簡易 書留 日付 指定。 簡易書留の出し方(送り方)と日数!コンビニやポスト(切手)で送ることはできる?

配達指定日・配達時間帯指定郵便の出し方:[元旦指定お年玉現金書留]

窓口担当者が窓口の端末に締切時間とあて先の郵便番号を入力することにより指定できる時間帯を 速達のサービスレベルを基準に調べてもらえます。 ただし、 一般書留の場合は損害要償額を申し出ない限り、その額は10万円にとどめられるという注意点があります。 以上の手続きを終えると、郵便局員さんが追跡番号の記載されたシールを封筒に貼り、郵送手続きをします。 現金書留の場合には専用の封筒が必要ですが、簡易書留の場合にはごく普通の封筒が用意できれば問題ありません。 そして、電話により当日19時頃(注意:電話受付時間は郵便局によって異なる場合あり)までに再配達希望があったものについては21時頃までに、無料で再配達してくれます。 送りたいものを封入し、赤字で「簡易書留」と記す まずは自分で封筒・包みを用意し、送りたいものを封入、梱包します。

>

簡易書留の封筒の書き方はコレ!正しい出し方!料金と支払い方!

この補償は、郵便物とゆうメールに付けることができます。 その際に「普通」か「書留」かをきちんと伝えてください。 特殊取扱料金は最低400円(損害要償額2万円)。 この時には「簡易書留をお願いします」と伝えましょう。 ポイントは 「赤字で」書くということです。

>

手紙や封筒も日付指定や時間帯指定ができる事をご存知でしょうか?

ゆうパックでは配達日の指定と配達時間帯の指定を無料で行うことが可能ですので、代替案として利用すると良いでしょう。 近所の郵便ポストやコンビニなどで、簡易書留を出すことはできません その理由は、郵便局の窓口で簡易書留料金を払って、郵便物の追跡番号をもらわなくてはいけないからです。 誕生日ギフトを送る際に最適なオプションですね。 この「受領証」には、「お問い合わせ番号」が記載されており、追跡サービスの際にこの番号を入力することで配達状況を確認することが可能です。 普通の郵便局では、ゆうゆう窓口がある場所は少ないですが、地域にある本局などにはゆうゆう窓口が設置されていることが多いです。 平日の場合は 31 円、日曜・祝日は210 円、ゆうメールの場合は曜日に関係なく、いつでも51 円の料金が別途かかります。 「速達」&「書留」の料金は? 「速達」や「書留」を利用する場合は、郵便物や荷物の運賃にオプションサービスとしての料金が加算される。

>

簡易書留はポスト投函できるの?正しい手順!

郵便物の破損や紛失が生じた際には、損害が5万円未満の場合は実損額を、5万円以上の場合は一律5万円を補償されます。 補償の増額はありません。 送るものの大きさ、重さによって料金が違いますのでしっかりと確認しましょう! また土日祝日に急ぎで書留書類を送りたいなんていう人もいるかと思います。 配達先の情報入力 ・配達希望日、時間帯の入力 ・ご依頼者の郵便番号、住所、氏名、連絡先の入力 3. 受取人は、「本人限定郵便到着のお知らせ」とを持って、受取人宅への配達を担当する郵便局に受け取りに行く。 きちんと案内を読みさえすれば間違わないことなので、しっかりと着実に手続きを進めよう。 ただし、料金として使えるのは、消印の押されていない未使用の切手だけです。 ただ、相手が不在続きだと、受け取ってもらえるまでに何日もかかることがあります。

>

書留郵便 について

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。 配達員または窓口局員が身分証明書番号を控える。 また、貴重品は国際書留ではなく保険付に限る宛先国がある)。 速達で送る場合は、 速達料として290円がプラスされます。 一般書留よりも要償額が少ない代わりに、料金が安い。 切手を貼る時に注意しないといけないのは、少ない時は追加分を購入すればよいのですが、 料金より切手の額の方が多い場合はお釣りが出ないので気をつけましょう。

>

入学書類や願書の送付は大丈夫!? 大切な書類を送る前にチェックしたい郵便知識【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

また、イベントチケットや為替・金券などのように内容物に金銭的価値がある場合、万が一の際の補償を受けられるように簡易書留の利用が推奨されます。 また、郵送できるお金に限度額の設定はなく、封筒に入るだけの金額であれば郵送が可能です。 配達完了後に郵便局は「本人確認書類の名称・記号番号・生年月日」を、インターネットの日本郵便会員専用上で差出人に通知する。 しかし、郵便局によって、当日の再配達の最終受付時間が違うことがあるので注意しましょう。 現金書留 [ ] 現金(日本の有効な紙幣・硬貨であって、外国の紙幣・硬貨は含まれない。 ただ、こちらは簡易書留どころか普通郵便で送付しても罰則はありません。

>

元郵便局員が教える!配達時間帯指定郵便(書留)の郵送方法と注意点

印鑑(印鑑がない場合は署名することでもできます) 特に「本人確認書類」を持ってきておらず、取りに戻るという事例があるようなので、忘れずに持っていくようにしましょう。 ゴールデンウィークのように祝日が続いても、平日と同様に配達されるという特徴があります。 簡易書留の受け取り方や郵便局留めで受け取る時のやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。 但し、補償を増額することが可能で、5万円ごとに21円が必要。 間違って簡易書留の封筒に切手を貼ってしまった場合や余って使わない不要な切手がある場合などに、おすすめの支払い方ですね。 重要書類(受験時の願書等)・チケット等:簡易書留• 相手先が料金を払うパターンは、差出人の住所や名前の記載がない時や 差出人と送り先の集配管轄エリアが違う場合は、そのまま郵便物が送り先に届いてしまい 受け取った送り先の人が料金を払うことになります。 一体どういうことだ!と思いましたよ。

>

元郵便局員が教える!配達時間帯指定郵便(書留)の郵送方法と注意点

簡易書留を間違って郵便ポストに入れた場合 簡易書留は、必ず郵便局の窓口に出して送らなくてはいけません しかし、間違えて郵便ポストに入れてしまった場合はどうなってしまうのかというと 切手が貼ってある場合 切手が貼ってある場合は、そのまま 普通郵便として配達されます。 場所によってではありますが、土日祝日でも発送を受け付けてくれる郵便局(それなりに大きい郵便局)がありますので、お住まいの地域でその郵便局があるか事前に確認しておくのも良いでしょう。 書留の料金 書留郵便は、基本料金・運賃と各書留の加算料金の合計が利用料金になります。 1枚目の「書留・特定記録郵便物等差出票」 2枚目の「受領証」 なぜ簡易書留は郵便局からしか発送できないのかというと、簡易書留では発送完了の記録と受取の記録を取る必要のあるサービスであるためです。 上記の例えの場合だと 定形郵便物の料金 84円 +簡易書留料 320円 +速達料 290円 = 694円 になります。 (あるやん!!) 最初は「無い」と言ってたものがちょっと探したらあった。 国際書留専用ラベルもあるが、利用は必須ではない。

>