認定 看護 師 種類。 認定看護師になるには?種類や合格率、更新など詳しく紹介!

認定看護師になるには?種類や合格率、更新など詳しく紹介!

給料が増える• 透析看護 能力 透析に用いる器械や器具はもちろん、透析液など薬剤の適切な使用、確かな知識を必須とし、ジェネラリストとしての高い臨床判断能力が求められます。 精神看護• 皮膚排泄ケア認定看護師 南 奈保子・桑田 麻名 私たちは創傷(床ずれやがんに関連した皮膚障害)やストーマ(人工肛門や人工膀胱)の方に関わる機会が多いです。 しかしながら、医療技術の発展と医師・看護師不足の観点から、今後ますます認定看護師が重要視されること間違いありません。 関連項目 [ ]• ・救急看護 ・手術看護 ・糖尿病看護 ・透析看護 ・脳卒中リハビリテーション看護 ・認知症看護 ・皮膚 ・排泄ケア ・緩和ケア ・小児救急看護 ・新生児集中ケア ・がん放射線療法看護 ・がん化学療法看護 ・乳がん看護 ・慢性呼吸器疾患看護 ・摂食・嚥下障害看護 ・感染管理 ・集中ケア認定 ・がん性疼痛看護 ・不妊症看護 ・慢性心不全看護 ・訪問看護 上記の看護分野のなかに「この分野で活躍したい!」と思うものがあれば、認定看護師資格を取得することで専門的な看護にあたることができ、その道のスペシャリストへの足掛かりにもなるでしょう。 それゆえ、詳しくは日本看護協会で申請方法や必要な書類などを確認してください。

>

認定看護師の基本情報|看護roo!転職サポート

また、患者の苦痛を最小限におさえる配慮や、実践的かつ高度な処置技術が求められます。 新たな認定看護師(B課程認定看護師) こちらも現行の認定看護師と同様に看護師免許取得後、 実務研修が通算5年以上あり、 うち3年以上は認定看護分野の実務研修が必要です。 また放射線治療を行う目的は、がんの根治や痛みの緩和など患者さんによりさまざまで、治療によって副作用も大きく異なります。 どちらかといえば、認定看護師は看護の実践に特化されていて、専門看護師は管理や教育面にも総合的に関わることが求められると考えられるでしょう。 具体的には、 がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援の10の専門分野に分かれています。 認定看護師教育課程を修了後、年1回行われる認定看護師認定審査に合格した人に与えられます。

>

認定看護師になるには?種類や合格率、更新など詳しく紹介!

・摂食・嚥下障害看護(Dysphagia Nursing) 摂食・嚥下機能の評価と、誤嚥性肺炎や窒息、栄養低下、脱水の予防。 相談 特定の看護分野において、看護者に対しコンサルテーションを行う。 指導 特定の看護分野において、看護実践を通して看護者に対し指導を行う。 それだけ高い知識やスキルが要求され、専門性も求められるといえるでしょう。 医師や看護師から指示を受けたうえで、患者の診療のサポートや入院患者の世話などをおこなうのが仕事です。 転職や再就職を考えている人で、時間がある人やスキルアップしたい人は 是非、どのような資格があるだけでも確認してみるといいと思います。 1-4、認定看護師の人数 認定看護師制度が制定されて約20年しか経っていないこともあり、2014年時点では約14000人ほどしかいません。

>

認定看護師になるには?種類や合格率、更新など詳しく紹介!

実践 特定の看護分野において、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。 救急看護 能力 救急看護においては、一刻を争う制限された時間の中で、患者の病態を瞬時に判断し、処置方法を適切に組み立てる必要があります。 そのため、分野の枠を超えた交流がしやすくなります。 看護師不足解消のためには看護師の離職を防ぐことが重要です。 勤務条件 認知症患者の看護を5例以上担当した実績を有する者が入学段階において推奨されています。 専門看護師の種類は13分野 専門看護師とは「複雑で解決困難な看護問題を持つ個人とその家族、集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく定常するために特定の専門看護分野の知識・技術を深めた看護師」のことで、日本看護協会と日本看護系大学協議会が連携して運営しています。 勤務条件 摂食・嚥下障害を有する患者を5例以上担当した実績を有することが、入学における推奨勤務条件となっています。

>

認定看護師になるには?種類や合格率、更新など詳しく紹介!

実践:個人・家族・集団に対し、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践• 小児救急看護 能力 「小児救急におけるトリアージ」、「子どもの事故と予防」の2つをもとに、育児支援の観点も踏まえながら援助できる能力が求められます。 現在医療機関で働かれている方はその医療機関が認定看護師の資格取得を推奨している場合、資格取得のための金銭的な補助が出る場合もあります。 専門看護師、認定看護師の名称を、チラシ・パンフレットなどに掲載して情報提供することができます。 高齢者の問題、小児や感染症などの問題、医療の進歩により、その分野はより細分化されて行きます。 ・感染管理(Infection Control) 医療施設の感染を監視して管理し、感染予防対策と管理システムを構築します。 認定看護師試験はそれほど難しくはなく、認定看護師教育基準カリキュラムに沿った各分野における基礎知識が主に出題されるため、90%以上を誇る合格率となっています。 自分が取得したい専門分野の大学院に入るには、2年間だけ大学の近くに転居する必要に迫られることもあります。

>

認定看護師とは?資格の種類、取り方、費用、制度の変更について

どういうことかというと… 例えば、緩和ケアの分野の認定看護師を目指すなら、 3年以上緩和ケアを受ける患者さんが多くいる病棟で勤務し、実際に 緩和ケアを受ける患者さんを5件以上担当したという実績を残さなければなりません。 この認定看護師資格を取るための条件は、以下の4つです。 皮膚・排泄ケア 能力 創傷ケア、ストーマケア、失禁ケアの3つにおいて、処置における豊富な知識と実践能力を有し、病棟だけでなく在宅ケア領域など、幅広く対処する能力が求められます。 専門看護師を目指す場合も、病院側が理解を示してくれるところならば退職ではなく休職扱いにしてくれたり、学費の補助や一定額の給与を支給したりしてくれるところがあります。 実習後は各自の看護実績の報告、成果・課題の発表を行います。 800時間の 認定看護師教育機関での課程を修了すると、次に、認定審査が待っています。 実践 個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する 相談 看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う 調整 必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う 倫理調整 個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決を図る 教育 看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす 研究 専門知識及び技術の向上並びに開発を図るために実践の場における研究活動を行う このように専門看護師はただ専門的な分野の看護を実践するだけでなく、医療スタッフ間の調整や看護者の教育、研究なども行う役割を担っています。

>