吸入 薬 指導 加算。 吸入薬指導加算を解決したい

吸入薬指導加算

算定の難易度は非常に高いと言えるでしょう。 ただ申し訳ないんだけど「20点」を積極的にとりにいこうとは思わないんだ。 こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。 調剤料の麻薬加算は、麻薬を調剤すれば必ず算定できるため、若干要件が緩和された形となります。 さらに新規で追加された基準が2つ。 翌月5月には処方が、シムビコートタービュヘイラー(初処方) に変更になっていたので「3か月以内」という部分以外の算定要件を満たした吸入薬指導を行いました。 服薬指導であったり在宅であったり、どれでもそうですが、コミュニケーションがとれないような薬剤師は今後、転職や就職がさらに難しくなるでしょう。

>

吸入指導加算について

しかし、麻薬が処方されるかどうかは、患者さんと医師次第です。 薬剤師は情報戦です。 現在、処方箋1枚を薬局に持ってきてもらうと、調剤基本料1(42)+地域支援体制加算(35)=77点、770円もらえるわけですが、この変更に該当しちゃう薬局は、77点が26点になります。 群馬県薬剤師会のクオリティーが高いので、参考までに紹介リンクします。 ア 文書及び練習用吸入器等を用いて、吸入手技の指導を行い、患者が正しい手順で吸入薬が使用されているか否かなどの確認等を行うこと。 4 1 の「文書による吸入指導の結果等に関する情報提供」とは、 吸入指導の内容や患者の吸入手技の理解度等について、保険医療機関に情報提供することであり、文書の他、手帳により情報提供することでも差し支えない。

>

吸入薬指導加算の新設。概要や要件、算定タイミングなんかをまとめたよ

また、患者もしくはその家族等の求めがあった場合であって吸入指導の必要性が認められる場合に、医師の了解を得て行う。 ただし、患者への吸入指導等を行った結果、患者の当該吸入薬の使用について疑義等がある場合には、処方医に対して必要な照会を行うこと。 menu-item-has-children:after, drawernav3 ul. しかし、今回新たに追加になる「調整支援料2」は、文書で提案を行った段階で算定することができる、ちょっと緩和された感じの点数になります。 令和2年9月1日から吸入薬にかかわらず服薬期間中のフォローアップが義務化されています。 これに関しては疑義解釈がそのうち出るでしょう。

>

薬局長目線でポイント解説②:令和2年度(2020年)診療報酬改定

その他にも算定例として参考になるものとして、m3. 指導内容を手帳に添付する、または速やかに医院へ提出する• 3、患者さんの情報を聞くことができる など色々な特典が生まれます 医師と仲良くなるにはどうすればいい?• 最後に 相変わらず、調剤基本料1とそれ以外の算定要件の差があり過ぎと感じます。 同一グループで、受付回数が月3万5千回超〜4万回、集中率が95パー超なので、「大型チェーン薬局」と書いてありますが、さきほどお伝えしたマンツーに近い薬局を20店舗ぐらい抱えているような、小規模なチェーンが該当します。 また、当該加算の算定に関する保険医療機関への情報提供については、服薬情報等提供料は算定できない。 イ 保険医療機関に対し、 文書による吸入指導の結果等 に関するを文書により情報提供を行うこと。 イ 患者若しくはその家族等の求めがあった場合等、調剤後の薬剤管理指導の必要性が認められる場合であって、 医師の了解を得たとき 引用: P22 従って、 患者さんから求めがあっただけじゃできませんし、薬剤師が必要性を感じただけでも無理です。 何かご質問、要望等ありましたらコメントください。

>

吸入薬指導加算

なお、保険医療機関に情報提供した文書等の写し又はその内容の要点等を薬剤服用歴の記録に添付又は記載すること。 吸入薬指導加算算定時の処方元への情報提供 指導の結果を医療機関に文書で情報提供する際には、吸入指導の内容や患者の吸入手技の理解度などについて盛り込む。 処方せんに指導を行うよう医師に指示を出してもらうためにはどうすればいいのか? 1、吸入指導加算とは? 目的 吸入薬指導加算は、喘息又は慢性閉塞性肺疾患の患者が吸入薬を適切に使用し、治療効果の向上や副作用の回避に繋げる 算定要件 以下のア及びイを行った場合に 3月に1回に限り算定する。 comの薬剤師掲示板を見るには会員登録が必要ですが、登録は無料でできます。 ) 近いうちにこのブログでもメディコムレセコンでの調剤料シュミレーションについて取り上げたいと思っています。 ポイント ・文書のみでは算定不可。 1つ目は、服薬情報等を文書で医療機関に提供しなさいということで、それが12件。

>

吸入薬指導加算 テンプレート 情報提供書

常勤薬剤師1人につき12回以上の在宅実績は、 そこまで厳しい要件ではないですが、前回と変わらず、施設在宅の実績が含まれないのはつらいところです。 この場合において、区分番号15の5に掲げる服薬情報等提供料は算定できない。 吸入指導加算は3ヶ月に1回まで30点です。 1ヶ月とかにしてくれればわかりやすいのですが。 ここが、今まで調剤基本料1(42点)という高い点数を取っていて、今回新たに調剤基本料3(21点)になってしまう場所になります。

>

2020年、調剤報酬改定のポイントと変更点まとめ。地域支援体制加算、吸入薬指導加算、服用薬剤調整支援料2、等

どの薬局でも点数を取れるわけではなく、あくまで地域支援体制加算を取っている薬局だけが取れる加算、というのができました。 これの対策として「服用薬剤調整支援料2」というものが追加されました。 例えば、シムビコートはデモ機の他に、吸入確認ができる赤い笛(タービュテスター)をメーカーが用意してくれています。 薬剤服用歴に基づき、重複投薬、相互作用の防止等の目的で、処方医に対して照会を行い、処方に変更が行われた場合は、重複投薬・相互作用等防止加算として、次に掲げる点数をそれぞれ所定点数に加算する。 吸入薬の投薬が行われている患者本人あるいはその家族から求めがあった場合等、吸入指導の必要性が明らかであり、なおかつ医師の了解を得ている、または保健医療機関の求めに応じて、患者本人の同意を得た上で行うこと。 ただし、患者への吸入指導等を行った結果、患者の当該吸入薬の使用について疑義等がある場合には、処方医に対して必要な照会を行うこと。 どうですかね。

>

吸入薬指導加算が新設|2020年(令和2年)の調剤報酬改定について

より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 (もしくは一包化加算などを減点していくとか、「1剤につき」というところにメスを入れるか?) ただ、今回の改定では6,7日分、13,14日分の処方のみ減点となりますが、1~5日分、8~11日分までだと調剤料が増えることになります。 敷地内薬局とか、そういうところをより厳しくしますよ という視点で見直しが行われます。 内容の転載は致しかねますが、個別指導でのやり取りなどは非常に勉強なる内容でしたのでこちらも閲覧してみることをおすすめします。 保険医療機関からの求めがあった場合• 2 当該加算に係る指導は以下のア又はイの場合に、患者の同意を得て行うものであること。 オ 同時に複数の処方箋を受け付け、複数の処方箋について薬剤を変更した場合であっても、1回に限り算定する。 前回の算定から3か月以内ですが、この場合は算定できます。

>