アラン マーレ 山形。 V1昇格狙うアランマーレ、攻撃力増し開幕臨む

アランマーレ、大野石油広島に勝ち6連勝 Vリーグ女子2部|山形新聞

5連勝で通算成績は5勝1敗。 👆前述した群馬・大泉町でのリーグ初戦の時に団席でいただいた "応援カード" です。 以前はエースの奮闘に頼ったシーズンもあったが、「全員バレー」(北原監督)で目指す攻撃をホーム初陣で示した。 昨季は11勝10敗で8チーム中5位に沈んだアランマーレ。 Vリーグ戦が今季初の公式戦となる。 今季はコロナ禍の影響でサマーリーグ、国体、天皇杯が軒並み中止に。

>

アランマーレ、大野石油広島に勝ち6連勝 Vリーグ女子2部|山形新聞

日々の練習では、選手間のコミュニケーションを大事にし、主将として「どうやって1点を取るのか、相手のスパイクをどうやって防ぐのか」と、声をかけ合って意識付けをしている。 シーズン前は攻撃面の強化に注力し、「一人一人が1点を取るんだと気持ちで押せている」と主将のリベロ森寿実子。 異例のシーズン幕開けも、気持ちは高まっている。 守備連動、新戦力も融合 創設6年目のアランマーレが勢いに乗ってきた。 今は使われなくなった応援パターンもありますね。 第3セットはサーブで効果的に相手を崩して主導権を握って25-16で奪い、第4セットもミドルブロッカー菅原里奈の活躍などで25-21で制した。 1年目のリーグ戦の殆どの試合は ホーム、アウェー問わず 、有沙さんがコールリードを務められました📣 新規チームの1年目で慣れない事もあったかもしれないですが、一生懸命堂々と務められてた彼女の応援リードぶりをいちアランマーレfanとして私は絶対に忘れないデス。

>

アランマーレ、開幕戦黒星 Vリーグ女子2部|山形新聞

シーズン序盤の4連勝はかつてない上出来な滑り出し。 1回だけではなく、その後アランマーレが得点する度に聞こえてくる。 『サンキュー!!コール👆👆』本当にナイスなアレンジだと思う。 アランマーレ山形バレーボールチームはプレステージ・インターナショナルさんが保有・運営している女子バレーボールの実業団チームですが、社員さん以外の一般の方が応援する事については、旧来の他チームさんにあるような「一般の方は応援席には入る事が出来ません🆖👐」と断られる事は全く無く、アランマーレを応援している方であれば社内外を問わず 『どなたでもウエルカムです🆗😄』と、おっしゃっていただけます。 (外部サイトに移動します。 第1セットは新加入のアウトサイドヒッター小泉春葵のブロックなどで流れをつかみ、25-18で奪った。 次戦は21日、千葉県流山市のキッコーマンアリーナで大野石油広島と戦う。

>

アランマーレ4連勝 Vリーグ女子2部・ホーム開幕戦飾る|山形新聞

通算成績4勝1敗で順位は首位を守った。 試合の主導権を握った。 たしか第1セットの途中 テクニカルタイムアウト明け? だったと思いますが、得点時のコールの最後に団席以外のどこからか声が発せられてるのが聞こえました。 相手ブロックを打ち崩すスパイク力で上位進出を狙う。 来られなくても、応援してくれていると思うので、しっかり結果で応えたい」。 。

>

アランマーレ、大野石油広島に勝ち6連勝 Vリーグ女子2部|山形新聞

通算成績4勝1敗で順位は首位を守った。 それはチーム初年度からずっと変わらずデス。 一進一退の攻防となった第2セットは最終盤でアウトサイドヒッター榎本里歩を中心としたアタッカー陣が奮起して26-24と競り合いをものにした。 開幕戦はアウェーでルートインホテルズ(長野)戦。 長いシーズンを見据え、新加入選手主体で臨んだ第3セットを落としたが、ここで踏ん張りが利いた。 例年以上にフィジカル面の強化に着手した指揮官は「基礎体力、基礎技術の部分をみっちり鍛えられた。 北原勉監督(39)は「昨シーズンのディフェンス力を維持しながら、新人(4選手)の攻撃力が加わった。

>

アランマーレ、開幕戦黒星 Vリーグ女子2部|山形新聞

ん? "サンキュー" って言ってる? 誰の声だろ??? ひょっとして アランマーレの 選手達の声か?😲」 その試合の配信用カメラがアランマーレ応援席のすぐ近くだったようで、団席にいらした方達の声がバンバン聞こえてたんです👂 団席にいらした方達は暫く "サンキュー!!" の【声の主たち】に気がつかなかったみたいで、選手達がコールしているのに気づいてからは団席からも一緒のタイミングで『👆👆サンキュー!!』とコールするのが定番になりました。 最古参の森は「(チーム創設後の)積み重ねが結果となってうれしい」と充実感をにじませ、「いい意味で切り替えて(次戦も)勝利をつかみたい」と意気込んだ。 ホーム開幕戦となった本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは千葉を3-1で下し、4連勝とした。 ホーム開幕戦となった本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは千葉を3-1で下し、4連勝とした。 順位はセット率の差で2位となった。 LEAGUE バレーボールのVリーグ女子2部は21日、千葉県流山市のキッコーマンアリーナなどで4試合を行った。

>

2020

だが、終盤7試合は6勝1敗と調子を上げ、上昇のきっかけをつかんだ。 持ち味のトータルディフェンスに加え、磨き上げたスパイク力を武器に、白星発進で開幕ダッシュを切る。 一択デス。 2017-18シーズンの途中から私は、アウェー戦・遠征試合に限定して 当初は限定してたつもりだったんです😅 団席で太鼓叩きを始めました🥁 その理由は、ホーム戦では山形BPOガーデンの社員応援団の皆さんが中心となって応援を盛り上げていただいてるのだから、アウェー戦・遠征試合で応援の熱量が落ちてしまわないように。 第1セットはミスが目立って23-25で落とした。 第3セットは相手の粘り強い守りに苦戦。 アランマーレ山形バレーボールチームの皆さん。

>