問答 無用 類語。 「問答無用」の意味とは?英語、類語や使い方、例文を紹介!

「無駄」とは?意味や使い方を類語を含めてご紹介

「問答無用」と言われないよう、ビジネス用語を正しく使えるよう身につけていきましょう!. 「快刀乱麻を断つ」とは故事成語を由来とすることわざで、「切れ味の良い刀で絡まった麻糸を断ち切るように、問題を鮮やかに解決する」という意味を持っています。 「要」は「使えるもの、なくてはならないもの」を意味します。 日常的にもよく使われる表現で「質問もないほどだ」「言い訳すらない」というニュアンスで会話に登場します。 「不」は音読みで「フ・ブ」、訓読みで「ず」と読みます。 「 人間は将来を憂いて発奮すると食事を忘れ、楽しむ時は憂いを忘れる。 太い刀で物を二つに切ってしまうような、 思いきりの良さ、勢いなどを「物事への素早い決断」「毅然とした態度」という、人間の動作や行いに当てはめていると考えられます。

>

「問答無用」ってどうやって使うの?意味や使い方を例文で解説!

それぞれ「一見役に立たなそうだが、大事な機能を果たす」「役に立たず足手まといになるもの」を意味します。 「無用」の意味は、• 「一刀両断」を「見事に解決する」という意味で使う 「一刀両断」という言葉を感嘆・感心の心情で使うこともできます。 No questions asked(問答無用) 【例文】• 「問答」の意味は「質問と応答のやりとり」です。 そのため、「問答無用」という言葉はありきたりであまり使いたくないというのであれば、「問答無益」という言葉でも議論する必要性のないこと、議論することで何も生み出さない利益のないことを伝えるときに表現することができることになります。 後者の「問答無用」は、「この小説は問答無用で素晴らしい」というように、何かを絶賛する時に使います。 ただし、「不要」が最も広い言葉であるため、「この肌着は不要」や「不要な出費を抑える」という表現も正しいです。

>

【不要】と【不用】と【無用】の意味の違いと使い方の例文

「今持っているものが必要ない」ことを意味する言葉と言うことも出来ます。 言語道断 「言語道断」とは、言い表せないほどあまりにもひどいことをいい、とんでもないことであったり、もってのほかであることの様子です。 無用の者はこの部屋には入ってはいけない。 このように、「問答無用」はただ相手に譲ろうとしないのではなく、絶対に、完全に譲ろうとしないという様を表します。 「問答無用」とは 「問答無用」の読み方は「もんどうむよう」 「問答無用」の読み方は「もんどうむよう」です。

>

「問答無用」ってどうやって使うの?意味や使い方を例文で解説!

ぜひこちらもあわせてチェックし、さらに「問答無用」という言葉に対しての理解を深めていきましょう。 次に、「不用」というのは使わないから必要がないという意味ですが、この言葉を実際に使う場合には、「今持っているものがもう必要がない」ことを表現する場合が多いです。 ということは、そこに何か返事をしても無駄に終わってしまうということは本人が一番に理解していることになります。 そのため、なんとなくのニュアンスで使う人がとても多く増えています。 ビジネスにおいては議論や会議などを指すこともあります。

>

「一刀両断」の意味とは?例文や類語「快刀乱麻」との違いも紹介

「無用な身体器官はない」と言うことが出来ます。 Aくん「この前の合コンに来てたBちゃん、可愛かったよね。 では、ここで質問です。 そのような点から「あれこれ議論していても何も利益がないということ」を意味しているんですね。 おそらくすべての四字熟語に2つか3つくらいに類語として四字熟語が紹介されているはずなんです。 そこで知ったところでしっかりとした意味を学ぶことはできていません。

>

【不要】と【不用】と【無用】の意味の違いと使い方の例文

いらないこと、不要なこと• 一刀両断 「一刀両断」とは、物事を思い切って処理することのたとえを表します。 反対語は「任意的」 「問答無用」の 直接的な反対語は存在しませんが、話し合いの余地があり、答えの選択技があるという観点から見れば「任意的」「自主的」などが、反対の意味にあたると考えることができます。 つまり元々の意味としては、 「 一つのことへ集中する時の人間の心理」 を表した四字熟語ということが分かるかと思います。 また、「快刀乱麻」はよく使われる四字熟語ですが、 この言葉自体には「決断する」という意味は含まれていません。 つまり、これらの漢字から意味を読み解いていきますと、答えたり問うたりする間もないということ、そのようにさせないということ…を意味していることが分かるかと思います。 これがまさに人間の心理を表しており、 「一刀両断」だと述べたのです。

>

一刀両断の意味とは?例文や使い方・語源を解説

よく使われる表現としては「 天地無用」があります。 つまり、きちんとした結論を出せない会議は多くの人の時間を無駄にしてしまいます。 「不用」の意味は、• 「要」は音読みで「ヨウ」、訓読みで「かなめ・いる」と読みます。 意味は、「とんでもない」「けしからぬこと」という意味合いになります。 無と不はともに否定を意味する接頭辞です。

>

「無用」「不用」「不要」の意味の違いと使い分け

なぜならば、類語などを学ぶことによって、特定の知りたい言葉の意味合いをもっと深く知ることができるからなんです。 そのままで「問答無用」という言葉の学習を終わらせてしまったら、あなたはこれから先も「問答無用」という言葉に対して正しい理解をすることができなくなってしまいます。 「問答無用」も同じように、良い意味を表すときに使われることもあります。 不用の語源 「不要」に「使う」という意味合いを込めて「使う必要がない」ことを表現するのが、「不用」という言葉です。 意味は、 「 物事を思い切って処理すること・ためらわずに決断すること」 などを表します。 「じゃあこれにしよう!」と良い決断をしてくれた際にも使えますし、「このまま話し合ってても埒あかないよね?」と痛いところをついた場合にも使えます。

>