トイレ 掃除 順番。 トイレ掃除には基本のやり方と順番があった!

【風邪・ウイルス対策に】洗面所&トイレの「正しい掃除」の仕方を知っておこう!

手前の汚れが少ない部分から汚れが強い部分へと相似をしていくのが正しい順番になります。 そうなってしまと、上で紹介したような毎日のお手入れと同じ方法では汚れが取れずに、掃除の労力が増えてしまいます。 トイレタンク 便座の表側が拭き終わったら、次は「上から下」の掃除の基本に従いトイレタンクから拭いていきます。 トイレは使った後に一度見まわしてその時に汚れがあればさっと拭くなど、 こまめな掃除をしていれば、極端に汚れることもなくなります。 ここも丁寧に拭いて清潔に。 しかし、普段慣れていないことを継続しようと思ってもなかなか難しいものです。 また、掃除する場所によっても、頻度は変わります。

>

【掃除の基本】効率的なトイレ清掃の手順

よほどしつこい黒ずみでない限り、きれいに落とすことができるます。 ほとんどの取り付け型の洗浄機能付き温水便座横部分にボタンがあり スライドさせて外すことができます。 汚れや雑菌が気になる場所なので、使い捨ての方が簡単で掃除がしやすいです。 シートは流さずに、ポリ袋などに入れて捨てることをおすすめします。 使用後に便座を閉めずに水を流したり、男性が立ったまま用をたしたりすると、便器内の水が飛び散って床や壁にまで広がります。

>

トイレ掃除には基本のやり方と順番があった!

トイレに置いていた本をそのままリビングに持ち込むという行為も、不衛生ですのでNGです。 厚手のコンビニのおしぼりやウェットシートでも代用できます。 これで普段やっておきたいトイレ掃除は完璧です。 便座のウラ 便座のウラも非常に汚れがつきやすい箇所です。 古くなった掃除道具をそのまま使っていると、取り除いた悪運をまたトイレに付けてしまうことになります。 その後、元に戻す。 注意便座に使われているプラスチック素材はから拭きをすると傷が付く可能性があるため、必ず濡れたもので拭くようにしましょう。

>

職場のトイレ掃除なんてしたくない!トイレ掃除の苦痛から逃れる方法 | なかちゃん&ぞのちゃんブログ

まず、基本としては、雑菌を防ぐための ビニール手袋を用意して下さい。 銀イオンの効果により、菌の繁殖を防ぎ、ノズルは清潔に保たれます。 大津先生曰く、トイレ掃除の大原則は 「汚れを見たらすぐ掃除!」 この原則を守ってトイレ掃除の基本を実践すれば簡単にキレイなトイレをキープできるそうですよ。 トイレ用ブラシは消耗品として考えましょう。 トイレットペーパーを三角折り ペーパーホルダーの周りを拭き終えたら、トイレットペーパーをホルダーに戻して三角折りにします。

>

やっかいなトイレ汚れを徹底してキレイにする掃除方法とは?

マスクは、市販でも手づくりでも好みの物でOK。 落ちにくくて困る汚れといったら、尿石です。 健康的に暮らすには汚れをしっかり落とすのも大切だけど、掃除の順番を意識して除菌することで健康的な暮らしを送れるようになります。 では、このことを踏まえて、必要な掃除用具を選んでみましょう。 我が家の場合、ペーパーホルダーより上の部分から下に向かって拭きます。 トイレ掃除といったら便器掃除がメインで、便器の中をきれいにすることが一番大切だと思われがちですけど、見た目きれいになってもウイルスや雑菌がトイレ中に広がっていては健康的に暮らすことはできません。

>

<お掃除のコツ> vol.01 トイレの拭き掃除は順番が大切

。 床拭きが終わったら、全体的に最終チェックをして終了です。 その場合には水がはねた床や壁を拭く必要が出てくるので「一度拭いた床をもう一度拭く」という二度手間がないように、先に便器の中を洗ってしまうのが効率的です。 トイレは使った後に一度見まわしてその時に汚れがあればさっと拭くなど、 こまめな掃除をしていれば、極端に汚れることもなくなります。 汚れている場合だけブラシで軽く「なでる程度」の清掃でOKです。 掃除をしなければならないという考えがあると面倒で仕方がないですが、生活の一部に溶け込めばやることが当たり前になってきますから面倒だという思いもなくなります。 この場合は、ブラシを一方向に動かすことを意識しなくても大丈夫です。

>