入管 施設。 外国人施設収容、長期化を解消へ 「私、動物じゃない」:朝日新聞デジタル

社説:入管施設の長期収容 人権意識が問われている

彼らは安全を求めてこの国に来たんだから、安全な環境を与えるのは私の任務だ」と入管職員が言うんです。 窓の換気もしてくれない。 国外退去を命じられたのに出国を拒んだり、一時的に収容を解く「仮放免」中に行方不明になったりした外国人に、懲役や罰金などの刑事罰を科すといった内容だ。 また、一定期間経過後には再申請もできます。 2カ月以上過ぎた11月10日には建造物損壊の罪で逮捕されている。 そんな子どもに対して入管は「可塑性があるから、お父さんお母さんと国に帰りなさい」なんて言うわけです。

>

「ここは刑務所よりもひどい」彼女たちから奪われた希望。入管収容者の叫び

でも、この方針転換が問題なのは、再三申し上げているとおり、ただやみくもに収容者を長期収容して締め上げるばかりで、人権への配慮もなく、長期ビジョンに立った計画ではなかったということです。 JRよりタクシー15分。 生きがいを見出し、人とつながる自由が伴わなければならないものだろう。 一時期は本当に、1日面会してて、いろんなブロックの人を面会してても、同じ日に一斉に、きのう髪の毛入ってたんだよって言われて、どうやってそんな大量の髪の毛入れられるんだろうって、もちろん私も思うんですけれども。 その常勤医はヤドラさん以外の被収容者からも評判が悪く、とても医者とは思えない暴言を吐いたり、ひどい行動をとることから、「医者ではなく、入管の職員ではないだろうか」と疑いをもたれてすらいる。

>

「私たちは人間です」。入管施設の悲惨さを訴え、被収容者が飛ばした紙飛行機に書かれたメッセージ

これをもとに入管庁は、来年の通常国会への提出に向けて具体的な内容を詰めている。 概要 [ ] 入管法等の規定に抵触(違反)して退去強制手続の対象となった外国人(被摘発者か自ら出頭申告した者かを問わず)は、まず の警備担当部門においてによる違反調査を受けることとなる。 さらに、退去強制令書に伴う収容に、期限を設ける必要がある。 数カ月、1年、2年と収容されているうちに、精神的、身体的に極限まで疲弊して、「ここでひとりで衰弱していき、死んでいくより、危険を承知で祖国に帰って、家族や愛する人たちの少しでもそばで死にたい」と、強制送還に応じる人もいます。 第一次審査のインタビューには、原則として弁護士を含む第三者の立ち会いが認められていません。

>

日本の入管はなぜ難民・外国人に冷酷なのか? その「歴史的」理由(五野井 郁夫)

2人とも難民申請中であり、精神疾患や著しい体調不良を訴えてきたにもかかわらず、入管は長期にわたって繰り返し2人を収容してきた。 しかしながら収容所の秩序維持をするために、行き過ぎた行動まで起きてしまうような緊張状態が、職員と収容者との間でできあがってしまっている。 処遇の問題ももちろん大事ですが、そもそも理由のない収容をしていること自体が諸悪の根源だと考えます。 そういう人たちにしてみたら、怒りを覚えるのは当然だし、反発が出るのも当然でしょう。 不法滞在など国外退去を命じられた 外国人を収容する入管の施設。 同庁は、出入国管理・難民認定法の改正案を早ければ今秋の臨時国会に提出する方針だが、来年以降にずれ込む可能性もある。 一般には「東日本入国管理センター」のように略される。

>

「私たちは人間です」。入管施設の悲惨さを訴え、被収容者が飛ばした紙飛行機に書かれたメッセージ

収容所の中の話を、いいですか。 出入国在留管理庁(入管)の収容施設でのこうした人権蹂躙は、枚挙にいとまがない。 それによって、もう何年も収容されてしまうんですけれども、それでも2016年ぐらいから収容はすごい増えていったんですけれども、 ついには、去年の2月の28日に、和田局長、入国管理局の総トップの方が、各入国管理局の収容所の各局長に、去年の2月から、もう外に出すなという通達をしたんです。 ただし、2017年3月以降、ごく例外的な場合に弁護士などの立ち合いを認めるという新しい運用がスタートしたとのことですが、2018年12月現在、まだ事例はゼロか極めて少なく、しかも、本来すべてのインタビューに録画もしくは立ち会いが認められるべきであるにもかかわらず、現状はあまりに程遠いありさまです。 もう収容所である限りはよくないんですけれども。

>

社説:入管施設の長期収容 人権意識が問われている

その構造が、入管内で起きている出来事と重なって見えたのだ。 やっぱり立場が弱いし、できるだけ仮放免されたい、日本で生きていきたいと願っているので、できるだけ我慢する方がいる。 にも関わらず、その権利の行使をすべて自分たちの裁量によって自由に行うことができる。 代わりに、おみそ汁の代わりにお茶が出るようになったらしいんですけれども。 だが、状況は改善されず、暴行した職員がその後も「制圧」行為に参加したとのことだ。

>

【ブックハンティング】国連も指摘「日本の入管」外国人拷問の実態

日本の入管制度は度々、国連の機関から懸念を示されてきた。 その判断は裁判所も同じでした。 最長でどのくらいまで収容されているんでしょうか。 デニズさんは、 職員から暴行を受けたなどとして 国に損害賠償を求める訴え を起こしています。 それなのに、どうして、何の罪もない子どもの人生を決定的に変えてしまうような選択をすることができるのか。 仮放免中の犯罪や逃亡は、就労を禁止されることが一因との見方もある。 保釈の認定を行う裁判官向けのガイドラインが公表されているのですが、冒頭 「人の身体の自由は基本的な権利であって、イギリスの市民であろうが、出入国管理の対象となる人であっても同じである」との一文から始まっている。

>

【衝撃映像】入管施設での集団暴行ー「痛い!」「殺さないで!」難民男性が絶叫の地獄絵図(志葉玲)

ただ、これは人道的によろしくないだろうということで、それまでは「仮放免」という制度を比較的柔軟に認めていて、身柄の拘束を解いていた。 こういった問題がしっかりと検討され、議論をしたうえで専門部会の結論が出ることを期待したいですし、そうなるように声を上げていく必要があるのだろうと思います。 迫害から逃れて来た難民や、日本に家族がいるなど、母国に帰るに帰れない事情を持つ在日外国人の人々。 「オルハンさんは中に小さな窓とトイレしかない隔離室に連れて行かれ、入管当局からすれば、ここに放り込むだけで自傷他害の防止という目的を達成できるのに、職員は足をかけてオルハンさんを倒した後、押さえ込んで手錠をかけています。 機内で暴れて送還を妨害するなどケースを限定して罰則も設ける。

>