沖縄 県 地震 情報。 地震情報 沖縄県で発生している謎の揺れの正体がヤバい!

地震情報:朝日新聞デジタル

うがいも忘れずに! 高齢の親族と会うときはマスク着用、体調管理をより厳重に! 公式情報• 2010年2月27日 (平成22) 沖縄本島近海 7.2 負傷者2人。 クジラも打ち上げられている!• 波浪注意報• けれど、 「海溝型地震」については、過去の発生履歴を見てみるとおおよその可能性が割り出されます。 内閣府の東南海・南海地震対策のページです。 波浪注意報• 観測点 1 2 3 10 1 1 - - - 6 - 1 4 - 1 8 1 1 3 2 1 6 2 - 3 2 1 4 1 - 9 2 1 4 2 - 4 2 - 2 4 1 5 2 2 7 3 1 2 1 - 2 1 - - 2 - 2 1 - 2 2 - 5 2 1 6 - 1 1 1 - - 1 - 5 - 1 6 2 1 4 2 - - - - 2 1 - 4 2 1 9 2 - 1 - - - - - 1 - - 5 1 1 3 1 - 10 4 1 7 - 1 4 1 - 7 1 1 11 3 1 4 1 - 5 2 - 2 1 - 6 1 1 9 1 1 - - - 4 1 1 観測点 1 2 3 観測点 1 2 3 4 1 1 6 1 3 - - - 5 2 - 6 3 - 8 2 1 8 1 1 5 2 1 6 2 - 5 3 - - - - 3 2 - 10 4 1 - - - 9 5 1 5 4 - 2 1 1 - - - 9 3 1 2 1 - 5 2 2 2 3 1 1 2 - 2 2 1 2 2 - 6 2 1 4 3 - 3 2 - 7 - 1 9 2 1 4 - - 14 3 - - - - - - - 8 1 - 1 2 - 5 2 - 2 1 1 8 3 1 - - - 7 - 1 - - - - - - 6 1 1 5 1 - 8 1 1 2 2 - 3 1 - 観測点 1 2 3. 2016年の沖縄県は98回で21位、震度3以上限定では6回で29位です。 波浪注意報• なお、奄美大島近海に発生した1911年の地震(M8.0)では、那覇市、首里などで被害が生じました。

>

沖縄県の地震情報 : 地震を知る統計サイト【揺れる日本列島】

強風注意報• 波浪注意報• - 沖縄県• 下記の表は、沖縄県の震度観測点ごとに、2017年02月28日から2018年02月28日までの1年間の震度観測回数を集計したものです。 強風注意報• 引用元「」 地震被害の予想 被害予想(沖縄県) 沖縄県がH9年に算出した予想は以下の通りです。 強風注意報• 来ると大変な台風ですが、一方で台風は大量の雨を降らせ、水を運んでくれる存在でもあります。 強風注意報• 強風注意報• 5」 全壊数:1棟 死者数:2人(負傷者:7人) 「2010年 沖縄県本島近海の地震(M7. 強風注意報• 下の「沖縄県の最大震度別・地震観測回数推移グラフ」は、1997年から2018年までの地震観測回数を、沖縄県内の最大震度ごとに年別の棒グラフに表したものです。 沖縄本島南部スラブ内地震が発生した場合の揺れやすさを表す震度分布図は以下のとおりです。 1990年以降、沖縄県で観測された最大震度は、 震度5です。 4mに達するとされています。

>

沖縄県の地震情報 : 地震を知る統計サイト【揺れる日本列島】

また、チリや台湾といった少し離れたところで起きた時の津波で被害が出ていることが多いようです。 津波からの避難は一刻を争います。 2017年の沖縄県は69回で17位、震度3以上限定では8回で13位です。 1909年の地震では、那覇、首里などの沖縄島南部で1,000ヶ所以上の石垣が崩壊し、十数名の死傷者が生じました。 情報通信:約13万8000回線 津波の高さ、到達時間 海溝型の地震でもっとも顕著となるのは津波による被害です。 強風注意報• 内陸の活断層帯の将来の地震発生の可能性についての評価です。

>

沖縄県の地震活動の特徴

年間平均27個が発生する台風のうち、沖縄県には平均7. 地震保険については真剣に考えておきましょう。 沖縄県での2018年における震度1以上の地震の観測回数は 5回となっています。 波浪注意報• - 厚生労働省 沖縄労働局• 東日本大震災の教訓でもあるが、 できるだけ沿岸部を避けるとともに、 高台に住むべきだろう。 土砂災害の危険性については、自治体が発表している土砂災害危険度情報(土砂災害ハザードマップなど)が参考になります。 その他、土砂災害による被害は全壊約330棟、半壊約770棟、火災による消失は約560棟と想定されています。 レベル5(相当)• 冒頭でも挙げたように、 沖縄県の地震地域係数は全国で1番低いという事実はあるが、 これは1981年に策定された数字であり、 当時の調査はかなりずさんであったらしい。

>

沖縄県の地震情報 : 地震を知る統計サイト【揺れる日本列島】

この地震では、津波被害の報告はありません。 沖縄県に影響する直下型地震と海溝型地震について、発生のしやすさと起こりうる被害想定についてみていきましょう。 地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。 2)」 全壊数:0棟 死者数:0人(負傷者2人) 参照元:「地震本部 」 沖縄県を揺らす地震の発生確率 地震がいつ起きるのか? それが分かれば少しは対処ができるのですが、残念ながら 現代の科学ではいつ地震が起きるのかを正確に予想することはできません。 沖縄県は、 ご存知のように本島とは切り離された島である。

>

5分でわかる沖縄県で起きる地震発生の確率と被害予想について

6 最大震度5弱 の地震以来です。 強風注意報• 沖縄県情報ポータル 地震・津波への備え 地震・津波は突然発生し、破壊力が非常に大きいため、何をおいても命を守るための対策をたてておくようにしましょう。 波浪注意報• 強風注意報• 場所によってはやや弱い地盤であるため、地震が発生した場合には他の地域より揺れが大きくなる可能性があります。 耐震補強:壁や屋根、天井、照明器具など• 人的被害 建物の倒壊や火災、斜面崩壊などにより、おおぜいの死者や負傷者が発生します。 今回は、 地震情報 沖縄県 について書かせていただきます。 - 沖縄県• ホームページで公開されていますので、あらかじめ確認しておきましょう。 クジラも打ち上げられている! そして、 同じようなタイミングであった、 2013年3月20日に、 読谷村にある米軍施設のビーチから、 ザトウクジラの死体が打ち上げられたのだ。

>