サンダー ブイ ライトニング。 サンダーVライトニング パチスロ スロット

サンダーVライトニング【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ

その際は左リールに3連Vを狙わないように注意しましょう。 AT中の獲得枚数表示 数字 示唆内容 246 偶数設定確定 456 設定4以上確定 666 設定6確定 白鯨攻略戦の演出法則 消化中の!ナビ !ナビ出現時はレア役対応。 ハズレが出現した場合はそのバトルの勝利が確定! 会話演出の確定パターン レムとスバルの会話にはそのバトルでの撃破確定パターンが存在する。 ただし、REG中のRZ突入条件を満たしてRIZIN ZONEに当選した場合は、BIG時の再抽選は行わずにREGで当選したRIZIN ZONE条件を優先する。 ゼロから始める異世界体操 レア小役成立後など通常時のミッションクリアから突入するリゼロポイント獲得特化ゾーンで、ループ性が存在。

>

サンダーVライトニング スロット新台

当選時は周期開始時に初当りを抽選。 初代では予告音とフラッシュがなくても成立ゲームは完全に見抜けましたし。 自粛開けで初打ち出来たのですが… リボルトが好きだった人ほど悲しくなる出来ですね よくなったと思う点はビタ一回で楽くらいで、あとはストレスポイントだらけでした まぁ一番のストレスポイントはライジンゾーンですが… 予告音も子役示唆のフラッシュすらせず成立ゲームにWIN点灯はサンダーでやるべきではなかったと改めて感じました その癖、リボルトで散々マイナスポイントと言われていたチェリー2枚払い出しによる予告音でチェリー頻発は引き継いでいるのは、製作者はサンダーが嫌いだったのかなと勘ぐりたくなります しかもつばめ返しもクロス切りも個人的な体感ではリボルトの登り竜ほど期待出来ないのが更にチェリーをフラストレーションに変えてしまいました 6の割も高くなく、かといって1が甘くもなく、リボルトが好きだった人が喜ぶ演出バランスでもなく…一体どの層をターゲットにしたマシンなのか本当に不明瞭な台となったことがただただ残念でならないです 管理人さん とても中途半端な八方美人にした結果誰にも相手にされなくなった感じなんですよね 例えば第一消灯なかったらスイカないって言うのも、そこそこの頻度で第一消灯ハズレやベルがあるので結局2リール目までスイカ狙わないといけないケースが多いんですよ しかも右リールフリーだとスイカこぼすからハサミ打ちで消灯したら中リール狙うことも出来ず、結局リボルト同様ビタして出目からスイカありなし判断した方が打ちやすいと思いました それなら消灯の扱いは前作踏襲でよかったし、変えたせいで消灯のバランスが悪くなった気がします 他にも条件は分かりませんが、BIGの曲をリボルトの曲に変えられるのですが、曲名で表示するからリボルトのどの曲か分からないなど、いちいち目につくところが多い感じです もし打たれるなら、サンダーの後継機ではなく出番だ葉月ちゃんくらいのスピンオフとして認識して打てば少しはストレスが軽減されるかなと思います. BIG中の楽曲 特定条件を満たせば、 オリジナル曲を聴くことができる。 押し順リプレイ成立時の3択成功で再度ソロプレイに突入! 作戦会議 マルチプレイに昇格確定時には「作戦会議」に突入。 1回成功で最大枚数獲得。 消化中のレア小役や白7揃いでマルチプレイ昇格を目指す。

>

①サンダー、②ライトニング、③サンダー・ボルト、④ライトニング・ボルトの意味の違い

しかし、断言させてください。 平均7個のポーションを獲得。 [HEIWA(平和)]• なお一度13枚役を獲得した後は、毎ゲーム変則押しで消化すべき。 [V下段停止] 成立役:リプレイ or チェリー or ボーナス 小役否定でボーナスが確定する。 ・ブラザー 稀に大量のHEYを獲得 弱チェリーの33. 超ゼロからるーれっとで当選告知が行われる。 6% 引き戻し ソロプレイ30Gの消化後は引き戻しのチャンス。 REG中の打ち方 予告音あり時は、左リールに3連Vを狙って1枚役の入賞を回避する。

>

サンダーVライトニング スロット新台

BIGは最大336枚と4号機と比較すれば約70枚減少しましたが、MB(2種BB)は純増最大238枚。 消化中は主にレア役で終了後に突入するドライブゾーンの昇格抽選を行う 昇格抽選 ボーナス準備中に行われる青ジェットボーナス昇格までの規定ポイントに設定差が存在する。 予告音と2消灯でベルを否定といった法則性がしっかりしていたのも特徴。 停止パターンは下記の通り、中段揃いのみどちらも停止する。 白7を狙え演出発生時には各リールに白7を狙う 演出発生時には通常時と同様の打ち方でレア役をフォロー。 [Daiichi(大一商会)]• 2%でも追加。

>

サンダーVライトニング スロット新台

[EXCITE(エキサイト)]• 多くのファンに支えられました。 青なら50%、鬼アツ柄なら99%で継続。 8回となった。 予告音なし 順押し適当打ちで消化。 レア役成立時• BIG連の回数 BIG終了時には、RIZIN ZONEのゲーム数振り分け抽選が行われる。 9% フリーズ 通常時に特定条件を満たすとフリーズが発生。 CZの流れ• AT「ゼロからっしゅ」 1ゲームあたり純増約8枚のメインATで、通常・高確・超高確のモードが存在。

>

サンダーVライトニング パチスロ スロット

ボーナス優先制御のため、小役とボーナスの同時成立時にはボーナスを狙えば揃ってしまう。 【赤7を枠上に押した場合】 [枠上ビタ止まり] 成立役(ビタ止まり):ベル or VBIG 赤7を枠上にビタ押しして、赤7が枠上に止まった場合はベルorVBIG重複の特殊役E確定。 [AMTEX(アムテックス)]• なお、BIG後は必ずチャンスゾーンに突入。 そのため技術介入に成功して9枚役を獲得後は、提灯中段テンパイ時は左リールに3連ドンチャンを避けて目押しをする。 ボーナス中• 基本仕様は、ATやARTなどが搭載されていないノーマルタイプ。

>

サンダーVライトニング スロット新台

主に通常時に獲得したアイコンに応じて撃破抽選が行われる。 それ以外はフリー打ちで消化 ディヴァインジャッジ(ダブル)中 「青青白のディヴァインジャッジダブル」「赤赤白のディヴァインジャッジ」の両ボーナスはJACINタイプの枚数変動型ボーナスとなる。 ボーナスは、BIG BONUS 最大251枚 とREG BONUS 最大104枚 の2種類。 [KITA DENSHI(北電子)] 2020年11月16日(月)導入開始• チェリーA+赤7BIG成立時は、フリーズが発生。 3% セット継続抽選 ダンジョン中の小役成立時や、特化ゾーン「クリティカルゾーン」、特化ボーナス「ヘヴンズストライク(デウスティア)」で魔石を獲得。 揃わなければドンBIG濃厚なので次ゲームにドンBIGを狙う• 予告音あり時には、変則適当押し(逆押し or 中押し)+左リールに3連Vビタ押しで13枚役を獲得。 左リールに本物の赤7を作らなければならなくなったため、若干の変更はありますが、リール配列は初代をほぼ踏襲。

>

サンダーVライトニング スロット 新台 スペック 設定判別 打ち方 解析 評価

20Gの疑似ボーナス。 RIZIN ZONE滞在中56G目でボーナスに当選したため60G以上の可能性 BIG終了後は必ずRIZIN ZONEに突入。 通常時• 0~2回…多いほどRIZIN ZONEに移行しやすい 3~4回…100G継続のRIZIN ZONEに移行 5回以上…次回ボーナスまで継続するRIZIN ZONEに移行 REG中に1枚役が出現しなくてもRIZIN ZONEに突入するパターンを確認。 ボーナス中の打ち方 ファミリアボーナス中• この5年の間に役構成の組み方が進化したのも見逃せません。 ファミリアチャンス中 状態により「ヘブンズストライク(デウスデア)」や「神威解放」などに変化するが全て打ち方は同様で、フリー打ち可能。 図柄揃い濃厚パターンは「虹色カットイン」「右リール下段青7停止」「逆ハサミ打ちでテンパイ」など。

>