スーパー フォア ビークル。 WAKO'S ワコーズ より 新製品登場!!S

WAKO'S ワコーズ より 新製品登場!!S

エンジンの寿命延長• 油膜が薄くなる事で金属同士が接触しそうな時、この 2つの FM が共同で働き、金属同士の接触を防止します。 変わった特性というのは、この添加剤の使用用途が多種多様という事です。 自分の車も見てみたのですが、見事に汚れてます…。 まとめ 目に見えてオイル漏れがない場合のオイル消費は、エンジン内でのオイルが漏れが原因です。 ワコーズブランドの安心感がありますね。

>

【スーパーフォアビークル・シナジー】オイル添加剤といえばコレ的なワコーズの人気商品!!

過走行車ですが、このオイル添加剤をつかってからノントラブルです。 08 どうも、ユウマです。 オイルの酸化、劣化を防止し、オイル寿命の延長• 以下に慣性に従って一定の速度で車を走らせることが出来るか、こちらの方が添加剤云々よりも抜群に効果があると思いますので、車の燃費が悪いと感じたら、まずは運転方法を見直してみる事をおすすめします。 エンジンレスポンスがアップ。 使用方法は従来通りで3L~6Lに一本全量注入、注入時はオイルジョッキ内でオイルと添加剤を良く混ぜてからエンジンに注入します。 いつものオイル交換直後と同じような気はしますけどね。

>

WAKO'S ワコーズ より 新製品登場!!S

キレイになってました!これならピストンリングの汚れやカーボンも落ちているかもしれません。 僕の車のスペック ・スバル、R2(型式CBA-RC1) ・駆動方式FF ・エンジンEN07 SOHC NA ・走行距離23万キロ以上 症状 マフラーからの白煙(オイル消費の典型的な症状)はありませんが、以前から1000キロから2000キロ走行するとオイルゲージの半分くらいオイルが減っていました。 漏れているわけではなさそうなので、中で食われている(?)感じだと思います。 エンジンオイル添加剤としての効能は、エンジンフィーリング向上、出力・燃費向上、洗浄作用、有毒排出ガス低減など、かなりの効果を発揮します。 お問い合わせ・ご予約は、工場長直通ホットライン 090-3053-9153 (営業 AM10:30~PM6:30 日・祝休み) 人気記事トップ10• CVT 採用車種も、始めは小排気量の車重も軽量な部類でしたが 燃費ウォーズの始まりで. OH後たまにガンガン走ってからオイル確認すると減りが早いです。

>

WAKO'S ワコーズ より 新製品登場!!S

清浄分散性を強化しエンジン性能低下防止 って言われても良くわかりませんよね! 簡単に説明すると オイル性能低減防止 経年によるオイルの酸化、劣化で「潤滑性能」「清浄性能」などのエンジンオイルには必要不可欠な性能の低下を防止しオイル寿命を延長。 遅効性のエンジン洗浄剤なので走りながらゆっくりと汚れを落としていきます。 このエンジンオイル添加剤の効果は抜群ですが、シュアラスターと言うとどうしてもカーワックスやコーティング剤のイメージが強すぎということでおすすめランキング第2位に選定しました。 「スーパーフォアビークル」は摩擦軽減の効果が期待できますので、長期的に見ればターボ車におけるタービン保護の効果も期待が出来るという事です。 「オイルシステムデュアルブ」の効果• その為、場合によっては吸気ポートに大量のカーボンやデポジットが溜まる事があります。 添加剤はその機能アップという目的が主となります。 肩書きよりも経験にこだわる。

>

WAKO'S スーパーフォアビークル リニューアル

オイルキャップを閉め、5~10分間アイドリングをする。 和光ケミカルという会社は、現場主義が非常に強く、営業マンが熱心に自動車整備工場を回って自社製品のデモンストレーションを行います。 数多あるエンジンオイル添加剤の中でも高性能なのが今回紹介したワコーズ「スーパーフォアビークル シナジー」です。 すこし値上がり。 確かに、短距離走行の機会が多いかもしれませんね・・・ そんなシビアコンディションにスーパーフォアビークルは効果適面です! レースで有名なワコーズ。

>

オイル消費はオイル添加剤で止まるのか ワコーズ eクリーンプラスとスーパーフォアビークル投入

分かりやすいのがシフトダウンされたときのエンジンブレーキが効いてる際のフィーリングです。 よって eクリーンプラスを投入して2800キロ走行後にオイル交換となり、 スーパーフォアビークルも一緒に投入です。 但し、バイクなど2サイクルエンジンの場合は、エンジンオイルが燃焼しますので、オイルを足す際にそれぞれの規定量を注入してください。 目的はオイル消費を食い止めることなので、また1000キロ走行後にオイルの量を確認してみます。 この両側のファンを結ぶ軸は、軸受けに乗っかっていますが、エンジンオイルが供給されると軸と軸受けの間に油膜が出来て分離された状態になります。

>