アシックス メタ レーサー。 ナイキ以外で勝負シューズを探したい!サブ3のためのシューズ候補を3つに絞ってみた(メタレーサー、ウェーブデュエルネオ、エンドルフィンプロ)(サブスリー)

アシックスメタレーサーは中厚レーシング、厚底ではない|F・Shokai 藤原|note

クッショニング、カーボンプレートの反発 このあたりが、皆さんが気になっている所ではないでしょうか? 冒頭にお話しした通り、対ヴェイパーフライではなく、アシックスらしいカーボンシューズとなっていると思います。 しかし、この反発感があるのでそれはきっとマイナスには感じないはずです。 こうしたこだわりがシューズメーカートップクラスの足入れの良さを実現するのでしょう。 アッパーのサイド部分に大きめのブランドストライプを配した点は、従来モデルのデザインテイストを継承しているが、別素材の貼り付けではなく、プリントで表現しているところは新しさを感じる。 今回はアシックス『METARACER(メタレーサー)』をYouTubeで活躍中のHAGIさんとご紹介します。 特徴;ハットでニット素材 気になるところ:価格がやや高い。 気になる値段は2万円+税だからレース用としてはお手頃と言えるだろう。

>

アシックスのカーボンプレート搭載シューズ「メタレーサー」の先行発売日が 6月12日(金)に決定|走ろう.com

ただ、はっきり言っておきたいのは、このシューズ、ナイキヴェイパーフライのような厚底を想像して履かないでくださいね。 わたしは、フルで履くというより、10Kからハーフぐらいまで実戦で履いてみたいレーシングという印象。 ランニング効率を向上させているという。 ソールのクッションに関しても、アシックスの技術を駆使し、柔らかすぎず、硬すぎない、本当に絶妙なクッションを開発したなぁと思います。 「あのアシックスが厚底?」とランナーの間では話題となり、発売直後の東京マラソンEXPOでは販売用に用意したシューズがたちまち売り切れるほどの人気を博した。 僕もその目的でメタレーサーを購入しました。

>

メタレーサー

足首まわりは柔らかいパッド(黒の部分)で包まれます。 でもフィット感良し、かかともハマりますね。 一般的な市民ランナーからすると手の届かないレベルの話ではありますが、このようなテクノロジーの塊のようなものは、やっぱり一度は履いてみたいですよね。 日本記録も世界記録もナイキ着用選手が保有している。 記憶にあるのは、不発だったミニマル系ナチュラルシューズの33シリーズぐらいでしょう。 これによって、ふくらはぎの筋肉への負担を最大20%軽減し、エネルギー効率を高めることに成功したという。 今回、アシックス初のカーボンシューズであるメタレーサー、アシックだからこそ出来た、この絶妙なクッショニングをぜひ、体感してみて下さい! またこれからも、機能や性能面で様々なシューズを打ち出してくれるであろうアシックスに、今後も期待です!!. サイズ感、重量感 27. しかし、これまでのアシックスのフラッグシップモデルであるターサーと比べると、ミッドソールは厚めです。

>

アシックス最新シューズ「METARACER™(メタレーサー)」を先取りできるムービー公開|走ろう.com

シューズの候補の前提 今回候補するに当たってのポイントはこちら!• しかしここ最近は、海外ブランドのランニングシューズを見かけることも多く、このメタレーサーはまさに満を持しての一足と言えるのである。 ただ、このカーボンプレートのおかげで、重心の移動が非常にスムーズであることは間違いないです。 返品すれば問題ないこともありますが、そんな面倒なことするなら、是非一瞬でもショップに行って自分で履いた感覚を確かめてくださいね。 今日はその候補シューズについて紹介してみようかなと思います! お金があれば全部買うんですけどね・・・。 カーボンプレート搭載のハイスピードモデルモデル• ワイドモデルのランニングシューズも多数展開 ランニングシューズを選ぶときは足のサイズ(足長)だけではなく、足囲(ワイズ)もぴったりなものを選ぶことが大切です。 よって、減りも遅いです。 しかし、前足部に入ったカーボンプレートは硬い素材なので、このぐらいの剛柔感は必須。

>

厚底ランニングシューズのおすすめは?アルファフライ、アディゼロプロ、メタレーサーを比較

どれだけ効果あるのかは未知数(笑)。 ) 現在公表されている同製品の画像からは、アシックスらしい緻密なつくりを感じます。 つまりは、 通気性をアップさせ、靴の中の環境を整える狙いがある設計となっているのです。 なにはともあれ、ここランニングシューズ界における最近のナイキの攻勢は目を見張るものがあります。 カーボンプレートの効果も相まって、カーボンプレートの使用目的が同じなCARBON Xより強い反発を感じます。 走っていてストライドが自然と大きくなる感じだった。

>

厚底ランニングシューズのおすすめは?アルファフライ、アディゼロプロ、メタレーサーを比較

その時も中1~大4までずっとアシックスのシューズを履いていました。 当面のレースがなくなってしまったということで、買ったとしても使う機会がなさそうです。 新たなスタンダード、ニューノーマルの一歩目かもしれない。 通気性を高めるためにつま先にもマジックベンチレーションという小さな穴が空いており、暑い夏場でも快適に走ることができます。 その中核になっていたのは、日本人好みの薄底シューズを体現化したタクミセン・レンでした。 ヴェイパーフライぐらいの反発がないとフルマラソンで持たないという方にはオススメできませんが、シューズの反発は欲しいけれども、少しでもヴェイパーフライの反発が強すぎると感じた方にはかなりオススメです。 その点は共通していますね。

>