マイ タイム ライン と は。 「マイ・タイムラインで豪雨に備えを」(くらし☆解説)

<広報こうふ>わたしの避難行動計画(マイ・タイムライン)を作成しましょう!~水害から命を守るために~(マイ広報紙)広報こうふ(山梨県甲府市)No.779 2020年12…|dメニューニュース(NTTドコモ)

〇さいたま市洪水ハザードマップ荒川・入間川版(参考) マイ・タイムラインを作成する 自分の住んでいる地区の洪水リスクを知り、台風発生から洪水発生までの間に、「いつ、何をするか」を考えていきます。 天気予報を注意して見る• マイ・タイムラインPDF資料 「マイ・タイムライン(自分の命は自分で守る)」の使用方法について 市民の皆様が、台風発生前からの時系列にそった自分の行動を確認することで、風水害時の備えと早めの避難行動につながります。 自分に合った避難計画を作ることができます。 全国700以上の市町村がタイムラインの考え方を防災対策に生かしています。 さらに川の水位が上昇すると、「避難勧告」「避難指示(緊急)」情報が発令されます。

>

さいたま市/風水害に備えて「マイ・タイムライン」を作りましょう

想定したとおりに氾濫するわけではありません。 お住いの市区町村から「避難準備・高齢者等避難開始」情報が発令されます。 (2)情報の収集方法や、避難情報の意味を確認する。 マイ・タイムラインの作成を通して、「自分の逃げ方」を確立しておき、自分の身を自分で守れる準備を整えておきましょう。 心得2:洪水時はテレビやパソコンなどで、台風の進路、降雨の状況、河川の水位、気象警報や避難情報等をこまめに収集・確認する。 下館河川事務所のホームページからダウンロードできます。 2 気象警報や避難情報等をこまめに収集・確認する。

>

千代田区ホームページ

パソコンやスマホを使えないお年寄りには近所の人が情報を伝えたり、避難する際に声をかけあうなど、ひとりひとりがタイムラインを作ったうえで、地域で取り組むということが効果を高めることにつながります。 【マイ・タイムラインの取組の経緯】 マイ・タイムラインは、平成27年9月関東・東北豪雨における避難の遅れや避難者の孤立の発生を受けて、国、県、鬼怒川・小貝川沿川市町で構成される「鬼怒川・小貝川下流域大規模氾濫に関する減災対策協議会」の枠組みで様々な取り組みを進める中で、住民一人ひとりの単位で、水防災に関する知識と心構えを共有し、事前の計画等の充実を促すためのツールとして開発しました。 マイ・タイムラインとは? マイ・タイムラインとは、台風の接近など、その襲来がある程度予測される水害に備えて、事前に作成しておく自分自身の行動計画表です。 時間的な制約が厳しい洪水発生時に、行動のチェックリストとして、また避難判断のサポートツールとして活用されることで、「逃げ遅れゼロ」に向けた効果が期待されています。 この地域を担当する国の下館河川事務所は住民に「マイ・タイムライン」を作ってもらう講座を開いて普及を図ってきた。

>

<広報こうふ>わたしの避難行動計画(マイ・タイムライン)を作成しましょう!~水害から命を守るために~(マイ広報紙)広報こうふ(山梨県甲府市)No.779 2020年12…|dメニューニュース(NTTドコモ)

・原則、営利目的での使用は認めません。 また、避難場所までどのような手段で避難するのか考えてみましょう。 大雨により河川の氾濫が発生する時点から逆算して、自分自身がいつまでに何をしておくべきなのかを時系列で整理しておくことで、水害時にも落ち着いて行動できるようになり、パニックや逃げ遅れの防止につながります。 マイ・タイムラインをつくろう! マイ・タイムラインの作成には、家族構成や周囲の生活環境も重要な情報となります。 形式に決まりはありませんが、住んでいる場所や家族の状況などを考えて、いつどういう行動を起こすのか、表にまとめます。 ハザードマップは自治体が配布していたり、自治体のホームページから見ることができる。 停電やシステム障害などの発生に備えて、複数の情報収集ツールを準備しましょう。

>

「マイ・タイムラインで豪雨に備えを」(くらし☆解説)

勧告が出ていなくても川の「氾濫危険情報」が出たり、中小河川の場合、洪水警報の危険度分布の画面で近くの川が薄紫色になったら避難を開始します。 突然発生する地震には対応できませんが、次第に危険性が高まって災害が起きる豪雨災害、特に台風で有効です。 ここ5年連続で豪雨や台風による大きな被害が出ています。 県では、県民の皆さんが、事前に避難行動計画を立てられるよう、 「大分県版マイタイムライン」を作成しました。 区が発令する情報の意味を知っておく 災害による危険が迫っている場合、区は3段階の避難情報を発令します。 持病のある人は普段飲んでいる薬を病院でもらっておく。 。

>

わが家の避難計画「マイ・タイムライン」|仙台市

事前に作成し、自分の避難行動を整理しておくことで、いざという時に慌てずに行動することができます。 テレビの天気予報や、パソコン、スマートフォン・携帯電話などで公的機関のホームページを確認し、最新の情報を集めて的確に判断しましょう。 マイ・タイムラインの取組みはほかの地域にも広がっていて、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市、静岡県、東京都などで今年度から予算をつけて講習会を開いたり、教材づくりをして「マイ・タイムライン」の住民への普及に取り組むことになっています。 避難計画シート(マイタイムライン)を作成しましょう! マイタイムラインとは マイ・タイムラインは住民一人ひとりのタイムラインであり、台風の接近によって河川の水位が上昇する時に、自分自身がとる標準的な防災行動を時系列的に整理し、とりまとめるものです。 更新日:2020年8月7日 風水害に備えて「マイ・タイムライン」を作りましょう マイ・タイムラインとは 毎年大雨・台風シーズンになると「どこに避難すればいいの」「いつ避難すればいいの」と不安になりませんか。 近くの川や、その上流の水位の変化をチェックし、いわば監視を始めます。 〇さいたま市マイ・タイムライン 〇さいたま市マイ・タイムラインノート マイ・タイムライン使用時の心得 ・台風の進み方、雨の降り方、川の水位の上がり方は洪水毎に異なります。

>

[お知らせ]「砺波市マイ・タイムラインシート」を作成しました! (お知らせ)

更新日:2019年7月1日 マイ・タイムライン(自分の命は自分で守る) 「マイ・タイムライン」は、平成27年9月に発生した関東・東北豪雨の洪水被害を教訓に、国土交通省等が、「逃げ遅れゼロ」の目標に向けて始めた取り組みです。 一括データ 分割データ マイ・タイムラインとは? 災害時の判断をサポート これらにより、「逃げ遅れゼロ」に向けた効果があります。 マイ・タイムラインは住民一人ひとりのタイムライン(防災行動計画)であり、台風の接近によって河川の水位が上昇する時に、自分自身がとる標準的な防災行動を時系列的に整理し、とりまとめるものです。 情報を入手する 洪水時に得られる情報は、台風、雨、川、避難と様々です。 停電やシステム障害などの発生に備えて、複数の情報収集ツールを準備しましょう。 自宅等から避難所までの経路や所要時間を書き込む。 しかし事務所が直接指導できる人数は限られています。

>