対 艦 主砲 主義。 艦砲

艦ぱい (かんぱい)とは【ピクシブ百科事典】

一方大和は他戦艦と共に戦列を成し、敵戦闘艦隊と正面切って戦うための戦闘艦である。 魚雷を迎撃した実績がある、と言っている魚雷もあります >対潜魚雷は対魚雷にも使えるのですか? 使えないことはないと思いますが気休め程度になってしまうと思います。 結果として栗田艦隊はあの有名な反転をしますが、それは空襲の猛攻に耐え切れなかったゆえの撤退ではありません。 レイテ沖海戦に参加した機動部隊にもはや攻撃力はなく、部隊として壊滅した。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 個艦対空防御用の短SAMです。 発射機に誘導装置等は無いが、着水後パラシュートを切り離した魚雷は通常のホーミング魚雷として動作する。

>

戦艦大和の主砲の破壊力は今の対艦ミサイルと比べてどちらが高いのですか...

もっとも、この時点では攻撃によって行動中のを撃破することが可だとはまだ確信されていなかったのであるが。 しかし大砲の技術が発達し、威力が増すと、艦砲で敵艦舷側に命中させ大破孔による急速浸水で撃沈する事も可能になった。 そしての登場によって、30. 護衛艦「きたかみ」以降に建造(改装)された護衛艦や駆潜艇などに搭載されています。 対空、対艦両用で、射程は16,300m、発射速度は毎分85発です。 しかし、同じ期間に実に700隻が沈められているのです。 大艦巨砲が否定されるようになったのは、この撃沈劇と日本の機動艦隊運用が発端であり、 後世からみておかしいと思うことも当時は通説ということは多々あります。 ただ、現在、イギリスやロシアの空母はカタパルトではなく、スキージャンプを使った離艦です、おそらく、今後のアメリカ以外の空母はSTOL能力の高い機材で運用というのが世界的な流れでしょう。

>

戦艦大和の主砲の破壊力は今の対艦ミサイルと比べてどちらが高いのですか...

この海戦の戦訓は 1、木造艦は装甲艦に勝てない 2、艦砲は決定打となりえない 3、こそ決戦兵器に相応しい である。 の戦い方を変えた の生起である。 五段櫂船のような巨大戦艦や 四十段櫂船(Tessarakonteres)のような超巨大戦艦などが古代に存在していた。 かたや級のはmm~0mmという大きさである。 Conway's History of the Ship, London: Conway Maritime Press, 30 May 1992. 何より、そういうの全てが無かったとしても、「命中率ゼロ」ではないことがわからないんでしょうかね??? ともかく、「遠距離精密砲撃」というのは、むしろ「ロストテクノロジー」と言った方が正しいところがあります。 投下されると重力に従って海中を自然沈降し、水圧や時間によって作動する信管により目的の深さで爆発し、その衝撃によって敵潜水艦に損傷を与えます。

>

日本海軍の大鑑主砲主義の原因

さらにさらに、ずっと後のフォークランド紛争ではアルゼンチン海軍の空母は悪天候のために航空機を発艦させることができませんでした。 それでも、たとえ雑魚でも束になれば敵の大型艦に十分対抗できる。 しかし、火砲の登場と、ある海軍国家の発明によって様相が一変した。 戦艦の砲撃とは比べ物にならない精密さ、しかも大規模。 それも精密な攻撃で破壊をもたらすのである。

>

大艦巨砲主義とは (タイカンキョホウシュギとは) [単語記事]

そのためこれ以後世界の海軍は「ドレッドノート」を基準とし、これらをと称する。 思わずニヤニヤ。 この為大和級は46センチ砲を積むことになった。 「」の16インチ砲 戦艦の建造競争はのにおける締結により一旦中断()したが、のワシントン条約が失効すると、建艦競争が再開された。 そしての登場によって、30. 概要 「」と「」を合わせた造語。 ワシントン条約期間中に建造されたフランス戦艦(竣工)以後、第二次世界大戦後までの9年間に建造された戦艦は27隻だった。 頃まで各国の戦艦はと射撃を用いた射撃管制装置を主用していた。

>

戦艦大和の主砲の破壊力は今の対艦ミサイルと比べてどちらが高いのですか...

この危険に対し、空母であればいくらでも対処可能かつ、他の任務でも戦える。 3・それまでの海戦で戦艦の耐久力は認められていた。 空母すら、この艦艇によってその価値は損なわれなくとも信頼性が損なわれてしまった。 [ ] 他国より大型の戦艦に巨大な主砲を搭載するという文字どおりの大艦巨砲主義は、明け後には終焉した。 重巡洋艦 別作品のおっぱいタグをサルベージ。 潜水艦隊で通商破壊戦を行います。

>

艦ぱい (かんぱい)とは【ピクシブ百科事典】

海上自衛隊では主にアスロック(投射機型RUR-5、VLS型RUM-139)が使用されていますが、最近「新アスロック」07式垂直発射魚雷投射ロケットも開発され、あきづき型2番艦以降に搭載が進んでいます。 その後は、まずシーレーンの確保です。 の戦闘艦も、巨躯による突進や圧倒的人員による接舷後の切込みを以てその性能をいかんなく発揮した。 そこで速力も防御力もともに優れたポスト・ジュットランド艦(高速戦艦)が建造されたが、必然的に排水量も増え、主砲口径の増大を諦めざるを得なかった。 沈降する爆雷部分には近接信管が取り付けられており、命中せずとも標的近くであれば水中爆発をおこし、水圧による損害を与えるようになっている。 がを建造したことを「時代錯誤な大艦巨砲主義」と評することもあるが、建造計画が立案された当時はまだが流ではなかったので、注意が必要である。 値段は韓国空軍が使用する対空ミサイルよりも安い物です。

>