ラブ ライブ サンシャイン ss。 いじめ、自殺、鬱、残虐な描写

ホラー・ミステリー

平山円• ホテルチェーンを経営するイタリア系アメリカ人の父親を持つハーフの女子生徒。 明るく屈託のない性格で、内浦に馴染めなかった梨子の心を開く。 翌日、沼津駅南口で新生Aqoursのライブが開催される。 あと少しで、できる。 校庭に集まった全校生徒たちは、「ラブライブで優勝してラブライブの歴史に浦の星女学院スクールアイドルAqoursの名前を永遠に残してきてほしい」という願いをAqoursに託す。 口癖は「」で、のポーズをとることも多い。 アカウントは作者のページからアクセスできます。

>

ホラー・ミステリー

津島 善子(つしま よしこ) 声 - 高校1年生。 少女の夢を阻むかのように現れる正体不明の生物・アンノウン。 2つ返事で許可した千歌だったが、実際は事前に登録したメンバー以外は歌うこともステージに近づくことも出来ないことが発覚。 佐野恵一• リーダーだからという思いに押しつぶされ自分に正直になり切れていなかった千歌は1人海に入る。 改めて項目を設けないようにしてください。 しかし、「入部」だとダイヤにとやかく言われてしまうため、「体験入部」という形をとることにした。

>

花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

(第3巻) 書誌情報 [ ]• 佐野恵一• そして、9人はこれまでの自分達の歩みが決して消えないものであることを確信する。 こんにちわ! 見えてるということは、あなたが今度旅立つ新人Trainerさんね」 「え? なに? どうしたの、キルリア? ……ああ、名乗るのを忘れていたわ」 「わたしは鞠莉。 大会に向け厳しい練習を繰り返す千歌だったが、その難易度の高さから一度も成功しないまま時間だけが過ぎていく。 幼い頃から高飛び込みと水泳が大好きで、実のところちょっぴり自信があるんだ。 漫画 高飛び込みの全日本級選手であるものの、素行はあまり良くなく、たびたび教師から注意を受けている。 一人称は「私」。

>

ラブライブ!サンシャイン!!輝こうサッカーで!

3年生は登場していないため、不明。 公野櫻子(原作)・おだまさる(作画)・室田雄平(キャラクターデザイン) 『ラブライブ!サンシャイン! なんとか両立させようと策を練る千歌は、予備予選の歌う順番が1番なら、なんとかバスで間に合うということを知る。 千歌、果南と幼馴染であることはG'sおよびアニメと変わらないが、部活が忙しいため3人一緒に遊ぶ機会は少なかった。 漫画 千歌たちが始めたスクールアイドル活動を、まだ部活動として申請されていないこともありよく理解していない。 (第2巻) 曜が4人目のメンバーとはなったものの、未だ部としては成り立たないアイドル部。 Aqoursの中では果南に並んで泳力に優れ、持久力では果南に譲るも瞬発力があり、短距離の競泳では上回る。

>

ホラー・ミステリー

室田雄平 冬休みに入ったAqoursは、東海地区優勝グループとしてで行われる北海道地区予選に招待された。 ロケ地は「」である。 けれど、ダイヤさんにとってはルビィを救うことこそが正義なのです。 4 ふたりのキモチ 古田丈司 -• 本作は内浦地区が舞台であることから、実在する企業・団体ないしはその関連商品等が実名で登場しているほか、モデルとなった建物も数多く存在している。 主人公である男を愛し過ぎて壊れてしまったaqoursは 己を忘れ 自分も大切なものも傷つけて行く。 ストーリー [ ] 漫画については「」を、テレビアニメについては「」を参照 にある、女子高校の「浦の星女学院(うらのほしじょがくいん)」。

>

花々の狂気〜ヤンデレAqours物語〜

善子が道具を片付け終わるころ、千歌達5人が改めて善子を勧誘しに来ていた。 8 くやしくないの?• 唯一生き残った女王だが身体の右側がごっそりと消失しており、生きているのが不思議な状態であった。 渡辺 曜(わたなべ よう) 声 - 高校2年生。 一人称は「私 わたくし 」。 LINE LIVE• その後も、ライブ配信の撮影やラブライブ決勝戦延長戦でのMCをはじめ、Aqoursのライブのサポートを積極的に行い、そのライブの凄さに感激している。 国木田花丸は、ルビィがスクールアイドル部に入部できるよう一緒に入部してみようと提案。 持ち前の行動力と勢いで周囲を引っ張っていく。

>