白石 町 コロナ。 新型コロナ 宮城で12人が感染 白石、富谷両市長の陽性も判明(24日)

新型コロナ 宮城で19人感染 白石高でクラスター

富谷市によりますと、市役所内に若生市長の濃厚接触者はいませんが、21日に若生市長ら幹部と市民あわせて20人ほどが出席した市政懇談会で両隣りに座った副市長、教育長は検査対象者として自宅待機となっています。 県議会の石川光次郎議長は24日、報道陣の取材に対し、感染者が多く出たことについて「多くの県民にご心配をかけ、心からおわび申しあげる」と陳謝した。 令和 2年11月21日 町内15例目 (県内291例目)• 仙台市は感染が分かった自民党県議ら12人が、市内の酒類を提供する飲食店で会食していたとして、同店でクラスター(感染者集団)が発生したと断定した。 県などによると、新規感染者の居住地別の内訳は仙台市6人、加美町2人、白石市、富谷市、大崎市、亘理町が各1人。 。 令和2年11月3日 町内12例目(県内261例目)• 同市は24日の市議会で、伊藤市長の感染状況を報告した。

>

【速報】12月8日 宮城で17人の新型コロナ感染確認 仙台市9人 白石高校を臨時休校に(仙台放送)

県議会関係者12人については、利用した飲食店でのクラスター(感染者集団)が確認された。 この12人は17日夜、他の4人を含む計16人で、酒類を提供する飲食店で2時間ほど会食をしていた。 山田市長は16日に要望活動で一緒に東京を訪れ、懇親会にも同席。 市は動画投稿サイト「ユーチューブ」で会見の模様をライブ配信する。 この会食には、川崎町の小山修作町長や七ケ宿町の小関幸一町長、白石市の部長も同席していたが、検査結果はいずれも陰性だった。 マスクを着けず、十分な距離を取らずに会話していたという。

>

ã€é€Ÿå ±ã€‘ï¼‘ï¼’æœˆï¼˜æ—¥ã€€å®®åŸŽã§ï¼‘ï¼—äººã®æ

白石市は12月4日から定例議会が始まる予定だが、山田市長は2週間の療養後、実質審議入りする8日の議会で所信表明する見込みだ。 市では26日に予定していた総合防災訓練を中止とする一方、12月1日からの市議会12月定例会は予定通り開催し、副市長らが対応する予定です。 令和2年7月30日 町内7例目(県内74例目)• 伊藤市長と別々に接触し、濃厚接触者となった。 令和2年 11月21 日 町内16例目 (県内293例目)• 県議10人と会派担当職員2人が感染し、4人は陰性だった。 令和2年5月 4日 町内5例目 (県内45例目)• このうち計914人は既に退院・療養解除となっている。

>

ã€é€Ÿå ±ã€‘ï¼‘ï¼’æœˆï¼˜æ—¥ã€€å®®åŸŽã§ï¼‘ï¼—äººã®æ

令和2年11月3日 町内11例目(県内260例目)• だが欠席者が多いため、一部の議案は、常任委員会での審議を省略せざるを得なくなった。 富谷市では自宅待機となっていた若生裕俊市長がPCR検査の結果、陽性と判明しました。 新型コロナウイルスに、白石市と富谷市の両市長も感染したことが24日、明らかになった。 また、宮城県は8日、新型コロナウイルスに感染し、入院していた患者1人が6日に死亡したと発表しました。 山田市長は、伊藤市長の濃厚接触者として23日に検査を受けて感染が判明したという。

>

白石町ホームページ |新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

令和2年11月4日 町内13例目(県内266例目)• 店側の感染対策は十分講じられており、仙台市保健所は県議らがマスクを着用せず、十分に距離を取らず会話したことが、感染拡大の原因とみている。 宮城県のまとめによりますと、8日午後4時時点で、県内の医療機関に入院している患者は57人(うち重症者3人)となっていて、148床ある病床の38.5%が埋まっている状態となっていますが、そのほかに入院・療養先調整中が32人、ホテル療養中が36人、自宅療養中が33人となっています。 宮城県内の首長の感染は、大崎市長を合わせて計3人になった。 症状はなく、入院先から電話やメールで指示し職務にあたるということです。 山田裕一白石市長、若生裕俊富谷市長の陽性も判明し、県内首長の感染は計3人となった。

>

ã€é€Ÿå ±ã€‘ï¼‘ï¼’æœˆï¼˜æ—¥ã€€å®®åŸŽã§ï¼‘ï¼—äººã®æ

年代の内訳は、10代2人、20代6人、30代2人、40代1人、50代1人、60代2人、70代2人、80代1人の、計17人です。 宮城県内では12月8日、新たに仙台市で9人、登米市、大崎市、石巻市で各2人、名取市、柴田町で各1人の、合わせて17人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 山田市長は「いつだれが濃厚接触者や感染者となってもおかしくない状況にあることを身をもって感じたところです。 陰性が確認された市長や町長も経過観察が必要なため自宅待機などの対応を取っていて、公務への影響が広がっています。 岩沼市によると、菊地啓夫市長もこの日夜の会合に参加し、大崎市長の濃厚接触者になったという。 令和2年5月 1日 町内2例目(県内42例目)• 県内の感染確認は91日連続で計1128人(仙台市内は計765人)。 市長らの感染を受けて、行政運営に影響が出始めている。

>