旅籠 屋 出雲。 【公式】はたご小田温泉 茶寮清泉亭

「ファミリーロッジ旅籠屋」店舗一覧ページ

のサイトでもご覧いただけます。 ご協力ください。 ラウンジに常設しております。 時代の流れにおされて傾きかけていた家業を小さいながら県内屈指の個性派宿として育て上げる。 「気比神社」は、越前の一ノ宮で、北陸道の総鎮守です。 字数制限もあり、主旨が伝わりにくいおそれもありますが、どうぞご覧ください。

>

さんべ荘別館 四季の旅籠 (サンベソウベッカンシキノヤド)

無料ネット接続(有線LAN・Wi-Fi)や無料駐車場も整っており、テレワークに最適です。 3密とは無縁の風通しのよい広い客室、無料ネット接続(有線LAN・Wi-Fi)も整っており、 無料駐車場も完備されるなど、テレワークに最適です。 「金ヶ崎宮」は、金ヶ崎城跡の南西中腹にある後醍醐天皇の皇子の恒良親王を 祀ってある神社で、明治23年の創建です。 < 襖の書・山岡鉄舟> 襖の墨跡は、幕末期の幕臣、新政府では明治天皇の側近であった山岡鉄太郎(号は鉄舟・1836~1888)によるものです。 金前寺の境内には、1793年建立の写真の「芭蕉鐘塚」がありました。 島根の地物を使った海の幸、山の幸で彩られました。

>

さんべ荘別館 四季の旅籠 (サンベソウベッカンシキノヤド)

沼田店 、2室増えました 増築工事を行い、2015年 12月28日から2室増えました。 当宿では、お布団を敷く(上げ下げ)サービスは行っておりません。 ) (注)「沈鐘伝説」:1337年、新田義貞らの南朝軍は、金ヶ崎での足利軍との戦いに破れ、 義貞の息子の義顕は、陣鐘(軍勢の進退の合図に鳴らす鐘 を海に沈めて、 金ヶ崎城を枕に討死しました。 朝日新聞 ・朝刊に広告を掲載しました 朝日新聞・朝刊(全国版)に、広告を掲載しました。 3密のリスクから離れ、どうぞ、ゆっくりとお過ごしください。 日刊ゲンダイで紹介されました 年明け1月7日より、日刊ゲンダイの連載コラム「語り部の経営者たち」で、7回にわたり当社が紹介されました。 出汁も毎日丁寧に天然のかつお節、昆布、魚からとります。

>

『四季の旅籠』by zzz : さんべ荘別館 四季の旅籠 (サンベソウベッカンシキノヤド)

3密のリスクから離れ、どうぞ、ゆっくりとお過ごしください。 < 湯沸かし釜> この釜は、この付近にあった事が昔の家人から判明している。 県道の色ヶ浜入口から狭い道に入ると、すぐに写真の「本隆寺」がありました。 加えて、ご要望に応え、4月23日(木)より、 デイユース(テレワーク)プランをスタートさせることにしました。 金ヶ崎城跡へ向かう途中に、写真の「金前寺」(こんぜんじ)があります。

>

「ファミリーロッジ旅籠屋」店舗一覧ページ

宿で一番西にあった旅籠屋で、日坂宿では江戸時代の面影を遺す数少ない建物の一つです。 「国々の 八景更に 気比の月」、「月清し 遊行のもてる 砂の上」、「ふるき名の 角鹿 つぬが や恋し 秋の月」、「月いづく 鐘は沈る 海の底」、「名月や 北国日和 定めなき」 出雲屋での待遇に気を良くしたのか?・・・上記の様に、一気に5句も!・・・ ここ敦賀に来て、芭蕉はパワー全開の様です。 日経新聞 ・夕刊に広告を掲載しました 2020年2月5日、日本経済新聞・夕刊(東京版)に、以下の広告を掲載しました。 テレビ番組で紹介されました 以下のテレビ番組で、「ファミリーロッジ旅籠屋」が紹介されました。 帰宅の難しい 医療関係者の皆さん やお見舞いのご家族の方も歓迎です。 詳細は決まり次第、告知いたします。 ・体調不良の際は、他のお客様との接触を避け、速やかにフロントまでお申し出ください。

>

旅籠 川坂屋

朝日新聞 ・夕刊に広告を掲載 2013年2月23日(土)、朝日新聞・夕刊(東京本社版)に、広告を掲載しました。 17年間の実績と姿勢が評価され、たいへん嬉しく誇らしく思いますが、これも ひとえにご支援いただいた皆様、ご愛顧いただいた皆様のおかげです。 毎日新聞 ・朝刊に広告を掲載しました 2016年 1月24日(日)、毎日新聞・朝刊(名古屋版)に、広告を掲載しました。 精巧な木組みと細かな格子が特徴的で、当時建築にあたっては江戸より棟梁を招いたとのことです。 (写真は、気比神宮の大鳥居) 年末年始の温泉三昧で、一次中断しましたが、「奥の細道」もゴールの大垣まであと一息、 バス旅行を続けます。 現存の建物は宿場の殆どが焼失した嘉永5年「日坂宿大火」後に再建されたものです。 7月に、名阪長島店がオープンしました (三重県)が、2020年7月28日(火)にオープンしました。

>