Aiko ハニー メモリー。 aiko「ハニーメモリー」で描かれている思い出とは?男性視点の切ないラブソングに迫る!

aikoの新曲「ハニーメモリー」に込められた孤独に寄り添うやさしさ。配信ライヴ第二弾も開催。(音楽と人)

正論を振りかざして、相手を追い詰めてしまえば、「だけど……」の先にあったはずの言葉は飲み込まれ、内側に蓄積し、その人のことを孤独にさせる。 」にゲスト出演。 そこから今の状況の中で何ができるんだろうっていうことを考えた結果、8月30日に公開した『Love Like Aloha memories 砂浜に持って行かれた足』や、10月17日の『Love Like Rock ~別枠ちゃん vol. 5』 「ストロー」 from『Love Like Aloha vol. aiko:ねー! 出したいです(笑)。 どちらのaikoも「ハニーメモリー」というタイトルを昼と夜の両面から印象付け、秋らしい哀愁あるビジュアルとなっている。 強風の中、映像を映す紗幕をスタッフのみなさんが頑張って持ったり、すべてを人力で撮影しているところに感動しました。

>

aiko ハニーメモリー 歌詞

しかしこの曲は、そんな主人公の綻びすらも受け止め、寄り添ってくれている。 本来なら新たにツアーをやってるはずだったんですよ。 「君」に寂しい思いをさせていることは分かっている。 だから……(どん底まで)1回落ちました(苦笑)。 同じように記憶も消去できたらいいのになっていう気持ちでバーッと書いていきました。

>

ハニーメモリー

あえて電気を消さなかったのは、 隠している本音に少しでも気づいて欲しいという「君」なりの最後のシグナルだったのかもしれません。 そのあたりは意識して作られているわけではないんですよね? 「そうですね、意識して作ってはいないですね。 ライブハウスでライブをしていると、ほんまに1人ひとりのお客さんの顔がはっきり見えるんです。 「私もすごく楽しかったですね。 今年2月にはデビューから21年間にリリースした全414曲をサブスク解禁。 また通常仕様盤では、麗かな太陽光がさす中に映し出されるaikoの表情が特徴的に仕上がっている。 aiko:そうですね。

>

aiko 新曲『ハニーメモリー』は「自粛中にどうしても消化できなくて作った」

2月26日に発売された『青空』以来のシングルであり、緊急事態宣言以降、初のリリース作品でもある。 。 パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が、21日(水)リリースのニューシングル「ハニーメモリー」の感想を伝えました。 「玉響バージョン」と称された「夢見る隙間」では、ジャズシンガーとしてのaikoを見ているかのようだった。 コロナ禍でも、ずっと曲を作っていました。 【aiko-『ハニーメモリー』music video】 こもり教頭:前作の「青空」から8ヵ月ぶりということですが、この「ハニーメモリー」を作ろうと思ったきっかけがあったんですか? aiko:自粛中に曲を作ろうと思って……日常の中で起こったことや感じたことをそのまま歌詞にバーって書いたあとに曲にするんですけど、(「ハニーメモリー」の歌詞のような)こういう気持ちになって、自分の中でどうしても消化できなくて曲にしたという感じです。 そこから生まれた曲もあるのかな、と思うんですけど。

>

aiko、多くの人生と交差する楽曲の届け方 『ハニーメモリー』自身初の先行配信からCDリリースまでの流れを追う

彼女ならではの王道ラブソングとも言えるタイトル曲を含む最新シングル「ハニーメモリー」をリリースしたばかりのaiko。 2〜」がありましたが、やってみてどう感じました? aiko:本当に楽しかったですね。 10月21日にリリースされる40枚目のシングルの表題曲でもある。 ただ、今回のメロディラインや曲の流れにはせつない感じがあるので、物悲しい季節というイメージのある秋に寄り添えたところはあったかもしれないです。 普段の日常と変わるじゃないですか。 「はい。 思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない 君がいないと味がしないんだ いつも悪いなって思ってたよ 夜明け前に帰ると洗面所だけ電気が付いてた ごめんねでも 素直になれなかった 繰り返してきた春に僕はいつの日からか 隣にいる君じゃなく違う花食べた 思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちず 今年の桜は誰と見たの 最近はおとなしく家に帰ってるよ 君がいないと味がしないんだ 「心臓は5個あったらいいな 入れ替えたらあなたの前でずっと笑ってられるわ」 ほんとに…僕は粉々になった 涙が出そうになって指で塞ぐ仕草は 僕への想い透明にする準備だった なんとなく続いてく問題も時が経ち 朝陽が溶かすよと軽く見てた ガラスは割れたまま 愛しの君は君のまま 綺麗で笑ってて 戻れないんだ 思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない 今年の桜は誰と見たの 最近はおとなしく家に帰ってるよ 君がいないと味がしないんだ いつも悪いなって思ってたよ 夜明け前に帰ると洗面所だけ電気が付いてた ごめんね でも素直になれなかった. 心に焼きついている思い出がオシャレなサウンドの中で紡がれていく。

>

aiko「言いたいことがたくさんあった」“男性目線”で書いた新曲「ハニーメモリー」に込められた思いとは?

ライブでのaikoさんがよく言ってますけど、他のアーティストへ心変わりされてしまうことをすごく不安に思っている感じがあって。 aiko:このときは、自分がこういう気持ちだったというか、こういう心境に陥っていて、それがそのままブワッと歌詞に出てきた感じでしたね。 そんな「君」の気持ちを想像できる歌詞が「洗面所だけの電気が付いていた」の部分です。 またTwitterのトレンドでも、今回の企画ハッシュタグ「#メモリーは砂足」が日本4位、「aiko」が6位にランクインし、SNS上でも大きな盛り上がりを見せた。 2~』も配信された。

>