御堂筋 線 運用。 OsakaMetro御堂筋線の路線図

大阪メトロ、2021年度末までに御堂筋線全駅に可動式ホーム柵導入。江坂駅/なかもず駅では2020年11月運用開始

しかし年々増加していく輸送需要に対応ために7両編成以上が収容できる車庫建設が急務となり、1958(昭和33)年6月30日に西田辺~我孫子間の建設に着手。 『』第21巻第8号、鉄道ジャーナル社、1987年7月、 122頁。 大阪随一のターミナルである梅田駅を発車するとすぐに急カーブの連続となり、やの最寄り駅である、船場の中心でのある、島之内のの最寄り駅である、南海・近鉄(奈良線)・のターミナル駅である難波駅に到着する。 乗換路線 乗換路線はありません• に開催されたののため、同年に江坂駅からの万国博中央口駅まで相互直通運転を開始した。 区間:榎阪 - 南方 都市交通審議会答申3号(1958年3月28日)• (昭和26年):天王寺駅 - 昭和町駅間 1. ダイヤ改正により、朝ラッシュ時にも新大阪駅 - 天王寺駅間の系統を運転開始。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• - 、2020年2月20日• 4) 1面2線島式ホーム 大阪府堺市北区北花田町2丁 天王寺 M29 新金岡 1. 歴史 [ ] 開業の頃の御堂筋線(淀屋橋駅)• T22• T18• 前から日本に存在した本格的な地下鉄としては御堂筋線と当時民間(、)により建設・運営された現在のだけであった。 87km) 1966(昭和41)年12月28日 「大阪市交通事業の設置等に関する条例」制定(6路線114. M27• 08更新 運番17の一部を訂正しました。

>

【大阪メトロ】逆に遅くなる?御堂筋線・四つ橋線 2020年10月ダイヤ改正

(1957年 - 1969年)• :天王寺駅に設置。 ダイヤ改正により、平日朝ラッシュ時の最短運転間隔を2分から2分15秒に変更。 90km 1948(昭和23)年08月18日 都市計画法による路線変更手続(高速鉄道網改訂に伴う) 1948(昭和23)年09月02日 垂水~西中島南方間、建設の特許を申請 1950(昭和25)年05月08日 阿倍野検車場開設 旧阿倍野検車場を阿倍野検車場天王寺出張所に改称 梅田検車場廃止 1950(昭和25)年06月17日 高速車両工場分岐部~昭和町間、建設工事を再開 1951(昭和26)年01月13日 昭和町~西田辺(北半分)間、建設工事を再開 1951(昭和26)年12月20日 天王寺~昭和町間開業 1952(昭和27)年10月01日 西田辺(南半分)~長居検車場側線分岐部間、建設工事を再開 1952(昭和27)年10月05日 昭和町~西田辺間開業 1952(昭和27)年12月08日 「大阪市交通事業基本計画」市会議決(5路線76. 保存されている開業時の車両・100形(2006年11月22日) 過去の乗り入れ車両 [ ] 北大阪急行電鉄• 7 大阪市高速電気軌道: 四つ橋線 Y16 M22 () 1. 2016年7月現在運行されている、日本における第三軌条方式の電車では最も編成が長い。 なにわの地下鉄|路線|御堂筋線 > > このページ 2020. この駅では半数近くの列車が折り返す。 戦中、地下に避難できればを免れるなどの理由から徐々に存在感が増していき、市民に身近な存在として受け入れられていった。 違う日に2回、同じ区間を同じ時刻に乗車しましたが、2回とも北大阪急行の車両が来ました。

>

Osaka Metro御堂筋線

- レスポンス、2020年2月20日• やむなく西長居駅(現在の長居保線基地)に検車場を建設して、大鉄線(現在の近鉄南大阪線)との交差地点以南からは仮線を地上に敷設する計画を立てた。 形式は運用当時のもの。 (1953年 - 1969年)• 長居駅を最寄駅とする(ヤンマースタジアム長居)でのイベント開催時には天王寺駅発着の小運転が我孫子駅・新金岡駅発着に延長されることがある。 区間:全線電化(直流 750 ・)• ・夜間時間帯(なかもず方面) また新大阪駅発23時台においてなかもず行き(4本)が増発されます。 京阪線• M20• - Osaka Metro、2020年2月19日閲覧• 乗換路線 乗換路線はありません• 3 km が開業。

>

列車番号T

乗換路線 乗換路線はありません• 5 km 1,435 () 線路数 750 自動閉塞式 70 路線図 御堂筋線(みどうすじせん)は、のから内を経て大阪府のまでを結ぶ Osaka Metro の路線。 (1969年 - 1970年)• (1949年 - 1969年)• 1951(昭和26)年12月20日に天王寺~昭和町間、1952(昭和27)年10月5日に昭和町~西田辺間が開業した。 大阪メトロでは2025年度までに全133駅に可動式ホーム柵を設置する計画で、堺筋線全10駅では2022年度、中央線全14駅と四つ橋線全11駅では2024年度、谷町線全26駅では2025年度までに設置を完了する予定。 (昭和55年):ダイヤ改正により、朝ラッシュ時の最短運転間隔を2分15秒から2分に変更。 M19• ととの連絡乗車券(経由指定)を購入した場合、()、()との直接乗り継ぎができない。 なお、とについては江坂駅で北大阪急行電鉄の社員との交代が行われている。

>

大阪メトロ、2021年度末までに御堂筋線全駅に可動式ホーム柵導入。江坂駅/なかもず駅では2020年11月運用開始

しかし翌1944年9月に、側からとの平面交差の問題点や第三軌条の踏切における安全性などの措置についての照会が出され、大阪市はそれらの課題を解決できぬまま、資材不足もさらに深刻化するなどの要因が重なり実現は困難と判断。 大阪市・阪急電鉄ともに消極的で、大阪市としては市費を市域外に使う事に関しての合意や、御堂筋線の延伸に対する財政支援を大阪府が拒んだために大阪市は断念。 乗換路線 乗換路線はありません• 80~は北急運用となります。 編集部が選ぶ関連記事• 2 運転士の役割分担について 御堂筋線内(江坂~なかもず間)は、全列車、市交通局の乗務員が担当しています。 (昭和62年)• - 大阪市交通局、2018年2月16日• (1958年 - 1969年)• これにより、御堂筋線のなかもず方面へスムーズに乗り継げる東海道・山陽新幹線の本数が増え、利便性が高まります。 8 1,192,075 2008年(平成20年) 70,912 35,340 35,572 68,735 29,803 38,932 43. ラインカラーは臙脂色(クリムソンレッド:マンセル記号 7. 御堂筋線は関西大手私鉄5社全社の路線と接続しており、で、梅田駅で阪急・、淀屋橋駅で、難波駅で近鉄・・阪神、で南海、天王寺駅で近鉄、で南海と接続している。

>

「大阪メトロ」御堂筋線新大阪駅に可動式ホーム柵、12月運用開始へ

M21• 7 : KH01 、 … KH52 M18 ( 西) 0. 設置が完了した駅から順次運用を開始するとしており、2020年9月に御堂筋線 なかもず駅の工事に着手し、同11月上旬に運用を開始。 489km) 1号線は豊能郡豊津村大字榎坂~住吉区我孫子町間19. ホームドア設置駅では車掌は出発合図後に乗務員室の小窓から顔を出さず、最後車両がホーム終了位置を過ぎるまで車内から後方を監視する。 乗換路線• (平成30年)• 0 km が開業し全通。 (平成3年):電車が運用開始。 - 大阪市交通局、2015年1月23日• 難波駅を過ぎると御堂筋から離れ、との接続駅であるに着く。

>

なにわの地下鉄|路線|御堂筋線

(昭和44年)• 96km、このうち東淀川区西町~住吉区我孫子町間が第1期事業計画区間案に盛り込まれる 1928(昭和03)年09月01日 高速鉄道第1期事業計画市会議決、1号線は南方~我孫子間が第1期事業となる 1930(昭和05)年01月29日 御堂筋(平野町)街頭で第1期線起工式挙行 1930(昭和05)年10月18日 梅田~心斎橋(北半分)間、工事施工認可 1930(昭和05)年11月16日 梅田(北半分)・梅田(仮駅)~心斎橋(北半分)間、建設工事に着手 1931(昭和06)年04月08日 梅田~淀屋橋間の建設現場で大事故が発生 1931(昭和06)年12月10日 心斎橋(南半分)、工事施工認可 1932(昭和07)年03月03日 心斎橋(南半分)、建設工事に着手 1932(昭和07)年11月29日 心斎橋~難波間、工事施工認可 1933(昭和08)年04月04日 心斎橋~難波間、建設工事に着手 1933(昭和08)年05月08日 難波~天王寺間、工事施工認可(1937(昭和12)年01月09日まで8回に分割) 1933(昭和08)年05月20日 梅田(仮駅)~心斎橋間開業、1両運転 1933(昭和08)年06月23日 難波~天王寺間、建設工事に着手(1937(昭和12)年01月28日まで8回に分割) 1933(昭和08)年06月26日 淀屋橋出張所開設 1933(昭和08)年07月26日 梅田(南半分)~梅田(仮駅)間、建設工事に着手 1934(昭和09)年12月20日 心斎橋(南半分)使用開始、心斎橋駅完成 1935(昭和10)年10月06日 梅田(南半分)~梅田(仮駅)間使用開始、梅田(本駅)完成 1935(昭和10)年10月30日 心斎橋~難波間開業、2両編成運転開始 新川出張所開設 1936(昭和11)年02月10日 梅田駅中央部50メートル区間の工事で大崩落事故が発生 1937(昭和12)年04月--日 梅田出張所開設 新川出張所廃止 1937(昭和12)年12月21日 梅田(北半分)使用開始 1938(昭和13)年04月21日 難波~天王寺間開業、3両編成運転開始 天王寺出張所開設 1938(昭和13)年09月19日 天王寺東線路部、工事施工認可 1938(昭和13)年11月16日 天王寺東線路部、建設工事に着手可 1939(昭和14)年01月25日 梅田北漏斗部、建設工事に着手 1939(昭和14)年10月28日 梅田出張所を拡張し、梅田検車場開設 淀屋橋出張所廃止 1940(昭和15)年03月29日 天王寺東線路部~昭和町間、工事施工認可 1940(昭和15)年09月28日 天王寺東線路部~昭和町間、建設工事に着手 1941(昭和16)年08月29日 昭和町~長居検車場分岐部間、工事施工認可 1941(昭和16)年11月17日 昭和町~長居検車場分岐部間、建設工事に着手 1942(昭和17)年03月28日 天王寺東線路部~高速車両工場分岐部間使用開始 1942(昭和17)年11月15日 梅田北漏斗部使用開始 1943(昭和18)年03月31日 天王寺~西田辺間、資材難により建設工事を実質的中断 1944(昭和19)年05月10日 起点を榎坂から垂水に変更(計画のみ変更、国鉄新幹線新大阪駅の位置決定に伴う) 1945(昭和20)年06月10日 本町駅一時閉鎖 1945(昭和20)年10月03日 本町駅営業再開 1947(昭和22)年06月08日 天王寺駅南側渡り線完成、降車ホーム・乗車ホームを分離 1947(昭和22)年12月01日 高速車両工場開設 天王寺出張所を阿倍野検車場に改称 1947(昭和22)年12月28日 難波駅に列車接近表示器設置 1948(昭和23)年06月18日 戦災復興院主催大阪市高速度鉄道協議会第2回総会で高速鉄道路線網改訂決定(5路線76. :心斎橋駅に可動式ホーム柵設置。 (平成5年)• 参考文献 [ ]• 御堂筋線の営業係数は、(JR東海)のや(JR東日本)のなどと並び日本鉄道業界でもトップクラスである。 乗換路線 乗換路線はありません• ダイヤが乱れた場合などは、駅員による押し込みが必要な場合もある。 1963(昭和38)年3月29日の都市交通審議会答申第7号「大阪市およびその周辺における高速鉄道の整備増強に関する基本計画について」を受けて改訂された基本計画では、御堂筋線は北側の終点を垂水から千里山に変更、南側も中百舌鳥への延長が盛り込まれた。 答申内容:可能な限り需要の多様化と高度化に応えるための路線 駅一覧 [ ] 全駅に所在。 大阪メトロによりますと、可動式ホーム柵の設置に合わせて乗客の乗降時間を考慮したとのこと。 市交・北急の運用が決められているからなのか、市交の運輸のレベルが低いからなのかは分かりませんが、ダイヤが乱れた後の回復には思う以上に時間が掛かりますね。

>