バリュー カフェテリア。 カフェテリアプラン

(株)バリューHR(6078)|株主優待ガイド

自席受講型セミナー(Myデスクセミナー) 事業場や時間に縛られることなく、自席のPCモニターで受講できるセミナーを実施しています。 もったいない~、今年も貰った7000ポイントがあるので、忘れずに使いたいですね。 その一環として、ECサイト化、アフィリエイト事業ということで、当社の健康ポータルサイトから物品を買うときには、うちのサイトを経由して、必要なサイトに飛んでいくと会員割引が受けられます。 2018年12月…7日分:70円• 健康関連メニューと合わせて利用するとますます、効果的です! 健康診断などは本人しか利用できませんが、こちらは家族も利用できるので、夫婦でジム通いなどにも利用できます。 前年から1億800万円の増加です。

>

6078 バリューHRの株主優待と不正事件

また去年から、歯科口腔ドックということで、歯科口腔ドック学会との連携も進めているのですが、おそらく今年から歯科口腔ドックも増えていくと思っています。 三次喫煙防止の啓発ポスター掲示• HRマネジメント事業につきましても、前期は順調にコンサルティングを受注しております。 直近の株価水準での最低投資額は15万円前後• ライフスタイル、ライフサイクルに応じた多様な就労形態の導入 4.ヘルスリテラシーの向上 健康増進のためのセミナーやイベントを実施しています。 チケットには、映画観賞券が選べるのもいいですね!!管理人は、子供の夏休みにマンガの映画券に交換しようと思ってます。 今回は、以前、紹介したバリューHR (6078)の株主優待から選択した「カルピスセット」が届きましたので、ご案内します。

>

6078 バリューHRの株主優待と不正事件

こんばんは。 カフェテリアプランの使い方. 購入ポイントの手続き等の詳細は、TOP画面の「カフェテリアポイント購入」ボタンをクリックし、ご確認ください。 投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。 また、利用額の1パーセントをポイントとしてもらえて、そのポイントをためて、当社のサイトの中のいろんなサービスに使えるようにというところで、いま強化しています。 健康を意識した商品ラインナップになっています。 営業利益は7億7,800万円、前期比34. 効果的で、かつ適切なポイントのご使用をお願いいたします。 もちろん利用者の方は、1パーセントのポイントがそのままたまります。

>

バリューHR、通期は増収増益 健康経営の流れを背景に、バリューカフェテリア事業が好調に推移

結構、これが目的で株主になってる人もいるみたいですね。 まず資産についてですが、流動資産は25億4,700万円となりました。 ぴったり使い切れると気持ちいい! …ただし、今回の購入により購入ポイントをもらったので、ただいま75ポイント浮いています。 サービスメニューは• 株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申しあげます。 言い過ぎました。 5パーセントが健保に寄付されるというかたちで、健保財政を支援する仕組みとなっております。

>

最大利回り8%超え!ストックビジネスのバリューHR【6078】

2パーセントになろうかと思っています。 2018年12月期 決算概要:キャッシュ・フロー計算書 続いてキャッシュ・フローですけれども、期末残高については19億400万円ということで、前年との比較では400万円の減少という状況です。 そして、広告収入として得たもののうち、例えば半分は当社が売上や利益にするというかたちで、収益の強化につなげていこうと考えています。 各種物販商品 など、いろいろありますので、欲しいアイテムを見つけることができると思います。 一番上の健診予約から入ってきて、今度は健診機関向けに、健診予約枠の仕組みを提供していきます。 例えば、昨年の入力数が20万人だったところが、今年は40万人くらいに膨れ上がるということで、非常に数量が多いため、いまの体制では入力の処理が追いつかない。

>

バリューHRの株主優待が到着。なかなか使い勝手いいぞー

バリューHR (6078)の株主優待は、ハガキが1枚届きます。 その他、先ほど申しましたように、眼科ドックや「健診予約. 運動不足やメタボが気になりだした方には嬉しいところです。 バリューHR (6078)の事業はストック事業のため、業績も安定してくれると期待しています。 理由としては、やはり主要事業であるバリューカフェテリア事業が年間(を通じて)好調であったことによります。 予約状況や検査内容を確認しながら予約できるので、ストレスフリーで利用でき、また予約段階で企業への申請を代わりに行ってくれる場合もあるので、「申し込みなどの事務作業が手間」という課題を解決することができます。 例として、• バリューHR (6078)の株主優待を見てみましょう。 バリューカフェテリアポイントは2018年4月1日に付与され、有効期限は2019年3月31日です。

>