コロナ 国 別。 国・地域別の差出可否

国・地域別の差出可否

007. レストラン等飲食店:午前2時~翌午前5時の店内飲食禁止。 また、日本を含む11カ国と国境再開に向けて協議を進めていることを明らかにした。 その他• 066. また、配達は非対面の方法等で行います。 詳しくは「」を確認してください。 詳しくは「」を確認してください。

>

【香港編】世界の国・地域別、新型コロナ最新情報:新規感染者10人以下に抑制できている香港は、どこの国から往来を再開させるのか?

香港航空は、2020年11月13日より週1便で「香港=東京(成田)」線の運航を再開し、JALは週2便で「香港=東京(成田)」線、ANAは週1便で「香港=東京(成田)」線を運航しています。 期間は11月12日までとされていましたが、11日に延長が発表されました。 武漢とを往来するフライトと高速鉄道を無期限停止、元宵節を含むすべての大型イベントを中止、小中学校・幼稚園・特殊学校は2月16日まで休みとすることなどを宣言した。 4日午前零時から羅湖、落馬洲、皇崗、香港マカオ・フェリーターミナルの4カ所の出入境管理所を閉鎖させ、往来は香港国際空港、深セン湾、港珠澳大橋香港側の3カ所の出入境管理所に集中させる措置をとる。 日本も中-低リスク国のリストに加えられた。

>

国・地域別の差出可否

香港域内の人の接触を減少させる。 確定申告関係 新型コロナウイルス感染症に伴う申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の延長に関する情報等について掲載しています。 また、配達は非対面の方法等で行います。 また、香港居民(香港IDもしくは査証保有者)が中国本土、マカオ、台湾以外の国・地域から入境する場合にも、同じく14日間の隔離が必要です。 などの措置を発表した。 ビジネス目的で短期的に台湾を訪れる香港市民の在宅隔離期間は14日間から7日間に短縮される。 台湾の新型コロナウイルス感染者数 (2020年10月21日現在、 発表) 【累計感染者数】544人 【死亡者数】7人 【回復者数】495人 台湾では人口(2,378万人)に対して感染者数が極めて少なく、新型コロナ対策の成功国として世界から注目を集めています。

>

国・地域別の差出可否

MICE誘致に助成金 禁止されていた香港でのトランジットが、6月1日より認められるようになった。 この措置は少なくとも12月31日にまでは継続される見込みです。 当初7月29日から8月4日までの1週間としていたが、香港政府は大規模感染爆発の恐れが高まっているとの認識から、さらに1週間延長し8月11日までとした。 また、配達は非対面の方法等で行います。 中国と結ぶ直行旅客機の運航を大幅に制限するとともに、中国と結ぶ客船の運航も全面的に停止、クルーズ船停泊も原則拒否の立場をとった。 すべての入境者は、強制検疫を受け強制隔離の対象となる。 外務省海外安全情報配信サービス(たびレジ)においては、現地の日本国大使館・領事館から、随時安全情報がメールで配信されますので、必要な方は、から登録してください。

>

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

飲食店のテーブルには飛沫防止パーテーションを設置する また、8月5日には、公共施設(医療機関、公共交通機関、商業施設、市場・教育施設、展示・講演会場、競技場、寺廟、祭事、娯楽施設、大型イベント活動・会場)でのマスク着用の徹底と、手洗いと咳エチケットを徹底するよう呼びかけています。 (申告・納付期限の期限延長手続)• 郵便物のお届けに遅延が生じます。 納税の猶予制度の特例• これにより、入国、帰国後の14日間の自宅などでの待機などの防疫措置を講じることで、駐在員などの長期滞在者の往来が可能になった。 (平常期)EMSは宛てられる地域に制限あり 郵便物のお届けに遅延が生じます。 入国・入境後14日間の自宅等での待機は維持しつつ双方向の往来を再開させるもので、駐在員の派遣、交代、長期滞在者が対象となります。 営業休止が発出されるのは今年で3回目となる。 (遅延)船便扱いについて、船舶への搭載までに1か月程度の期間を要します。

>

【香港編】世界の国・地域別、新型コロナ最新情報:新規感染者10人以下に抑制できている香港は、どこの国から往来を再開させるのか?

海路で中国本土と結ぶフェリーの運航も停止せさることを発表した。 欠損金の繰戻しによる還付の特例• このため、郵便物へ受取人携帯電話番号の記載を推奨します。 香港と中国本土の人の移動を大幅に減少させる。 さらにライセンスを持つバーとレストランで酒類を提供するのを禁止すると発表した。 (4)マカオ、台湾からの入境者は香港住民であるかを問わず、すべて14日の強制検疫を受けることが求められるようになった。

>