日本 国 憲法 条文。 日本国憲法 逐条解説

日本国憲法の改正手続に関する法律 抄

第七条【天皇の国事行為】 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。 〔納税の義務〕 第三十条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。 行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。 又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。 但し、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。 4 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。 第四十八条:両議院の会議は基本的に公開するが、政府の要求やその院の決議によって非公開となることがある。

>

日本国憲法第19条

集団的自衛権行使の容認から安保関連法をでっち上げたアベ政権の「行為」に、いたたまれない思いを喚起する文言です。 〔公務員の選定罷免権、公務員の本質、普通選挙の保障及び投票秘密の保障〕 第15条公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。 2 予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。 沿革 大日本帝国憲法 p. 税金)を課し、かつ今までの税率を変更する場合は法律で定める。 2 刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。 選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

>

憲法条文・重要文書

第一九条【思想及び良心の自由】 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 2 両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。 2 弾劾に関する事項は、法律でこれを定める。 衆議院でも参議院でも4分の1以上の賛成があったにもかかわらず、国会は召集されず。 われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。 第七十一条:帝国議会において予算案がまとまらず、また予算案が議会で成立しなかったときは、政府は前年度の予算額でいくこと。 The right of all persons to be secure in their homes, papers and effects against entries, searches and seizures shall not be impaired except upon warrant issued for adequate cause and particularly describing the place to be searched and things to be seized, or except as provided by Article 33. 第一八条【奴隷的拘束及び苦役からの自由】 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。

>

日本国憲法第21条

七 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。 但し、これがため、訴追の権利は、害されない。 〔公務員の不法行為による損害の賠償〕 第十七条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。 〔皇位の世襲〕 第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。 その大人たちの合言葉は、憲法9条が下支えしていたのだと、今になって思う。

>

日本国憲法の条文

〔内閣総理大臣の指名〕 第六十七条 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。 4 国会議員の総選挙の施行を公示すること。 第十六条:罪の恩赦や特赦、および減刑は天皇が出せる。 前文:第2段落で平和、第3段落で国際協調について格調高く述べているから。

>

大日本帝国憲法とは?条文の内容や特徴と日本国憲法との違いについても解説

〔議員の選挙〕 第47条選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。 〔基本的人権〕 第11条国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。 この報酬は、在任中、これを減額することができない。 However, there shall be no discrimination because of race, creed, sex, social status, family origin, education, property or income.。 2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。 いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

>