古 民家 ダイニング 稲 空。 古民家ダイニング 稲空(創作料理)のランチ

稲美町のカフェでふわふわパンケーキ|古民家ダイニング 稲空

11時45分頃に到着したけど、悪天候にもかかわらず今回も沢山車が停まっていてよく賑わっているのが分かる。 土日に限らず平日も前々から予約をしないと入れません。 予約はかなり先までいっぱいみたいなので11時半にテイクアウトをお願いした。 11時半にお店に取りに行くと既に満席で、ランチ待ちで10人以上のお客さんが待っておられ、休日ということもあり、子連れのファミリーが多いように見えた。 稲美町の人気の古民家カフェで久しぶりにテイクアウト弁当をお願いした。

>

兵庫の古民家ダイニング「稲空」が11月から夜の部営業を実施 世界に一つだけの『竹灯籠』手作りイベントを9月22日開催|株式会社 野元メンテナンスサービスのプレスリリース

こ、これは凄いなぁ。 趣のある店内や庭を眺めながら飲む珈琲はまた格別じゃった。 稲空弁当のメインはローストポークで、他にも野菜をたっぷり使った惣菜も入っていてかなり豪華だ。 しば漬け入りマヨネーズ、特製味噌、わさび醤油につけて味わえます。 今月の月替わりランチのメインは鶏肉のクリームソース ? で、肉が香ばしく焼かれてとても美味しかった。 「梅鍋コース」が用意されて、どうやら待望のアルコールもあるみたいで、更に楽しみが広がる。

>

稲美町のカフェでふわふわパンケーキ|古民家ダイニング 稲空

バナナパンケーキサンド 600円(税抜) 冷めても美味しいパンケーキ。 綺麗に管理された中庭を眺めながら、優しい味の具沢山味噌汁と出汁のよくきいただし巻き玉子を美味しくいただいた。 ジューシーで厚みのある豚カツとの相性も抜群でとても美味しかった。 午後8時) 定休日:年末年始 場所:加古郡稲美町加古2753 東播磨南北道路の八幡稲美ランプを降りて車でおよそ5分。 改めて、とても良いお店が近くにできて嬉しい。 TEL:079-497-0173• 残1-3:即予約可(残りわずか)• そしてこれで580円 外税 とは恐れ入った。

>

古民家ダイニング 稲空(加古川駅/創作料理)<ネット予約可>

稲美町と加古川市の境界に近い場所に昨年12月にオープンした古民家カフェ。 900円(税抜) しあわせのキーマカレー 自家製トマトソースの酸味とこだわり赤味噌のコクがマッチしたキーマカレー。 いつかまたあの趣のある店内でいただきたいが、あの大盛況ぶりだとこれからもしばらくはテイクアウトでの利用になりそうかな。 印刷用MAP 交通アクセス 1 厄神駅より南へ車で約10分 営業期間 営業時間:月~日、祝日、祝前日: 09:00~17:00 (料理L. 月替わり弁当と具沢山味噌汁をお願いして、11時半に店に受け取りに行くと既に一組待っておられた。 前に食べた時も思ったが是非ともレギュラーメニューに加えてほしいくらいの逸品だ。 これにはビックリ!てっきりカウンター席でゆっくりできるかと思っていたのに、すっかりかなりの人気店になってたんじゃね。 食べたい方は予約時にメニューまで予約しておくと良いですね。

>

メニュー

副菜のさつまいものサラダ、ひじき煮、きんぴらごぼうはどれも優しい味でとても美味しく、沢山野菜が取れて健康的で嬉しい。 年明けに弁当をテイクアウトで利用したけど、今回は珈琲を飲みたくて15時半頃に一人で訪問した。 月替わりメニューは完売でした。 惣菜もどれも丁寧に作られているのがよく分かりとても美味しく、今回も大満足の内容だった。 海老とたくさんの新鮮な野菜がサクサクの衣に包まれていて、見た目以上にボリュームもある。 チキン南蛮も優しい味付けながらしっかりしていて、自家製のタルタルソースとよく絡んでとても美味しかった。 ロックを根底にメンバーそれぞれの独創性を生かしたジャンルにおさまる事のない音楽を確立する傍ら、Kiss FMのサウンドクルーとしてラジオDJとしても活躍中。

>

稲美町のカフェでふわふわパンケーキ|古民家ダイニング 稲空

テイクアウトの先客がおられたので、その後にすぐに受け取ると袋からかき揚げの香ばしい香りがしてきて食欲をそそる。 また、姉妹店の味空さんは臨時休業されており、稲空さんで味空さんの「玉子サンド」が買えるようになっています。 古民家レストランの特徴ともいっていい、「こんなところにレストランがあるわけ…… あるー!」を今回も味わえました。 最近、レもつ鍋という新メニューが登場していたり、東加古川に姉妹店の卵かけごはん専門店をオープンされていたり、益々軌道に乗っているようだ。 ランチはしばらく予約が取れなさそうなので、モーニングに行ってみようかな。 先月の月替わりも美味しかったが、今回のチキン南蛮も負けず劣らずとても美味しく、定番メニューに加えてほしいくらいだ。

>