両国 ほそ 川。 オトナの隠れ家と呼びたい下町のそば屋 ほそ川(両国)探訪記 [そば] All About

江戸蕎麦 ほそ川(両国/菊川 そば)のグルメ情報

両国といえば、お相撲の国技館が有名だ。 クリーミーな牡蠣の身肉が口中に溢れる、人気メニュー。 今回は蕎麦である。 さっき撮影に「協力」してくれたよい子も映っています。 メニュー・注文方法 基本的な蕎麦屋さんのメニューです。

>

江戸蕎麦 ほそ川(両国/菊川 そば)のグルメ情報

『富嶽百景』刊行。 ミルキーなカキのジュースが押し寄せる。 ちなみにつゆの追加も有料となります。 お店は両国駅から「江戸遊」に向かい、手前1本の路地を右折。 19歳~35歳。 実はこの時サッカーに興じる少年約2名がいたのですが、ワタクシがおもむろにデジカメを取り出して撮影をはじめると、視覚に入らないように、さりげなく協力してくれたのでした。

>

両国の蕎麦の名店 「江戸蕎麦 ほそ川」|マッキー牧元の「行かねば損する東京の和食」

正しい情報はお店にお問い合わせください。 いつも追加せいろを合わせて頼みます。 暖簾をくぐり引き戸を開ければ、中は和の情緒とモダンが一体となる洗練された空間が広がります。 お店の中は、うるさいの厳禁です。 江戸の粋が吹いている。 肝心の料理はと言うと、確かに美味しい。

>

地図 : 江戸蕎麦ほそ川 (えどそばほそかわ)

2020年の今は、仕事やお金に対する考え方も大きく変化した感じです。 定番の「せいろ」を中心にそばがきや焼きみそなどの一品と穴子の天ぷらなどが選べます。 on Sep 27, 2017 at 4:33am PDT 最初におすすめする両国のランチは「まる玉 両国本店」。 墨田区の人気カテゴリ• 翌朝石臼挽きで製粉、つなぎを使わずに打ちます。 本格的な下町の風情。 幸福度抜群 店主・細川さんが選ぶ蕎麦前 暖簾をくぐり、広々とした店内に座る。

>

江戸蕎麦 ほそ川(両国/菊川 そば)のグルメ情報

「穴子天せいろ」の天ぶら。 食べると甘みと旨味が同時に感じられます。 0】 価値観や優先度はその時々で変わりますね。 振り柚子(ゆず)されたカキを口に運ぶ。 玄そばは、四国の名産地、祖谷 いや の在来種。 [夜] ¥3,000~¥3,999 [昼] ¥2,000~¥2,999 支払い方法 カード不可 電子マネー不可 サービス料・ チャージ なし 席・設備 席数 30席 (テーブル30席。

>

オトナの隠れ家と呼びたい下町のそば屋 ほそ川(両国)探訪記 [そば] All About

「どうだうまいだろう」と、迫りくる蕎麦ではない。 寒さが厳しくなると、あるそばが、無性に食べたくなる。 もの凄くおしゃれです。 せいろに乗ってくるそばの量は、本当に見事なほど 少ないので、男性は要注意です。 この4種が、東京にはひしめいている。 キリッとした冷たいそば切りと、天ぷらの組み合わせを楽しみたいという方へのおすすめは、「穴子天せいろ」。 土日・平日問わず行列が絶えることがありません。

>

江戸蕎麦ほそ川 (東京・墨田区) 本来の江戸そばを味わえる屈指の名店/日本蕎麦保存会

両国で人気の蕎麦店。 最後が、自家製粉のお蕎麦屋さんである。 なにしろ昏い店内です。 メニューは「まる玉ラーメン」のみで、それにトッピングをつけていくスタイルです。 普段のシゴトを忘れてぼおっとしてしまいました。 お店はこんな佇まい。

>

厳禁だらけのお店です

AREA. 両国は両国国技館や相撲部屋があることから、街中で力士の姿を見かけることも珍しくありません。 江戸時代の腕の良いそば職人が、誇りをかけて打ったそばは、『江戸蕎麦 ほそ川』のそば のような味だったのかも知れません。 とてもクラシックな酒づくりをしているそうで、人肌のお燗が本当にうれしい。 そうした蕎麦を食べ歩いていると、それぞれにおいしく、自分の基準がわからなくなっていくことがある。 テーブルは6角形(8?)くらいの大きなものです。 さて、両国に吉川から移ってきた「ほそ川」。 まずは「せいろ」である。

>