呉 越 同舟 現代 語 訳。 呉越同舟【ごえつどうしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

『楓橋夜泊』張継 【原文・書き下し文・現代語訳・解説】

(子胥の父である)奢が(楚の平王に罪を責められて)殺されたので、(子胥は)呉に亡命した。 そして、とても教訓に満ちた言葉でもあります。 政治資金をめぐる与党のスキャンダルは政権転覆のまたとないチャンスだと、各野党は大同団結して気勢をあげた。 子胥はまたこの夫差にも仕えた。 意味や使い方は呉越同舟と同様です。

>

呉越同舟|孫子の名言

吾が目を抉(ゑぐ)り、東門に懸(か)けよ。 「呉越同舟」の意味で大切なのは「敵同士でも同じ困難にさらされれば協力する」という部分だからです。 次の平仄はこの作品のもの。 」 為幎冒乃死。 呉人と越人は互いに知らんぷりをしていて船には重い空気が流れていました。 まとめ 「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」は中国の兵法書にあるたとえ話で、「反目し合っている者同士が居合わせる」や「人は反目し合っていても利害の一致があれば協力するものだ」、ひいては「仲の悪い者同士が居合わせる」という意味の四字熟語です。

>

『史記』現代語訳:仲尼弟子列伝(10)子貢E

越王、大いに恐れて、曰く、『孤、不幸にして、少くして先人を失い、内は自ら量らず、罪に呉に抵り、軍敗れて身辱められ、会稽に棲み、国は虚莽 キョモウ と為る。 そんな対立している立場同士が手を組む四字熟語に「呉越同舟」という言葉があります。 異なる目的、敵対する者同士でも、一時的に同じ目的のために戦いを中止して、協力するという意味合いも持っています。 頼山陽は江戸時代後期の漢詩人・儒学者・歴史化です。 ・呉:ここでは呉王・夫差の軍。 ・義士:忠義の兵士。

>

十八史略 「臥薪嘗胆」 現代語訳

文化6年(1809年)30歳の時、父の友人管茶山(かんちゃざん)の廉塾(れんじゅく)に招かれるも、満足がいかず京都に出て新町に独自に塾を開きます。 」 子胥言ふ、「不可なり。 雷が鳴っている間、二人の悪人たちは友人だった など 中国語 吴越同舟 「呉越同舟」は有名な言葉なので聞いたことがあるという人も多かったのではないでしょうか。 夫差曰はく、 「吾(われ)以て子胥を見る無し。 呉越同舟という言葉があるだろう。

>

『臥薪嘗胆』原文・書き下し文・現代語訳

このゆえに馬を方べ輪を埋むるも、いまだ恃むに足らず。 どんなに仲の悪い者同士であっても、共通の敵やにあっては、協力しこれをしようとするものであるということ。 呉の兵を 以 ひき ゐて 郢 えい に入る。 范蠡 はんれい 可 き かず。 ・還家:家にかえる。

>

「呉越同舟」とは|意味・読み方・使い方・類語・英語表現を解説

人と人はとても仲が悪いが、たまたま同じ船に乗り合わせた際に、突風にあって船が転覆しそうになったときには、まるで左右の手のように協力し、危機を乗り越えるものである。 乃ち自剄(じけい)す。 彼らの協力ぶりは左右の手のごとく見事なものでした。 檟は材(ざい)とすべきなり。 双方はお互いに知らんぷりをし、船内にはなんとも重い空気が流れていました。

>

「呉越同舟」とは|意味・読み方・使い方・類語・英語表現を解説

」 挙国政属大夫種、而与范蠡治兵、事謀呉。 夫差 乃 すなは ち子胥に 属鏤 しょくる の剣を 賜 たま ふ。 はやくから漢詩文の才能を発揮しました。 【例文】• 伍員は、字を子胥といい、楚の国の人である伍奢の子である。 「呉越同舟」は敵対している関係が手を組むので、どちらかと言えば「大同団結」の方が類似していますね。

>