中国 コロナ 賠償。 先進主要7か国コロナ損害「430兆円」 米と同盟国「中国に国際裁判起こせ」論

中国に全世界が激怒。新型コロナ情報隠蔽に5500兆円の賠償要求

ラスムセンは「この世論調査の結果は、中国に対する米国民の感情が悪化していることを表している」と分析した。 中国外務省の華春瑩報道局長は、対中強硬姿勢を強める米国について「有罪を推定しながら中国を調査したり、賠償を求めたりすることには断固反対する」と強調した。 出入りする報道関係者にもPCRと体温の検査が課せられた。 調査は11月15日と16日に実施した。 そのため 日本にも同時期、武漢ウイルスが入ってきていた可能性は捨てきれないのだ。 そんな中国に対し、英米では損害賠償の請求が具体的に議論され始めた。 さらにアメリカやオーストラリア、ブラジルなどでも、これと似た動きが起きている。

>

英独仏も、世界に広がる中国への賠償請求の動き 新型コロナが生み出した世界の新たな対立構造(1/3)

2020. マーシャ・ブラックバーン議員は民間企業に対しても賠償請求を要求することを要請している。 中国、建国以来の危機へ 中国は、新型コロナウイルスで1949年の建国以来の危機に直面している。 インド弁護士協会も、国連人権理事会 UNHRC に対し、中国に賠償を請求するよう求めている。 中国の常識は、これだけ世界の常識と異なっているのだ。 さらに、崔氏は米紙『ワシントン・ポスト』のコラムに寄稿し、新型コロナ感染拡大の原因が中国にあるとの主張は、世界の2大経済大国である米中を「分断」する恐れがあると指摘した。 米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは21日、米国で「中国は新型コロナウイルス感染症による被害を賠償すべき」と認識している人の割合が増加傾向にあると報じた。 コロナウイルスは このスパイクタンパク質を通じて人体細胞の受容体と結合)• 警察は これを「社会秩序を乱すデマ」だとし、翌年1月3日に李氏を呼び出して訓戒処分。

>

米国人の60%「中国は新型コロナによる被害を賠償すべき」、前回調査時より上昇―米メディア|レコードチャイナ

一方の日本では、中国に対する責任追及や、感染症の原因を究明する動きが後退している。 葬儀では、「泣き屋」を雇い、故人の人柄と財力を吹聴する、という趣向である。 「もう以前の生活には戻れない」と言われているが、収束した後の世界はどう変わってしまうのか。 また、参議院、衆議院が手を組み「中国の新型コロナウイルス(COVID-19)における対応の詳細を調査」「ウイルスはアメリカ発だとデマを流した責任」などを詳しく言語化し、責任を追及するという法案も進められており、可決以降、中国に対する損害賠償金額の計算を行うと宣言しています。 新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっているが、 感染拡大の原因は中国の初動対応の誤りが主要な原因だとして、現在、米国、英国、イタリア、ドイツ、エジプト、インド、ナイジェリア、オーストラリアの8カ国の政府や民間機関が中国政府に賠償を求める訴訟を起こしている。 韓国人も悪いが、アメリカはもっと悪いってのは尤もな言い分だよ。 各国の発信内容を見ると、「国際正義」という言葉が並んでいる。

>

【コロナ】 8カ国が中国に賠償請求、合計額 1京1000兆円

社説は同紙の編集主幹によって書かれ、ドイツが受けた被害への賠償金は総額1650億ドル。 さらにコロナウイルスの発生源は中国の細菌研究所とするもの、人工的に作られたものなどの疑惑が上がっています。 プーチン政権がそれを封印し、中国を擁護したのは、中国に恩を売ることで、「コロナ後」の経済再建で支援を求める深謀遠慮がありそうだ。 世界中に新型コロナウイルス禍を広げた責任などこれっぽっちも感じていない。 中国はこうした法案に強く反対し、必要に応じて対抗措置を講じていくと述べた。 12月31日にクラスターが発生して人から人へ感染することがわかっていたが、WHOは1月にはいってからも人から人への感染を否定していた。 また、共産党機関紙『人民日報』系の『環球時報』は7日付朝刊で「ウイルスはいかなる国にも出現する可能性があり、どの国が最初にまん延しようとも法的責任はない。

>

中国、コロナ克服の嘘。世界の常識から外れた習近平を襲う2つの危機と倒産ラッシュ=勝又壽良

武漢市での『新型コロナウイルス拡散』の経緯 武漢市での新型コロナウイルスの動向を、時系列で並べてみることにする。 今回のコロナ禍は、こういう中国の常識外れが、世界で糾弾される機会となろう。 この種の動きでとくに注視されたのは4月17日のトランプ大統領の言明だった。 ウソの歴史だが、生物兵器を研究した疑いがあるとして、旧日本軍の「731部隊」の"罪"を追及する左翼勢力も、今こそ、中国の生物兵器を問題視すべきではないか。 世界的な疫病のいくつかは最初に米国で広まったが、米国に賠償を求めた国はない」とする大学教授の論評を掲載。 なぜなら、西側諸国でまん延しているウイルスは中国ではなくそれらの国々で変異したものだからだ。 2020年9月16日、ワシントンタイムズは中国軍関係者1人が欧州へ亡命し、米国諜報機関が中国共産党が秘密裏に開発しているバイオ兵器プロジェクトへの理解を深められるよう協力したと報じた。

>

新型コロナウイルス/孤立する中国の賠償責任問題

中国外務省の報道官が、米軍が自国にウィルスを持ち込んだ可能性に触れたことに関し、「我々の軍隊がウィルスを中国に持ち込んだという偏見が生まれる」と否定した。 他のG7各国に対しても最低3. わたなべ法律会計事務所所属。 これに4万世帯以上が参加。 これは、初期対応の誤りを批判するものだ。 ドイツの著名なウイルス学者のアレクサンダー・ケクレ氏も先ごろ、『現在、世界的にまん延しているウイルスはのウイルスではない。 むしろ特徴が 人為的に作成された物に合致していると論証。 が最初に発生した中国に対し、世界各国から賠償金を求める動きが出ていると伝えられている。

>

先進主要7か国コロナ損害「430兆円」 米と同盟国「中国に国際裁判起こせ」論

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし) 元『週刊東洋経済』編集長。 それでも新規感染者数が「ゼロだ」と主張し、ウイルスの発生起源を他国に押し付け、不良品のマスクを売りつけるかの国は、今後どのような道を歩むのでしょうか。 感染が広がった可能性が高い。 このような状況を引き起こした原因は、中国政府の隠蔽工作とする非難の声が世界各国で起きてきました。 2019年10月、武漢科技大学天祐医院の駐車場の車両数は、前年同月と比べて67%増。 ここに中国共産党の「隠蔽体質」の重大な欠陥が現れている。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。

>

新型コロナウイルス/孤立する中国の賠償責任問題

たとえばミズーリ州当局による訴訟は中国の政府や武漢市に総額440億ドルに達する賠償金支払いを要求した。 第1段階はナイジェリア連邦高等裁判所、第2段階はナイジェリア政府を説得して国際司法裁判所へ訴訟を起こすとしている。 環球時報によると、マレー氏は5日、英紙The Spectatorへの寄稿で、「英国に与えた損害のつぐないとして中国に賠償金を支払わせるために、英国は制裁と砲艦をテーブルの上に乗せるべきだ」と主張した。 インド法曹協会会長アディッシュ・アガーワラは、「中国は人類を滅ぼす生物兵器を秘密裏に開発している」として相応の賠償を請求できると発言している。 中国の国内総生産(GDP)の7年分に相当し、この動きが広がれば、中国は「賠償地獄」に陥りかねない。 1月26日 夜に武漢市長の周先旺が「封鎖前に 500万人余りが市を離れていた」と明かす。 2020年4月29日、仏国際放送局RFIは、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、現時点で少なくとも8カ国が訴訟を起こしていると報じた。

>