセスが無い場合は自動的にセッションタイムアウトとなります。 【対象無線局(再免許申請時の添付書類省略)】 地上一般放送局、簡易無線局、構内無線局、気象援助局、標準周波数局、特別業務の局、固定局、基地局、携帯基地局、無線呼出局、陸上移動中継局、陸上局、船舶局、遭難自動通報局、陸上移動局、航空機局、携帯局、船上通信局、移動局、無線標識局、無線航行移動局、無線標定陸上局、無線標定移動局、無線測位局、特定実験試験局、アマチュア局(人工衛星等のアマチュア局を除く。

>

総務省、電波割当制度を見直し 携帯競争促進へ議論開始

ヘルプデスクにお問い合わせをいただく際に、お名前やお電話番号をお尋ねする場合がございます。 2019. なお、工事設計書の提出の省略については、従前と同様、再免許の申請時までに工事設計の内容に変更がなかった場合又は変更があった場合は当該変更許可・届出の際に全部の事項について記載した工事設計書(船上通信局、特定船舶局、遭難自動通報局及び無線航行移動局については無線局事項書及び工事設計書)の提出した場合に、工事設計書の提出を省略(船上通信局、特定船舶局、遭難自動通報局及び無線航行移動局については工事設計に係る部分の記載を省略)することが可能です(免許手続規則第16条の2、第17条)。 ICカードリーダライタを準備します ICカードタイプの電子証明書を利用する場合は、ICカードから電子証明書を読み取るためのICカードリーダライタが必要となります。 申請(届出)書に追加した項目:• 第4章第3節 2 (P53)に、「一定の区分の帯域幅ごとにその帯域特性を勘案した徴収総額を設定し」とあるが、帯域ごとの徴収総額を決める際には、電波の使用形態等の違いを勘案せず、公平な料金を算定する必要がある。 従って、料額算定の公平性を確保するためにも、「類似の形態」や「同じ目的」といった限定的な表現を削除すべきである。 この点、最終報告案が「電波の有効利用の促進と電波利用料負担の公平性の確保を図る観点から、料額の算定方法について見直す」としている点は適切である。

>

問い合わせ先

複数回のやりとりがありますので、申請提出後はメールと申請履歴照会にて進捗をこまめにご確認ください。 なお、アンケート用紙が昨今の自然災害により甚大な被害にあわれた皆様に届きました場合は何卒ご容赦ください。 現在の技術では巨大な無線設備が必要で、また水蒸気による吸収が大きいという性質があるため、通信用としてはほとんど利用されていませんが、一方では、ミリ波と同様に電波望遠鏡による天文観測が行われています。 Q10:. 無線局事項書から削除した項目:• 調査実施機関 本調査は、株式会社中外に委託して実施します。 専用ソフトウェアのインストールとインストール後の設定をします お持ちのICカードの種類により設定内容が異なります。 備考 以下、総務省「電波利用ホームページ」から、電波監視の概要や施策等を参照できます。 超長波(VLF: Very Low Frequency) 超長波は、10~100kmの非常に長い波長を持ち、地表面に沿って伝わり低い山をも越えることができます。

>

総務省 電波利用ホームページ|周波数割当て|周波数帯ごとの主な用途と電波の特徴

インストール後、ICカードに格納されている電子証明書をパソコン内の証明書ストアへ登録する必要があります。 トップページ()は緑色をベースにした明るいデザインで「免許関係」「電波利用料」「電波環境」「周波数割当て」「無線局基準認証制度」「その他」の各コンテンツへの一覧が並んでいる。 2020. 免許不要局に負担を求めることについては、ユビキタス社会の発展を目指しているe-Japan戦略、新産業創造戦略など国の基本方針に逆行する面がある。 この周波数帯についても、無線通信技術の発達による今後の利用拡大が期待されています。 利用環境について 本システムはCookieおよびJavaScriptの使用が無効になっている環境ではご利用いただけません。 今般、電波の有効利用の促進と電波利用料の負担の公平性いう観点から、総務省電波有効利用政策研究会が最終報告書(案)「電波利用料制度見直しのための基本的な考え方」(以下「最終報告書案」を参照)を公表し、広く意見を募集したことは、時宜を得ている。

>

総務省 電波利用ホームページ|周波数割当て|周波数帯ごとの主な用途と電波の特徴

なお、この新たな利用料制度により、「携帯電話事業者と放送局等の間の負担の不公平」や「逆インセンティブの問題」が、利用料総額を現状水準以下に抑制するという前提の下で、どのように解消されうるのか、最終報告書においても定量的に示す必要がある。 調査の目的 近年、スマートフォン等の利用はますます増大、多様化の一途をたどり、電波利用環境保護はより一層重要な課題となっています。 「電波有効利用」という定義だけでは恣意的に広義に解釈される可能性もあり、具体的な研究テーマを利用料で賄う必要性が利用料負担者によって容認されない限り、使途拡大はすべきでない。 システムのユーザID・パスワードの管理並びにこれらの管理から派生する責任は利用者が負うものとし、総務省は一切の責任を負いません。 ・地方公共団体認証基盤(LGPKI)発行の職責証明書を利用する場合 職責証明書取得時に配布される「LGWAN用ICカードドライバ」に付随する「証明書登録ツール」をインストールしてください。 総務省が策定した携帯料金値下げに向けたアクションプラン(行動計画)の一環で、新たな電波を獲得したい事業者間の競争を促すのが狙い。 ユーザID 通知書到着後の手続き パスワード変更方法 (スマートフォン等で表示の場合)• なお、第4章第3節 3 (P52)において、6GHz以下の帯域をすべて逼迫帯域と観念することが適当としているが、まず、利用状況の調査・評価・公表を、「公務用」を含めて例外なく実施し、実際の逼迫の状況を正確に把握するべきである。

>

電子申請の準備

このため、比較的短距離の無線アクセス通信や画像伝送システム、簡易無線、自動車衝突防止レーダー等に利用されている他、電波望遠鏡による天文観測が行われています。 <電子申請・届出システムLite ご利用の手引き>は <電子申請・届出システム ヘルプデスク> 電話:0120-850-221(月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時まで) <電子申請ご利用にあたってのご注意>• また、研究件名、予算等を行政の裁量で拡大することのないよう、計画を事前に公表し、免許人等の理解を得た上で必要となる経費について負担するなど、その研究や費用総額を明確にすることが必要である。 総務省 電波利用 電子申請・届出システムliteとは?• 再免許申請(PC 表示の場合)• リニューアルされた総務省の「電波利用ホームページ」のトップ画面 「電波利用ホームページ」のリニューアル 総務省は昨年10月、電波法施行規則と無線局免許手続規則等の改正を告示し、今年1月1日から施行された。 マイクロ波(SHF: Super High Frequency) マイクロ波の波長は、1~10cmで、直進性が強い性質を持つため、特定の方向に向けて発射するのに適しています。 その理由は、下記の通りであるが、使途拡大については、コンセンサスが得られないまま最終報告書で方向性を示すべきではなく、報告書より第5章を削除し、別途、時間をかけて検討すべきである• 申請の内容に関する連絡先の欄中、「所属、氏名」欄のフリガナ(別表第一号~別表第一号の四)• 手元に「電波利用 電子申請・届出システム Lite」用のIDとパスワードがないと利用できないので注意したい。 ただし、「無断転載を禁じます」等の注記があるものについては、当該注記に従ってください。

>