Youtube 配信 ビット レート。 【最新】ゲーム実況を高画質でライブ放送をする方法(YouTube/Twitch)

YouTubeの動画ビットレート比較。ライブ配信でおすすめの設定とは?

OBS Studioの生配信設定方法(PCゲーム編) 次にOBS側の生配信設定方法を解説していきますが、高画質でYouTube生配信ができると言っても、あなたが使用しているPCのスペックやネット回線によっては無理な場合もあるので注意が必要です。 下り最大440Mbpsで家でも外でもどこでも高速インターネットが楽しめる 特に、「下り最大440Mbps」という速度は固定回線並みであり、モバイルルータでは破格の通信速度です。 「録画品質と同じ」にすれば、超高画質な動画をPCに保存できます。 視聴者に見せる画面の設定をする• サーバー項目が「Primary YouTube ingest server」になっているのを確認 この時に サーバー項目が「Primary YouTube ingest server」になっているかも確認しておいてください。 2パスエンコードを使用• YouTubeとFacebook、どのSNSで配信するのか設定できます。 YouTubeでゲーム実況するために必要なもの3つ Youtubeのストリームキーは、 初めての人には場所が分かりづらいと言われています。

>

ライãƒ

もちろん品質を落とせば必要な容量が半分以下(中品質:0. 「エンコーダ配信」を選択 選択すると配信の画面が表示されるため、 タイトルを入力したら公開状況を「公開」にしておきます。 050 ここでは、各動作 高度、中度、低度 を次のように定義しています。 CPUではなくグラボでエンコードする方法です。 ただやみくもにビットレートやエンコードプリセットの設定を上げてしまうと、PCに負荷がかかり過ぎて処理落ちしたり、 処理が間に合っていても上り回線速度が足りずにカクカク配信になってしまったりと色々と制約があります。 Zoom以外のSNSを使って、ライブ配信をしたい場合は、あらかじめZoomの設定でライブ配信を許可しておかなければいけません。

>

【YouTube】テスト配信のやり方とチェックすべき4つのこと【OBS】

マイクにテスト配信の音が入らないように注意。 補足しますと、YoutubeのOpusはVBRであるが故に音源によってビットレートにバラつきが出ます。 2Kbps 約9,332Kbps必要 【1080P 60FPSの場合】 0. この状態は「配信できてればOK!」っていうレベルですね。 機器によっては解像度を調整するなど映像と音声に割り当てるビットレートの比率を調整できるものもあるので実際の映像を見ながら調整するのも良いでしょう。 ビットレートとフレームレートの関係とは ビットレートを左右する大きな条件がフレームレートです。 基本的に何も動かさないと数値は低くなり、ゲームのキャラクターを操作して画面を動かすと数値が高まるので、実際に戦闘を行うなどキャラを動かしながら、CPU・GPUが70%を超えないかチェックしていきます。

>

【OBS Studio】配信が途中で切断されてしまう際の対処方法

「FPS共通値」は60 これで「配信開始」をしてYouTube、TWITCHでまずはテスト確認してください。 ちなみに、先ほど設定したタイトルや説明欄などを変更したい場合は、画面上にある 「編集」をクリックして設定し直してください。 じゃあ50の画質で配信すればいいじゃないかと思いますが、そうではありません。 に newmomizi より アーカイブ• 以下の表に配信方法ごとにまとめました。 設定できたらもう1度確認してみましょう。 (以下、OBS)の設定がよくわからない• また、Twitchであれば、同サイトの「クリエイターダッシュボード」から低遅延設定にできます。

>

RECentral 4でゲーム配信する方法。YouTube、Twitchなら簡単です

環境によっては、画質を下げないと配信画面がカクつきます。 PCに映っている画面を視聴者に見せる• これでは高画質配信はできません。 タスクマネジャーのPCのパフフォーマンスをチェックして何が原因なのか調べましょう。 さらに、その下にある 「配信サービスのエンコーダ設定を適用する」のチェックを外します。 8kHz Windows10のInternet Explorer11で検証 139 96Kbps 15kHz Windows10のInternet Explorer11で検証 140 128Kbps 15. Profileは 「high」に設定します。 Zoomの月額2,000円のプロプランでは、Zoomで配信できる人数が最大100人までです。 しかし監視カメラやオンライン会議のようにリアルタイム性が求められるデータ通信の場合は時間をかけて少しずつデータを送るわけにはいきません。

>

YouTube生配信のOBS設定方法!PCゲームで1080p/60fps出すやり方は?

YouTube Liveにアクセスして 超低遅延モードをONにすれば、遅延は約4~5秒まで短縮できます。 あと外出時も動画とか見ちゃうからパケット節約するために持ち運べるものがいい。 特に、スマホの最大画面再生時やデスクトップPCのモニター等で再生した場合に画質差が顕著に現れます。 頑張るなら自分でOpusを色々エンコードして、実際にYoutubeの仕上がりビットレートと同じになるようなパラメーターSettingを探る・・・なんて事もできますが、苦労の割に得るものは少ない。 YouTube Live(Google アカウント)にログインするためのメールアドレス、およびパスワードを入力する。

>

YouTubeで生配信する際のOBS側「設定→出力タブ」の設定

すると、シーンの名前を入力できる画面が出てくるので、 ゲーム名などのわかりやすい名前を入力して「OK」をクリックします。 に 管理人 より• AV1まとめ VP9まとめ YouTubeの動画コーデックと画面解像度については、そこそこ面白い傾向が分かったように思います。 OPTIONSボタンを押すと、詳細を設定できます。 " この事象は配信者のインターネット回線の速度が十分でないために表示されるものです。 エンコーダ:NVENC H. 次にエンコーダを 「NVIDIA NVENC H. わからなければ迷わず上記の3つのどれかを選ぶと良いでしょう。 キャッシュを調べてないので詳しくはわからないのですが200~300MBほどまで圧縮されている気がします 動画の読み込み速度がやけに速いのでその程度のサイズと考えると納得です 何も知らず2日かけてアップロードした数分11GBほどの高品質動画はもう無残でしたね 結局動きの激しい動画は再生時間を犠牲に悪足掻きするしかないのでしょうか ぶっちゃけスマホやタブレットで見る分にはわからないレベルなので損害は思うほど少ないでしょうけど すげー早口みたく愚痴ってすいません判断材料になれば嬉しいです 3GBほどある高ビットレート40000kbpsフレームレート60fpsのFPSプレイ動画を上げたんですが、 オリジナル動画からの劣化ぶりに驚きました。

>

ライãƒ

次に出力タブから「映像ビットレート」「音声ビットレート」を変更しましょう。 遅延は不具合ではない ブラウザで画面を確認すると、 遅延がある、遅れていることに気がつくでしょう。 WebM形式の映像はMP4形式の約半分のビットレートになっていますが、圧縮効率が高いため、MP4形式と同等かそれ以上の画質になっています。 何の目的で何を送受信するのかによって途中式が変わるからです。 したがって、配信設定する前に必ずお店の 上り回線速度をチェックする必要があります。

>