ホンダ 10 代目 アコード 若い 世代 へ の 訴求 カギ。 [B!] ホンダ、10代目「アコード」 若い世代への訴求カギ :日本経済新聞

「珍車PART824」元Gureのブログ | 逆スラント、2分割グリルに魅せられて!!

代を重ねるごとに若いお客さまから目を向けられなくなっていた。 海外と比べて早いとか遅いとか関係なくて、近所から見た自分のステータスを保てる車であれば良いだけ。 8型ナビが良かった、CR-Vみたいなハメコミではなくタブレットみたいな一枚の板なので良かった。 今回のフルモデルチェンジでは、初代モデルから支持されている「丸・四角・台形」を基本の形を大きく変更していません。 net 流行り廃りでセダン買うかい? 流行に乗るだけならSUV行くでしょ。 グローバルで戦えるセダンに仕上げた自信作だ。 (これは個人差がありますよ…)何せ、これは運転中の楽しさと直結する部分でもありセダンと呼ぶにふさわしい安定感を十分に得られるヒップポイントの低さでした。

>

[B!] ホンダ、10代目「アコード」 若い世代への訴求カギ :日本経済新聞

ソフトトップは、なんと6層構造となっており、静粛性や耐久性、強度もしっかりと担保されているとのこと。 Aピラーを100ミリメートル後方に移動するなどの工夫でワイドな視界につなげている。 伝統の研究所にもメス、ホンダ「四輪改革」の実利と理想 >新型「アコード」は改革の先兵? >ホンダは20日、中型セダン「アコード=写真」を約6年半ぶりに全面改良し21日に国内発売すると発表した。 net 今回のアコードって白推しなのかな。 では大変な長文、拙文失礼いたしました。

>

販売されれば日本でも売れた?意外とイケてる北米のクルマ3選

外部サイト. パッケージデザインでは、新開発のマルチリンク式リアサスペンションや車体骨格の変更などで、ハイブリッドセダン最大のトランク容量を実現した。 5リッターV型6気筒エンジンを搭載するなど、ミドルクラスのスペシャリティカーとしてポジションを担いました。 唯一の欠点か。 アコードクーペは代を重ね、2012年には7代目が登場。 内装はアイボリーの色が良かった、質感はCR7と同程度 良くなった所と悪くなった所があるかな と思いました。 それと試乗ももうされましたか? 個人的にアダプティブダンパーシステムの程が気になり、土曜日に試乗へ行こうと思うのですがそのほかに気にして見るポイントあれば教えていただきたいです。

>

ホンダ、新型「アコード」発売 10代目、時代に合ったセダンへ

装備の使い心地については、かばんなどを置けるテーブルコンソールをフロントシートの間に設置したほか、視線・動線を考え抜いた収納レイアウトにしている。 広い室内空間を確保し、内装にも上質感を持たせた。 当時、アメリカや欧州にも輸出が始まりましたが、日本車の性能や品質は低く、海外展開はなかなかうまくいきませんでした。 先代車までは、外観を市場によって変えていたが、10代目となる新型車では、外観は基本的にグローバルで共通とした。 日本製であることに価値を感じる顧客がいるかもしれない。

>

「珍車PART824」元Gureのブログ | 逆スラント、2分割グリルに魅せられて!!

骨格や環境対応をどうするかにあたり、プラットフォーム(車台)の基礎研究プロジェクトからスタートした。 新たなコンパクトカーとして発信する。 「好評だったデザインを変えるというのは、とても決断力がいることです。 その販売台数は20万台を超える。 本田技術研究所オートモービルセンター開発責任者・宮原哲也氏 アコードは今回で10代目。

>

販売されれば日本でも売れた?意外とイケてる北米のクルマ3選

かつてのN360の思想を受け継いでおり、今回の新型でもその思想や先代で高評価を頂いた部分を残しつつ、細かな部分で最新機能やトレンドを取り入れています。 では、フルモデルチェンジで大きく変化させる際の意図とは、なんなのでしょうか。 性能でもコスパでも さあて、安心して買うかな。 これついて、スズキは「スクエアなボディや遊び心のあるデザインが好評だったことや、軽SUVといわれるジャンルの先駆けだったこともあり、見た目は大きく変えていません。 ただ、日本向けのアコードは、米国向けや中国向けとバンパーの翼状の張り出し部の形状が異なる。

>