柳川 川 下り 料金。 【柳川の川下り】アクセス・営業時間・料金情報

柳川市公式ウェブサイト / 川下り

柳川というその名の通り、川沿いに並ぶ柳の木が美しい。 」と、「水郷柳川観光株式会社」業務部長:森田壱路さん。 川付近は歩きやすい岩場。 柳川観光と言えば川下りとうなぎがあまりにも有名だが、柳川に来たらここも外せない。 また、船内で「十割そば」と「いも煮」を食べるグルメパックも大好評です。

>

【水郷柳川・観光川下りガイド】-魅力・コース・予約・料金など

そんな掘割を「どんこ舟」に乗って巡るのが、柳川観光の代名詞にもなっている「川下り(お堀めぐり)」だ。 柳川川下りの見どころ 気を取り直して柳の風景を楽しむ。 しかもホテルまで車で迎えに来てくれますよ。 電車を降りたらすぐに乗船場に向かえます。 下船後に戻って来るときは、路線バスかタクシー、もしくは20〜30分間隔で運行している無料の送迎車を利用する。 価格や、駐車場の有無などを表にしてまとめました。 説明の中でお客様に喜ばれるのは、周遊コース(仙人堂をもご案内60分)のために車の回送料がいらない点です。

>

柳川市公式ウェブサイト / 川下り

柳川の風物詩の一つとも言える花嫁舟。 もし泊まっている宿泊施設と提携している会社であれば、料金が安いです。 しかし、この時代の城堀は城の防御の要であり、誰でもが自由に船で往来出来たのではなく、許可された人だけであったと考えられます。 川下りのコースと仕組み こちらが川下りのコース。 笠を被ると、雰囲気が出てまた違った楽しさを味わえます。

>

【柳川の川下り】アクセス・営業時間・料金情報

柳川川下りの乗船場まで 今回わたしが使った切符セットは駅員さんに手でちぎってもらうタイプの乗車券なので、自動改札ではなく窓口のほうから出ます。 季節の花や柳は、見応えがあり非常にのんびりとしたひとときを過ごせます。 0944-72-6773• 柳川の川下りについて 柳川は堀が網目状に巡る水郷のまち。 会社による違いはほとんどなかったのですが、船頭による違いはあるようで、中には個性的なパフォーマンスを行ってくれる方もいるそうです。 特に危ないところもなく、普通の靴でも入渓可能です。

>

【大柳川・寺沢川・夜小沢川】入渓ポイントかなり少なめ!下流付近の釣りがメインの河川

動物も意外といるようです。 とにかく、みなさん個性豊かです。 予約もできます。 10:00 11:30 13:00 14:30 最上川船下り乗船のご予約について ご希望時間で2名様からでも承ります。 車で観光されている場合でも、無料駐車場の用意があります。 この場合は柳川観光開発という会社の川下りを利用することになります。 シャトルバスと川下りの出発は特急の柳川駅到着に合わせて準備されているので、5分くらいで発車しました。

>

【柳川川下り】アクセス・営業時間・料金情報

雨が降ると確実に釣りができません!大柳川の河川情報 釣りポイント付近までは2車線の道が続きます。 西鉄柳川駅から各舟会社の乗り場まで、近いところで徒歩3分、遠い会社は無料送迎バスで乗り場まで送ってくれます。 一般の乗合船は予約不要。 観光川下りの予約は? 「水郷柳川観光株式会社」さんのサイトより承っています。 実際に川下りの体験記事はからどうぞ。

>